2022年08月27日

高崎唱歌散歩-4番 ♪若松町に光明寺・・・

若松町に光明寺
夢に名を得し愛染堂
豊川稲荷は龍広寺
坂を下りて藤花園

若松町にある「光明寺」、左側のお堂が「夢に名を得し愛染堂」です。



なぜ「夢に名を得し」なのかは、過去記事をご覧ください。

次に「豊川稲荷は龍広寺」ですが、龍広寺の山門を潜って本堂の左手前にあるのがその「豊川稲荷」です。

鳥居の扁額には「豊川吒枳尼天」と書いてあります。
お稲荷さんと「吒枳尼天(だきにてん)」との関係は、なかなかややこしいです。
書き始めると長くなるので、詳しく知りたい方はWikipedia「荼枳尼天」をご覧ください。

現在では「龍広寺」でお稲荷さんを連想する方は少ないと思うのですが、「高崎唱歌」をつくった頃は参拝に訪れる人が多かったようです。
明治四十三年(1910)発行の「高崎案内」に、こう書かれています。
寺内に陀枳尼天の堂あり、里人豊川稲荷と呼ぶ。
花柳社會の参拝者多し。」

さて次の歌詞「坂を下りて藤花園」は、おそらく皆さん、何のことだろうと思ったのではないでしょうか。
「坂」というのは龍広寺前の坂で、「車坂」と呼ばれていたそうです。

この坂を下ったところに、「藤の花の園」があったというのです。

「高崎の散歩道 第十二集下」を読んでみましょう。
『藤花園』は通称『藤だな』『馬場の藤』といわれた。
高崎藩士で教養人菅谷帰雲の門人馬場若水の家であった。
聖石橋のガソリンスタンドの裏の低地、今は住宅が密集していてその面影はないが、花の頃には茶店も出て、たまご、だんご、ところ天など食しながらの花見客でいっぱいになった。」

昭和三十六年(1961)の住宅地図を見ると、そのガソリンスタンドの近くに馬場姓の家もあります。


この辺から見ると、春には「藤花園」の藤の花がきれいに見えたんでしょうね。


「藤花園」の主・馬場若水については、「新編高崎市史」に高崎藩士とあるだけで、詳しいことは書いてありません。
何かに載ってないかと思って探してみると、平成二十二年(2010)発行の「群馬風土記(通巻101号)」に、草津町文化財調査委員の須賀昌五氏が寄稿した「馬場若水の漢詩」中に生い立ちが記載されていました。

それによると、若水は天明二年(1782)高崎藩の飛び地越後国一ノ木戸の郡奉行・馬場喜通(よしみち)の嫡子として生まれ、父の帰任により高崎に来たとあります。
「諱(いみな)は喜登(よしとみ)、字(あざな)は公淵(こうえん)、若水(じゃくすい)と号した。」というので、高崎藩分限帳にその名があるかと思って探したのですが、馬場姓の藩士は何人かいるものの、同じ名は見つかりません。

しかし、昭和三十四年(1959)根岸省三氏編「高崎人物年表」を見ると、また別の記載がありました。
「名は喜澄、通称大助、字公淵、高崎藩臣にして詩、画をよくし・・・」
通称「大助」とあるので、もういちど分限帳を見直すと、文字は違うのですが馬場大輔という名が何ヵ所かにありました。
この人が若水だとすれば、天保三年(1832)時点の役職は祐筆、石高は50石となっています。

因みに、若水さんはとても温泉好きな人だったようで、頻繁に各地の温泉を訪れては、そこで漢詩を詠んでいます。
いくつか抜き出してみましょう。
浴草津温泉
独浴温泉間暇辰 独り浴す温泉間暇の辰(とき)
横伸両足杲天真 横に両足を伸ばし天真を杲(あきらか)にす
莫言愚痴貧生命 愚痴を言う莫(なか)れ貧生に命ぜん
保養茲身奉二親 保養の茲(こ)の身二親に奉ずるを
気持ちよく入浴している幸せを感じ、両親に感謝し孝行しなくちゃという気持ちが湧いてきてるのでしょうね。

伊香保浴中作
温泉非療数年痾 温泉は数年の痾(やまい)を療(いや)すに非ずや
何好遅留繋帰騎 何ぞ好んで遅留し帰騎を繋ぐや
寄寓送迎皆薄俗 寄寓の送迎 みな薄俗
(湯宿の客の対応は薄情である)
去人吝嗇来人利 去る人は吝嗇に来る人は利なり
(去る客には出し惜しみ、来る客には喜んで迎える)
数年の病気療養のための温泉通いも、伊香保温泉にはあまりいい印象を持たなかったようですね。

