2009年05月11日

飯玉さま

前回の「飯玉さまの引き合わせ」に登場する、倉賀野神社への参道を「宮原小路」と呼ぶそうである。

平安時代の末、この一帯は「宮原荘(みやはらのしょう)」という荘園だったというのが謂れであろう。

その「宮」の起源は古く、紀元前まで遡る。

倉賀野神社の由緒によると、「上毛野君(かみつけぬのきみ)」の祖と言われる「豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)」が、紀元前50年?に「崇神天皇(すじんてんのう)」の命を受けて東国を平定する折り、陣中としたこの地に松を植え、都から持参した「亀石」という石を御魂代(みたましろ)として、祭祀をしたのが始まりだという。

この「亀石」は、当時、都で猛威をふるった疫病を鎮めたといわれる、「倭大国魂神(やまとのおおくにたまのかみ)」の分霊であった。
そこから、この「宮」「大国玉明神(おおくにたまみょうじん)」と呼ばれていたという。

時は下って江戸時代になると、「飯玉大明神(いいだまだいみょうじん)」と名前を変える。
今でも近隣の人は、倉賀野神社のことを「飯玉さま」と呼ぶ。
その名前の由来となったのが、本殿向拝の彫刻に表されている「飯玉縁起(いいだまえんぎ)」の伝説である。

神社のHPには、こう書かれている。

~……~……~……~……~……~……~……~……~
光仁天皇の御代(770〜780)、群馬郡の地頭・群馬太夫満行には8人の子がいた。
末子の八郎満胤は文武の道に優れ、帝から目代(もくだい)の職まで賜るようになる。
これを妬んだ兄たちは八郎を夜討ちにして鳥啄池(とりばみのいけ)の岩屋に押し込めてしまう。

3年後八郎は龍王の智徳を受けて大蛇となり、兄達ととその妻子眷属まで食い殺した。
その害は国中の人々まで及ぶようになったので、帝はこれを憂い、年に一人の生贄を許すこととした。

やがて小幡権守(おばたごんのかみ)宗岡の家が贄番に当たる年となり、父と16才の娘海津姫は悲運に嘆き悲しむのであった。

都から通りかかった奥州への勅使、宮内判官(くないほうがん)宗光はこれを聞き、海津姫とともに岩屋の奥へ入っていく。

真っ赤な舌をのばし爪を立て怒り狂う八郎大蛇と、一心に琴を弾き法の功徳を説く勅使宗光
すると八郎は琴の音に随喜の涙を流し、これまでの恨みを悔い改め、龍王に姿を変えた。

そして天空に舞い上がり「吾が名は飯玉である。今よりのちは神となって国中の民を守護せん。」と宣言し、群馬と緑埜(みどの)両郡境の烏川のあたりに飛び去り姿を消した。

~……~……~……~……~……~……~……~……~

八郎大蛇がいたという「鳥啄池(とりばみのいけ)」跡というのが、神社の東、道を隔てたところにある。

参道の改修工事により整備されたようであるが、江戸時代には深さ八尺(2.4m)の池があったという。
さらに、「宮原の一つ松」というのが、東西十二間(21.8m)の枝を広げていたらしい。

それにしても、なぜいきなり「飯玉さま」が出て来たのだろう?
その謎解きは、また次回ということに・・・。

【鳥啄池跡】



同じカテゴリー(倉賀野)の記事画像
幸運を呼ぶ道標 「左道通行」(3)
史跡看板散歩-64 一本杉
史跡看板散歩-63 倉賀野下町の諏訪神社
史跡看板散歩-62 新堤
史跡看板散歩-61 北向道祖神
史跡看板散歩-60 倉賀野城跡
同じカテゴリー(倉賀野)の記事
 幸運を呼ぶ道標 「左道通行」(3) (2017-10-15 07:26)
 史跡看板散歩-64 一本杉 (2017-10-01 07:45)
 史跡看板散歩-63 倉賀野下町の諏訪神社 (2017-09-23 06:11)
 史跡看板散歩-62 新堤 (2017-09-17 07:11)
 史跡看板散歩-61 北向道祖神 (2017-09-10 07:26)
 史跡看板散歩-60 倉賀野城跡 (2017-09-03 07:20)

Posted by 迷道院高崎 at 07:42
Comments(0)倉賀野
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
飯玉さま
    コメント(0)