2009年12月13日

「切干塚(首塚)」伝承 第四話

昭和五十七年(1982)、下小鳥町奉賛会が出版した「町づくり 史蹟首塚・三国街道みちしるべ改修記念」という小冊子に、元高崎経済大学課長の福田行雄氏が、「首塚見聞記」と題した一文を寄稿しています。

他の文献とちょっと違う「首塚」伝承が語られていますので、ご紹介しましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「首塚見聞記」
福田行雄

私、福田行雄が子供の頃より口伝されている聞き覚えを記してみよう。
私は今年数え八十歳を迎へ、気の利いたことの書けないことを初めからお許し願っておきます。

村の中央、現在の久保ガソリン店と井上肉店の間に橋があります。
この橋の名を郷倉の橋と云います。
この橋を渡り東へ行くと松岡金太郎さんの立派な家があり、その東の家の所に昔は高崎藩の郷倉があった。
藩の年貢米はここに貯蔵されたのである。

この年貢米取り立てに藩の役人が来て、何事につけても厳しかった。
田畑の耕作面積、家族の人数、上田、中田、田の良否等々について、人別帳により家毎に、何斗何升何合、米質の良否等々実に厳しい取り立てを行った。

この役人を検見(毛見)といい、当日は怖いものなしで威張り、酒食のもてなしは当然、あまつさへ婦女子まで要求したという。
斯くしたことが年々続くので、腹を立てた若者が決死の覚悟で役人の帰途を待伏せて、二人の役人を殺してしまったのである。
このことを聞いた殿様は激怒し、報復の機を狙っていた。

そして元和三年(1617)正月四日、農家では他所へ嫁した女達も子供を連れ、その日は生家へ帰って水入らずの正月を楽しむ風習があった。
殿様はそこを狙って兵を出し、安中藩の応援も頼んで皆殺しを図ったが、皆殺しはできなかった。
皆殺し決行の前夜、即ち三日の夜、白馬にまたがった白装束の者が現れ、「明日はこの村人は皆殺しにされるから早く逃げろ。」と、大声で村中に告げて廻った。
これを聞いて逃げた者もいたが、斬殺された者が多かったという。
そしてその時、今の梅山竜二さんの屋敷内へ逃げ込んだ者は殺されなかったという。
それは、同家から藩に出仕していた梅山治左衛門氏の家だったからだという。

ここで助かった人達は、後日になって祠を建て、石宮を安置し薬師様と称し祀った。
当時はヤン目(今の流行性結膜炎)で悩む方が、たまたま薬師様に快癒祈願をなしたる処、その霊験あらたかであった。
その話が広がり、半紙に「め」と書いたものを祠に貼り付けると快癒速やかとて、貼り紙は絶えなかった。

この祠の傍らには、大榎が繁っていた。
ところがこの大榎を「縁切り榎」と云って、結婚式の衆はここを避け、迂回したとの話もある。
(略)

次に白装束で白馬に乗った救主は、浅間神社の神様であったと伝えられている。
この神社は、高前バイパス道新効パチンコ店の駐車場の辺から、沖田(問屋町方面)の田圃道の北側に森があり、それが浅間神社であったが、今は幸宮神社へ合祀されて跡形もない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「郷倉橋」のあった所
(歩道の下は今も堀で、写真左上に行く道に橋が架かっていたそうです。)

「郷倉」があった所
(左側ブロック塀の奥に建っていたといいます。
今は民家になっています。)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この伝承によれば、惨劇の難を逃れた人が、相当数いたようです。
さらに、「縁切り榎の薬師様」や、「幸宮神社に合祀された浅間神社」の話も出てきて、伝説としての膨らみがあるのも興味深いところです。

次回は、萩原進氏の著書から、事件の裏面に伝えられる一説という話を、ご紹介しましょう。

【郷倉橋のあった所】

【郷倉があった所】





同じカテゴリー(…切干塚(首塚))の記事画像
「切干塚(首塚)」伝承 第三話
「切干塚(首塚)」伝承 第一話
「切干塚」の不思議
同じカテゴリー(…切干塚(首塚))の記事
 「切干塚(首塚)」伝承 最終話 (2009-12-16 07:51)
 「切干塚(首塚)」伝承 第三話 (2009-12-11 08:44)
 「切干塚(首塚)」伝承 第二話 (2009-12-09 08:15)
 「切干塚(首塚)」伝承 第一話 (2009-12-06 07:58)
 「切干塚」の不思議 (2009-12-04 07:45)

