2009年06月10日

粕沢橋と五万石騒動

倉賀野から旧中山道松並木を辿って「粕沢橋」までやって来ました。

ちょうどその時、高崎市歴史民俗資料館で「高崎五万石騒動特別展」が開かれたというのは、何かの因縁かもしれません。

というのも、この「粕沢橋」五万石騒動の一舞台となった場所なのです。

年貢減免の願いを無視し続ける高崎藩に業を煮やし、大総代3人を先頭に4,000人の農民は高崎城の枡形木戸に押し寄せ、願書を提出します。
しかし、後日これを「強訴」と見なした高崎藩は、大総代の逮捕にかかります。
この手先となったのが、倉賀野宿の女郎屋を営みながら岡っ引きもしていた「三国屋」岩造一家です。

用心をしていた大総代ではありましたが、下中居村・佐藤三喜蔵倉賀野宿外れで、柴崎村・高井喜三郎岩鼻「万屋」で捕縛されてしまいます。
高崎城へ護送される大総代を奪還しようと、農民たちが待ち伏せていたのが「粕沢橋」でした。

護送する三国屋一家は十七、八人、橋の下や用水路に隠れて待ち伏せた農民は数十人といいます。
武器を持たない農民達は、てんでに石つぶてを投げつけますが、三国屋一家は卑怯にも、捕えた大総代を盾にし、大総代に当たるからと石を投げられない農民に、抜き身を振り回して切りかかります。
ついに奪還は叶わず、高崎城内に入牢された大総代は、翌年、東町無縁堂で処刑されてしまいます。
その辺の話は、グンブロ仲間の弥乃助さんの記事「五万石騒動・・・」をご覧ください。

「五万石騒動」は、しばらくネタにできそうです。

【粕沢橋】


同じカテゴリー(高崎五万石騒動)の記事画像
号外!高崎城押し出しウォーキング!
史跡看板散歩-40 高崎五万石騒動義人堂
駅から遠足 観音山(29)
号外!高崎五万石騒動義人祭
第3回 高崎五万石騒動義人祭
五万石騒動 140周年
同じカテゴリー(高崎五万石騒動)の記事
 号外!高崎城押し出しウォーキング! (2018-11-08 17:57)
 史跡看板散歩-40 高崎五万石騒動義人堂 (2017-04-16 07:09)
 駅から遠足 観音山(29) (2015-04-19 10:59)
 号外!高崎五万石騒動義人祭 (2015-02-12 18:46)
 第3回 高崎五万石騒動義人祭 (2013-02-06 12:14)
 五万石騒動 140周年 (2010-10-06 19:46)

この記事へのコメント
わざわざ、ありがとうございます。
昨日まで慈眼寺で仕事をしていて、民俗資料館気になっていたのですが、結局行けず仕舞いで・・・。
西光寺、総代の墓等など、ネタがつきませんね。
高崎の大事な歴史ですから、沢山教えてくださいね。
Posted by 弥乃助弥乃助  at 2009年06月10日 20:19
>弥乃助さん

五万石騒動の史跡って、意外な所にあったりするんですよね。
それだけ大事件だったということなんでしょうけど、今まであまり紹介されていない所なども訪れてみたいと思っています。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2009年06月10日 20:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
粕沢橋と五万石騒動
    コメント(2)