歿年は「高崎人物年表」では天保五年(1834)、「馬場若水の漢詩」では天保九年(1838)となっています。


【「藤花園」推定地】



  


Posted by 迷道院高崎at 06:00
Comments(0)◆高崎探訪高崎唱歌

2022年08月20日

高崎唱歌散歩-3番 ♪市の南のはづれなる・・・

(まち)の南のはづれなる
下和田町に龍見町
次なる町は鎌倉町
往古鎌倉街道よ

明治四十三年(1910)発行の「高崎案内」に、「町名の由来」というのが載っています。
當市は從来”宿”又は”驛”と稱し群馬郡の一部たりしが、明治十二年東西二郡に分劃して西群馬郡に編入せられ、二十二年四月より高崎町と稱せり。
三十三年四月市制を實行す」

「西群馬郡」の頃は「高崎」もまだ小さなものでした。


「下和田村」は明治二十二年(1889)「高崎町」が成立した時に合併します。
合併前の明治六年(1873)「下和田村」の一部を分割してできた町が「龍見町」です。
上の「高崎市全圖」「高崎」の右下に出っ張ってるのがそれです。

高崎歴史資料研究会の中村茂先生が編集・発行された「高崎藩分限帳集成(下)」に、明治六年(1873)の「龍見町居住者名簿」というのがあり、そこに「龍見町の由来」が記載されています。
明治維新封建制度の瓦解と共に藩主の家族高崎に移住し、定府の士卒凡(およ)そ三百余戸も亦(また)遂に此に移り新設或は寺院に寓居せしが、明治元年冬、南、赤坂、和田の三郭(くるわ)を設け、大に邸宅を新築し以て是等士卒の居住ニ充つることゝし、仝(どう)二年初夏、其の落成と共に此処に引移らしめたり。
和田郭は赤坂村及下和田村の一部壱万六千六百余坪を分割して設けられ、町家と区別し純然たる屋敷町なりしが、明治六年三月区画設置の際、其位置旧城の巽位(辰巳)に當るを以、左氏傳荘公二十九年の項中なる凡土功龍見而畢務の句を採り龍見町と命名せるなり。」
じょうふ(江戸時代において参勤交代を行わずに江戸に定住する将軍や藩主およびそれに仕える者の状態)

前半の部分では、江戸詰め藩士およそ三百戸余りが高崎に移り、家を新設したり寺院に寓居したが、明治元年(1868)に南郭、赤坂郭、和田郭を設け、明治二年(1869)ここに引っ越したと書いてあります。

後半は和田郭について書かれており、赤坂村下和田村の一部を分割(買収?)して屋敷町を設けたとあります。
その次に「龍見町」と命名した由来が書いてあります。
旧高崎城の(たつみ)の方角(南東)に位置するので「たつみ町」なのですが、その文字を「巽町」でもなく「辰巳町」でもなく「龍見町」にしたという部分が難しいです。

中国の古い歴史書「春秋左氏伝」(しゅんじゅうさしでん)に出てくる、「凡土功龍見而畢務」という句から「龍見」という字を採ったというんですね。
昔の人の博学・博識には頭が下がります。

その「凡土功龍見而畢務」は、塚本哲三氏編著によれば、「凡(およ)そ土功(どこう)は、龍見えて務めを畢(おわ)れば」と読み、「およそ土木のことは、龍星が見える頃(旧暦九月)には農業が終わるから」という意味だとか。
「龍星」とは、今の「さそり座」の頭部にある星で、この頃の夕方に東方に見えるんだそうです。

前掲「明治六年龍見町居住者名簿」を見ると、「和田郭」には121名の居住者がいます。
宅地は広い家で1反1畝20歩(1157㎡=350坪)、一番狭い家が1畝20歩(165㎡=50坪)です。

さて、次なる町が「鎌倉町」
そんな町名聞いたことがないという方もいらっしゃるでしょうか。
「龍見町」の西北にあった町です。

現在は「若松町」に含まれています。


田島桂男氏著「高崎の地名」から引用させて頂きます。
髙崎ができる前、「和田宿」の時代から「植竹」と呼ばれ、赤坂村の一部であったところである。
町としては明治六年(1873)になって誕生した。
町名は、地内を古道である鎌倉街道が通っていたのでつけられた町名である。
この町は大正十四年(1925)分割されて、若松町と竜見町とになった。
一時的には「植竹町」と呼ばれていた時代もあった。」
「高崎市全圖」にも、「鎌倉町」の下に「植竹」と書かれていますね。

