2010年02月03日

旧三国街道 さ迷い道中記(20)

「常仙寺」から北へ350mほど行くと、白壁と木の塀で趣きはあるが、朽ち始めた感のある建物が目に留まります。






さらに進むと、立派な門構えです。

ここは、金古宿代官所跡です。

「お代官様」というと、陣笠・陣羽織で大小の刀を腰に差し、采配を手に、馬に跨って偉そうにしているお侍さんをイメージしますが(私だけ?)、金古宿代官はちょっとそれとは違うようです。

この人が、金古神保磯右衛門という代官です。

苗字帯刀は許されていますが、身分は農民です。

農民とは言え、金古宿問屋名主で、臥雲という雅号を持ち、和歌、俳諧、書画、和漢の道に優れた国学者だったそうです。

文政七年(1824)生まれ、明治十六年(1883)に亡くなっています。

金古村は幕府直轄の「天領」だったとよく言われますが、実態は3人の旗本に分割して与えられた「知行地」でした。

旗本というのは、江戸を守るのが役目ですから、江戸に住むことが義務付けられています。
財力のある旗本は、家臣を江戸詰知行地詰に分けることも出来ますが、金古知行地に持つ旗本は、そこまでの財力はなかったと見えます。

そこで、地域の名望家を地代官に任命して、年貢の徴収などの仕事を代行させた訳です。

代官であった神保家の大門は、昭和五十二年(1977)に群馬町の重要文化財に指定され、平成十五年(2003)にもそれを表す標柱が建てられています。
(今は、どなたかの後援会連絡所の看板の方が目立っていますが・・・)

群馬町高崎市に合併されたのは平成十八年(2006)ですが、文化財の保護は引継がれていないのかと思うほど、荒廃が進んでいました。

そろそろ文字が擦れて読み難くなってきた看板に、「南門柱などに多くの埋木があるのは、慶応四年の世直し一揆に襲撃された際の補修によるものである。」と書かれています。





左の写真が埋木の跡ですが、時を経て元の部材と見分けがつかない位、馴染んできています。

群馬町金古二区編「金古宿の由来」に、代官所の平面図が掲載されています。

「糾弾所」とあるのは、罪人の取調べや一時的な留置をした所です。

このブログ記事のトップ写真は、その「糾弾所」を外から見た所になる訳ですね。

この平面図によって代官所跡を整備したならば、三国街道の貴重な観光資源として活かされるはずですが、現状は荒れ放題という状態です。

   [忍び返し]


     [糾弾所]         [門番小屋]


私有の「文化財」を、所有者個人が維持していくのは限界があると思います。
文化財として指定した地域の、住民全体が協力することを、考えていく必要がありそうです。

(参考図書:「群馬町誌」「金古宿の由来」)


【金古代官所跡(神保家)】





同じカテゴリー(三国街道)の記事画像
番外 高崎の孝女みえ
三国街道 めぐり会い
三国街道史跡めぐり(小鳥・大八木)
号外!「企画展 三国街道と宿場」
三国街道 帰り道(最終回)
三国街道 帰り道(18)
同じカテゴリー(三国街道)の記事
 番外 高崎の孝女みえ (2017-05-24 12:21)
 三国街道 めぐり会い (2010-07-16 06:51)
 三国街道史跡めぐり(小鳥・大八木) (2010-06-14 10:47)
 号外!「企画展 三国街道と宿場」 (2010-06-06 06:54)
 三国街道 帰り道(最終回) (2010-04-09 07:38)
 三国街道 帰り道(18) (2010-04-07 07:34)

Posted by 迷道院高崎 at 07:13
Comments(6)三国街道
この記事へのコメント
代官所跡には、一度史跡めぐりで、死んだ親父と行った記憶があります。年配の女性の方が案内してくれた気がします。
ところでどこまで北上するのですか、寒さ厳しき折です無理をなさらないように。
Posted by 捨蚕  at 2010年02月03日 08:44
>捨蚕さん

そうでしたか。
母屋の中もご覧になれましたか?
なかなかのものらしいですね。

高崎の果てまでは北上しようと考えています。
あと、ちょっとです(^^)
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2010年02月03日 09:17
歴史を感じますね。
「埋木」など、細部まで観察されていることに
感心するばかりです。
「忍び返し」があることも、そういう名称であることも初めて知りました。
地域の貴重な歴史財産が傷んでしまうのは、
なんとも残念です。
Posted by 風子風子  at 2010年02月03日 09:56
>風子さん

歴史散歩をしていて、一番寂しいのは「あぁ、これもう少しで消えちゃうなぁ。」って感じる時です。

よき日本の文化が消えていかないように、何かをしなければいけないと考えるようになりました。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2010年02月03日 20:15
昭和10年生まれの私の母親は実家が金古の農家なんですが、話をきくと幼少の頃、神保家の事を、おでーかん(お代官)と呼んでいたそうです。なんか時代劇みたいですね。
Posted by 柏木沢の農家おじさん  at 2010年02月03日 21:21
>柏木沢の農家おじさん様

うわー、リアリティ溢れるお話ですねー!
何だか、嬉しいです。
よけい、でーかんしょ(代官所)の修復をしたくなりました!
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2010年02月03日 22:09
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
旧三国街道 さ迷い道中記(20)
    コメント(6)