2009年07月26日

覗いてみたら・・・

白い馬が二匹いました。

一匹は反省してるんでしょうか、うなだれてます。
向こう側の一匹は奥さんなんでしょうか、気のせいか怒ってるように見えます。



ここは、南大類町柳原観音堂(馬頭観世音)です。

どうでしょう、なかなか姿の美しい素敵なお堂だと思いませんか?

軒の左側に、由来を書いた額が掛けられていますが、それを見ると永長年中(1906~1907)に源(新田)義重が造営したとあります。

ただ、その後火災で焼失してしまい、現在の堂宇は、天保十四年(1843)から近郷百六ヶ村で寄付を募り、嘉永五年(1852)に再建されたものだそうです。
堂の周囲には、みごとな彫刻が施されていますが、特に正面の梁に巻き付いた龍の彫刻は、素人目にも素晴らしいと思います。

堂内の二匹の白馬の胎内には、享保二十年(1735)江戸日本橋ねずみ屋製作と書かれているそうです。

前述の由来額には八幡太郎義家の逸話が書かれていますが、内山信次著「徐徐漂(ぶらり)たかさき」には、こんな話が紹介されています。

-----------------------------
いつだったか南大類でこんな話を聞いたことがあります。
それは随分昔のことだそうですが、この柳原で一人の女の人が馬に蹴られて死にました。
その人は身籠っていました。
それから暫くたって、観音堂に安産を祈って参籠していた婦人の夢枕に、身籠った美しい裸身の観音様が現れてこう言ったそうです。
「私は馬に蹴られて死にましたが、今は馬頭観音になったので、あなたのお産を守ってあげましょう。」
またこんな話も聞きました。
年に何回かの観音様の縁日の「お蝋」の燃えさしを貰い受けておいて、妊婦が産気づいた時、「お蝋」をとぼして安産を祈るのだそうです。

-----------------------------

「美しい裸身の観音様」と聞くと、私は弁天様を連想します。
←境内の左奥に、かつては水が湛えられていたはずの「弁天池」跡があります。

その中島に、屋根に蛇が這っている一風変わった祠があります。

白蛇は弁天様のお使いと言われていますから、おそらく弁天様の祠なのでしょう。
草に埋もれさせておくには勿体ない、珍しい代物だと思います。

もう一度池に水を入れ、「美しい裸身の弁天様」に戻ってきてもらってはどうでしょうか。

【柳原観音堂】


同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-104 横尾応処斎渕臨の墓碑
史跡看板散歩-103 小棚薬師堂
史跡看板散歩-102 八王子神社
史跡看板散歩-101 長根神社
史跡看板散歩-100 奥平城跡
史跡看板散歩-99 天久沢観音堂
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-104 横尾応処斎渕臨の墓碑 (2018-08-12 07:27)
 史跡看板散歩-103 小棚薬師堂 (2018-08-05 07:14)
 史跡看板散歩-102 八王子神社 (2018-07-29 07:19)
 史跡看板散歩-101 長根神社 (2018-07-22 07:17)
 史跡看板散歩-100 奥平城跡 (2018-07-15 07:01)
 史跡看板散歩-99 天久沢観音堂 (2018-07-08 07:13)

この記事へのコメント
初めまして。
先週、高崎の隠れキリシタンを検索していて
こちらのサイトを見つけました。

昨日は涼しかったので、朝に自転車で
とりあえず近場からと「ねじれ杉」を捜しに行きましたが、
その時は到着できず(笑)引き返す折に
犬に水を飲ませようとこの神社に寄りました。

ここも紹介してほしいなぁ~・・・と
思っていたところだったので、奇遇です。

これからも楽しみに読ませて頂きます。
Posted by AO  at 2009年07月26日 12:47
>AOさん

嬉しいコメント、ありがとうございます!
以心伝心でしょうか?
グッドタイミングで良かったです。

暫くは、この近所の記事が続くかと思いますので、ワンちゃんと一緒のご散歩コースに入れていただけたら嬉しいです。

これからも、お付き合いよろしくお願いいたします!
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2009年07月26日 18:19
先日見た時は携帯からだったので、地図がわからず、今日見ました!

義母の家の近くなので何度か通ったことはあったんですが、お馬さんがいるんですか?
今度拝見しに行ってみます。
Posted by ぼらぼらぼらぼら  at 2009年07月28日 18:43
>ぼらぼらさん

お義母さん、お近くでしたかー!
お馬さん、いるんですよー。
でも、覗いて笑っちゃいました。
私と恐妻の姿を見てるようで・・・。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2009年07月28日 22:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
覗いてみたら・・・
    コメント(4)