「鎌倉街道」と言えば、もう12年も前になりますが、この辺をうろつき回ったことがありました。

お時間があったら、過去記事をご覧くださいませ。
   ◇鎌倉街道探訪記(4)
   ◇鎌倉街道探訪記(5)
   ◇鎌倉街道探訪記(6)


  


Posted by 迷道院高崎at 06:00
Comments(2)◆高崎探訪高崎唱歌

2022年08月13日

隠居の控帳 神も仏も・・・


「世間がヘン」は、1999年1月から2000年4月にTBSラジオ「荒川強啓デイキャッチ!」の「ラジオコラム」用に執筆したものを加筆・修正し、書籍として出版した。

神も仏も、ひとの心の内にある。


  


Posted by 迷道院高崎at 06:00
Comments(0)◆隠居の控帳沈思黙考

2022年08月06日

高崎唱歌散歩-2番 これでおしまい♪水道や・・・

「春日堰取水場」の完成は明治四十一年(1908)十一月十二日でしたが、そこから「剣崎浄水場」まで水を送る「導水管」の工事に着手したのは、ちょうど一年後の明治四十二年(1909)十一月八日でした。
四十一年九月から着工されていた「剣崎浄水場」の工事との関係だったのでしょう。

現在、「導水管」は国道406号線の道路下に埋設されているそうですが、最初はその南の丘陵部を通っていたようです。


しかし、その具体的な経路はよく分かりません。
「高崎市水道誌」を拾い読みしてみても、
水道線路は前記神山町を基点とし・・・
線路に沿ひたる地名
碓氷郡里見村大字上里見村・中里見村・下里見村、同郡八幡村大字若田村・八幡村・剣崎村・・・
導水管線路は概して丘陵起状する処なるを以て、従て盛土を要する個所多く・・・
此部分の地理は現今(注、大正末年)神山町内県道にして、古老の伝ふる所、往昔烏川の流れし所なりと言ふに・・・
という具合で、何とも漠然としています。

ただ、実は二年前、偶然にも、その「導水管」が埋設されていたという場所を教えて頂いたことがあります。
その方は、「水道みち」と仰ってました。

「水道みち」を地図上で延長していくと、「ベイシア」の南側丘陵部の道につながっていそうです。

行ってみると、ヘアピンカーブの所に、「水道みち」だったらしい痕跡を見つけました。


「水道みち」らしき痕跡は、ヘアピンカーブを横切って、さらに南東方向へ向かっています。

その痕跡をずーっと行くと、「向井住民センター」の脇を通って「郷見神社」のところに出ます。

境内から南東の方向を見ると、遠くに「城山稲荷」が見えます。

「導水管」からの水漏れが原因ではないかとも言われた、土砂崩落災害が発生したところです。

「高崎市水道誌」「導水管」の写真が掲載されてました。
(注:崩落現場のものではありません)

土管だったんですね。
仕様も書かれています。
引用水管は円管口径壱尺二寸(36.4cm)とす
管は混凝土管にしてその割合「セメント」一、洗砂三なり
混凝土管は上部の土圧に耐ゆるの為、充分之を厚く作り掘鑿せり
地面を搗き固めて之を据付け接合部には麻を詰め込みこれに調合「セメント」一、砂一の「モルタル」を充填し粘土を以て囲繞す

「城山稲荷」からも、「水道みち」らしき道が南東へ向かって切れ切れに続いているように見えます。


近くをウロウロしていると、面白いものを見つけました。

切り通しのように見えますが、それにしてはきれいに石が積まれています。
よく見ると、こんな文字が刻まれていました。

これ、もしかすると、「導水管」を架け渡すための橋脚だったんじゃないでしょうか。

さらにウロウロすると、少し離れた所に「第五號」というのもありました。



「第六號」は明治四十二年(1909)、「第五號」は明治四十三年(1910)竣工となっています。
探せば、まだどこかに「第一號」「第四號」が残っているのかも知れません。

さて、「春日堰取水場」から3,908間(7.1km)、「水道みち」を通って敷設された「導水管」「剣崎浄水場」に接続され、ついに高崎市内に上水道が供給されたのは明治四十三年(1910)十一月三十日のことでした。


112年後の今も、現役で活躍しています。


信州大学の中本信忠教授は「日本一おいしい水」だと評価しています。


帰りがけに「若田浄水場」内の「水道記念館」へ寄ってみたら、「あれ?」と思うものを見つけました。


やっぱり、あの橋脚らしきものは「導水管」用だったようです。

やれやれ、これで「高崎唱歌」二番を、どうにか終わらせることができました。
ふぅー。


【導水管橋脚第六号】

【導水管橋脚第五号】


  


Posted by 迷道院高崎at 06:00
Comments(4)◆高崎探訪高崎唱歌