2010年04月04日

三国街道 帰り道(17)


前回からの続きですが、「大日堰」という名前の由来となった「大日如来像」、実は、大八木町公民館北の、「妙音寺」境内にありました。
この像がそうです。→

←如来像の傍らには、「ラジエ工業」が建立した石板があります。

これにより、「大日如来像」は、昭和五十年(1975)まで「ラジエ工業」敷地内にあったことが分かります。

ここで少し、「ラジエ工業(株)」のご紹介をしておきましょう。

「国内最大の放射線総合照射サービス会社」だそうです。
放射線の照射により、滅菌や殺菌をしたり、材料の改質や加工をするのが主事業です。

同社の会社概要によると、その前身は、明治三十六年(1903)創業の「吉田銃砲火薬店導火線工場」です。
大正十二年(1923)に下和田町から常磐町の烏川土堤下に移り、後に「関東導火線(株)」と改称します。
昭和二十六年(1951)、烏川土堤上に国道17号線が開通すると、火薬を扱うには不都合だったのか、新たな工場用地を大八木に求め、昭和四十年(1965)に現在地へ移転します。
「ラジエ工業(株)」となったのは、昭和四十八年(1973)のことです。

大日如来像妙音寺に移されたのは、ラジエ工業が今の場所に移った時だと思っていたのですが、どうやらそうではなかったようです。
そうなると、なぜ移したのかということが知りたくなってきました。

本当にご迷惑とは思ったのですが、ラジエ工業さんに当時のことをご存知の方がいないか、お尋ねしてみました。
不躾なお尋ねにもかかわらず、総務部の高橋さんは、既に退職されている方にまで連絡を取ってくださいました。
ご紹介頂いた方は、当時、大八木への移転計画に携わっていたという門倉義一さんです。
門倉さんは、大正七年(1918)生まれ、92歳ですがとってもしっかりされた方で、当時のことをよくご記憶でした。

門倉さんのお話によると、敷地奥に三棟目の火薬庫を建築する際、その予定地に如来像があったのだそうです。
参詣に来る地元の人達が、火薬庫の近くに立ち入ることを懸念して、妙音寺境内に移したということでした。

どの辺にあったのかお尋ねすると、地図で示して下さいました。
(現在は売却されてグラクソ・スミスクラインの敷地になっている。)

確かに、「大日堰」の傍らです。
これで、「怪しい水路」「大日堰」だということも、はっきりしました。

ただ、残った疑問が二つあります。
ひとつは、開鑿当時、「大日堰」はどのように「早瀬川」を跨いだのかということです。
橋を組んで、木樋でも通したのでしょうか。

もうひとつは、如来像移設のことを記した石碑に刻まれている、「深き因縁に結ばれて」という言葉です。
「大日堰頌徳碑」のことを指しているのでしょうか。
あるいは、大日如来像の開眼をしたのが、妙音寺のご住職だったのでしょうか。
「大日堰」の完成は明暦元年(1655)。未(ひつじ)年であったことから、当初「未(ひつじ)堰」と呼ばれていた。大日如来像が堰の傍らに建立されたのは元禄六年(1693)、以降「大日堰」と呼ばれるようになった。
(上毛文庫「ぐんまのお寺」より)

謎は残りましたが、二つの石碑のおかげでここまで追跡できました。
高崎の消えた歴史遺産、消えそうな歴史遺産、今の内に石に刻んでおく必要がありそうです。





同じカテゴリー(三国街道)の記事画像
番外 高崎の孝女みえ
三国街道 めぐり会い
三国街道史跡めぐり(小鳥・大八木)
号外!「企画展 三国街道と宿場」
三国街道 帰り道(最終回)
三国街道 帰り道(18)
同じカテゴリー(三国街道)の記事
 番外 高崎の孝女みえ (2017-05-24 12:21)
 三国街道 めぐり会い (2010-07-16 06:51)
 三国街道史跡めぐり(小鳥・大八木) (2010-06-14 10:47)
 号外!「企画展 三国街道と宿場」 (2010-06-06 06:54)
 三国街道 帰り道(最終回) (2010-04-09 07:38)
 三国街道 帰り道(18) (2010-04-07 07:34)

Posted by 迷道院高崎 at 07:13
Comments(4)三国街道
この記事へのコメント
本題からそれちゃいますが、「ラジエ工業」さんが気になります。
社名も変わっているし、“火薬工場”と“ガンマ線照射サービスと関連する技術開発会社”のつながりが・・・?
如来像の傍らの石板も立派です。
大日如来様の表情もおすましでなく、親しみやすい感じですね^^。
Posted by 風子風子  at 2010年04月04日 09:30
>風子さん

アハハ!そっちが気になっちゃいましたか。

如来様のお顔、そうなんですよ、素朴ですよね。
もしかすると、名主様か農民の方の作なんじゃないでしょうか。
柏木沢の御仁の言にあるように、農家の方々は本当に器用ですからね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2010年04月04日 19:50
迷道様、大日如来拝見しました。しかも移設当時のラジエ工業のOBの方まで取材なさるとは。その行動力に脱帽です。同時に居ながらにして発掘された情報に接することが出来てもったいないやら感謝するやら。有り難いです。
さて昨日の日曜日も愛犬と浜川運動公園まで車で遠征、そこから散歩で早瀬川の遊歩道を西進北新波の長野氏の砦跡を見学、前橋安中線を通って井野川の遊歩道を通って運動公園へ。
ついでに帰りがけに大八木の高燈台も見てきました。立派な燈台に驚きました。
Posted by 柏木沢の農家おじさん  at 2010年04月05日 18:37
>柏木沢の農家おじさん様

いやー、自分の興味のためにご迷惑を掛けてしまったと、内心申し訳なく思っています。
ただ、今聞いておかなければ分からなくなってしまうという気持ちが先行しまして・・・。
快くお話しして頂けて、本当に感謝しています。

これからは、散歩も楽しい季節になりますね。
面白いものを見つけたら、情報をお寄せ下さい(^^)
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2010年04月05日 19:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
三国街道 帰り道(17)
    コメント(4)