2010年02月15日

号外!「降りてゆく生き方」

映画「降りてゆく生き方」を見てきました。

DVD販売もせず、TV放映もせず、口コミだけで上映しているという映画だそうです。

今日も、いわゆる映画館ではなく、群馬県社会福祉総合センターのホールでの上映でした。

筋書きはあまりここで紹介しない方がよいらしいので、公式サイトをご覧ください。

映画そのものは、もう少し力を抜いてくれた方が、私好みだったかなぁと思いますが、なかなか考えさせられる内容ではありました。

映画で提案する「降りてゆく生き方」は、私と同年代の人には共感する方が多いかも知れません。
でも、坂には下り坂と同じ数だけ、上り坂も存在します。
「登ってゆく生き方」をしている人がいるおかげで、「降りてゆく生き方」ができるのかも知れませんし、その逆もあるのかも知れませんね。

そういう意味では、上映後の寺田啓佐(けいすけ)さんのお話が、面白く感じました。

寺田さんは、千葉の造り酒屋「寺田本家」のご主人です。
映画の中に出てくる、造り酒屋さんのモデルになった人です。

寺田さんの言うには、本来の酒造りには、雑菌を含めて多種多様な微生物が存在する必要があるのだそうです。

そしてそれらの微生物は、酒蔵の中のそれぞれが心地よいと思われる場所に住んでいて、自分の出番が来るのを待っている。
そして、自分の出番が来た微生物だけが酒樽の中で働き、役目が終えたらスーッと消えていく。
するとまた、次の微生物が働き出す、というバトンタッチが次々に行われて発酵が進んでいくのだそうです。

寺田さんは、微生物たちの世界は、自分と異なるものや嫌いなものを排除したりしないで、支え合いながら仲良く生きているように見える。」と言います。
また、微生物たちがお互いに支え合わなくなって、バランスが崩れた時、腐敗が始まる。」とも言います。

微生物人間に置き換えてみると、なかなか示唆に富むお話です。

私がつべこべ言うより、寺田さんの著書を読まれた方がよいかも知れませんが、本の中からひとつだけご紹介しましょうか。

「その昔日本にあった『噛み酒』とか『口噛みの酒』と言われるものは、人がご飯を噛んで吐き出したものに水を加えて作った酒だ。
(略)
実験では、男性10人のグループが噛んで造った酒と、女性10人のグループが噛んで造った酒を比べてみた。
すると、女性グループが噛んだ酒はとてもおいしく醸し出された。しかし、男性グループが噛んだ酒は、何と腐ってしまったのだ。
(略)
世の中に男と女が存在する意味を深く考えさせられる出来事であった。」


トークショーの後、寺田さんにサインをお願いしたら、気軽に応じてくださいました。

そこには「何があっても 笑っちゃう」と書かれていました。
著書を読むと、この後に「どんなときでも ありがとう」という言葉が続きます。
微生物から教わった、人間が腐敗しないで発酵する(幸せになる)ための究極の言葉だそうです。

優しい笑顔と話し方の、とても素敵な方でした。
「ありがとうございました。」




同じカテゴリー(◆私事雑感)の記事画像
捨蚕さん、よい旅を!
高階勇輔先生を悼む
生まれて初めて?
生さだ さぶかった~!
閑話休題 ナタマメ収穫
閑話休題 ナタマメカーテン
同じカテゴリー(◆私事雑感)の記事
 捨蚕さん、よい旅を! (2018-10-17 07:51)
 隠居の三面斜め読み この一年 (2016-12-29 15:08)
 高階勇輔先生を悼む (2016-06-21 17:46)
 生まれて初めて? (2014-02-15 20:24)
 生さだ さぶかった~! (2013-02-24 08:40)
 閑話休題 ナタマメ収穫 (2011-12-28 09:11)

この記事へのコメント
素敵なお話ありがとうございました。
支えあい、必要ですよね(^^)
Posted by ぼらぼら  at 2010年02月15日 23:30
本当に良いお話ありがとうございますo(^-^)o

微生物の世界って素晴らしいですね                    考えさせられますねo(^-^)o
Posted by イルカ  at 2010年02月15日 23:42
>ぼらぼらさん

そうですよね。
微生物たちの支え合いを崩しているのは、人間だそうです。

消毒や殺菌をした衛生的な酒蔵で造っているのは、酒ではなくて「酒のようなもの」だと書いてありました(^^)
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2010年02月16日 08:12
>イルカさん

コメントありがとうございました!

本当ですね。
微生物の世界、すごいです!

EM菌の開発をした比嘉照夫さんからも、同じように微生物の世界の共存共栄というお話を聞いたことがあります。

「学ぶは自然にあり」ということでしょうか。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2010年02月16日 08:24
「微生物たちの世界は、自分と異なるものや嫌いなものを排除したりしない・・・」
確かに人間にもぴったりあてはまる、深い言葉ですね。
また、性別による実験結果の違いも、年を重ねるほどに
男女の違いを実感する日々なので、興味深く読ませていただきました^^。
Posted by 風子  at 2010年02月16日 08:43
>風子さん

なかなか出来ませんけどね(^^ゞ
蚊を見るとすぐピシャッ!てやっちゃうし・・・。

男の駄目さ加減は日々感じていましたが、酒まで腐っちゃうとは、何ともまぁ、いやはやです(^^)
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2010年02月16日 18:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
号外!「降りてゆく生き方」
    コメント(6)