この記事へのコメント
今回の追跡は重いテーマですが、毎回手に汗で読んでいます。
口伝、言い伝え、伝説というのは、表だって語れない事実を密やかに伝えていると思います。地霊を召喚して、名もなき死者たちの声を聴きたいものです。
どこまで史実に迫れるか、迷道院探偵の根性入った追跡に期待!
ますますのご活躍を祈念。
  夢寅 拝
   
Posted by 夢寅  at 2009年12月15日 09:43
>夢寅さん

いやはや、旧三国街道からちょっと寄り道した「首塚」が、意外と奥が深いので驚いています。
先輩諸氏がいろいろな話を残してくれています。
感謝ですね。
伝えて行かなくちゃ、と思いました。
激励、ありがとうございます!
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2009年12月15日 19:54
真実は結局藪の中かも知れませんが 安中藩士の日記とか門付け芸人の話とか蓮華院の記録とか 色々な証言がぞくぞくでてきたら楽しいですね 映画になりますね 黒沢明か 迷道院か 次回が楽しみです   ところで今長野堰の江戸時代の十九の分水堰を散歩道第八集を手におっかけを始めました ご意見を
Posted by 捨蚕  at 2009年12月15日 22:34
>捨蚕さん

本当ですね。
高崎は「映画のまち」でもある訳ですから、こういう郷土の歴史を映画化してもいいかも知れませんよね。

「高崎の散歩道」に沿ったお散歩、楽しいでしょう?
長野堰は高崎にとっては、生命線ともいえる水利ですし、それにまつわる歴史や伝説も沢山ありそうですよね。

お仲間が増えて嬉しいです!
ぜひ、ブログ発信もご検討ください。
楽しみにしてます!
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2009年12月15日 22:58
貴重な郷土史ですね・・・・・

>こういう郷土の歴史を映画化してもいいかも知れませんよね。

ところで、長野堰って「長野氏」によるもんなのでしょうか?
箕輪藩の頃であれば、高崎一帯は大穀倉地帯だったようにも思えますが。
Posted by 昭和24歳昭和24歳  at 2009年12月16日 08:22
>昭和24歳さん

長野堰は、有名な箕輪城主・長野業正のご先祖で、長野康業という人が千年以上も前に開いたと、長野堰脇の石碑に刻まれています。
仰る通り、古代からの大穀倉地帯だったのでしょうね。

因みに、長野氏代々の名前に「業」の字が付いているのは、在原業平の子孫だからという説もあるようですよ(^^)
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2009年12月16日 09:30
>有名な箕輪城主・長野業正のご先祖で、長野康業という人が千年以上も前に開いたと開いたと、

まあ、武田勢に滅ぼされるまでは相当の権勢を誇っていたわけですよね。
で、「千年以上も前に開いた」っていういとはその時代から500年前ということでしょうか・・・・・

このところの郷土史は奥が深いですね。
まあ、かく言う僕も烏川下右岸豊岡村の百姓の小倅です。
こうした郷土史に目覚め、深めるのも還暦のお蔭でしょうか・・・・・
Posted by 昭和24歳昭和24歳  at 2009年12月16日 19:40
>昭和24歳さん

はい、還暦のおかげだと思います。
若い頃は、史跡よりも追いかけたいものがありましたからね(^^ゞ

それと、グンブロとの出逢い、いろいろな方からの励まし、これが大きいです。
感謝、感謝!
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2009年12月16日 21:59
今、紫文さんとお話ししまして、明日、東横イン、PM5:00に待ち合わせです。
その後、しばらくして「いろり」の方へ向かいたいと思います・・・・・

決心はついたでしょうか???(笑)。

捨蚕さん、ぜひお待ち申し上げております!!
Posted by 昭和24歳昭和24歳  at 2009年12月17日 17:21
>昭和24歳さん

説得完了致しました。
お邪魔すると申しておりました。
何卒、良しなに・・・。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2009年12月17日 19:56
>何卒、良しなに・・・。

御意!!
Posted by 昭和24歳昭和24歳  at 2009年12月17日 20:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「切干塚(首塚)」伝承 第四話
    コメント(11)