2021年08月18日

隠居の思い過ぎ?

ブログ休筆中なんですが、「あぁ、やっぱりなぁ。」と思うことがあって、ひと記事書いてみました。
そう思わせたのは、ネットの「路上のラジオ」という番組で、こんな話を聞いたからです。

実は、私も同じような体験をしていたので、「やっぱりな。」と思った訳です。

ある本を、高崎市立図書館にリクエストして購入してもらいました。
面白かったので友人に紹介したんですが、彼が「検索しても出てこない。」と言うんです。
そんな馬鹿な、と思って検索してみましたが、たしかに出てきません。
その時は、まだ入ったばかりなので蔵書登録されてないんだろうくらいに思っていました。

しばらくして、不思議なことに気付きました。
通常、新しい図書が入った時は、HPの「新着情報」というコーナーに掲載されるのですが、その本だけはいっこうに掲載されません。
その後も時々検索してみたのですが、相変わらずその本はヒットしません。

ところがある日、試しに出版社名で検索したら、なんと!出てくるではありませんか!
著者名で検索しても出てきました。
隠居の思い過ぎ?

その検索結果を見て、さらに不思議なことに気付きました。
リクエストしたのは「中央図書館」なのに、なぜか所蔵館は「駅SC」になっているんです。
「駅SC」とは、高崎駅の3階にある小さな図書コーナーで、利用者はごく少数です。

この事実を知った時、「あ、この本はあまり人に閲覧されたくないんだな。」と直感しました。
だから、わざわざ人目に付きにくい「駅SC」に置き、書名検索にも引っ掛からないように何か細工をしたんだな、と。

どんな細工をしたのか、ある人に調べてもらって判明しました。
検索結果をもう一度見て下さい。
隠居の思い過ぎ?

書名の「嘘」という文字が、「噓」という文字で登録されているんです。
普通、「うそ」を変換すれば「嘘」という字が出ます。
「噓」という字は環境依存文字ですから、敢えて選ばなければ出せません。
だから普通に書名を入力して検索したのでは、出てこないのです。

「路上のラジオ」で紹介されていたケースでは書庫に格納されていましたが、それでも検索すれば在ることは分かるので閲覧することは可能です。
しかし高崎市立図書館の場合は検索しても出てこないので、所蔵されてないと思い込まされてしまいます。
意図的にやったとすれば、実に巧妙な手口です。

これ、隠居の思い過ぎですか?


◇ お知らせ ◇
また、しばらくお休みをいただきます。




同じカテゴリー(◆隠居の控帳)の記事画像
隠居の控帳 群集心理
隠居の控帳 2021衆院選の争点
隠居の控帳 汚裏夢悲苦(オリムピック)
隠居の控帳 緊急事態の空気
隠居の控帳 チコちゃんに叱られる!
隠居の控帳 コスタリカの奇跡
同じカテゴリー(◆隠居の控帳)の記事
 隠居の控帳 群集心理 (2021-11-17 19:00)
 隠居の控帳 戦いすんで… (2021-11-01 19:00)
 隠居の控帳 注目!香川一区 (2021-10-27 19:00)
 隠居の控帳 2021衆院選の争点 (2021-10-24 19:00)
 隠居の控帳 投票で社会を変える (2021-10-17 19:00)
 隠居の控帳 諦めさせる政治 (2021-10-15 19:00)

この記事へのコメント
ある人は、さすがですね。

噓を使っている本(例えば、噓つきアーニャの真っ赤な真実)もあるから、
もしかしたら意図的ではないかもしれませんが、
利用者が少ない「駅SC」に置く理由は、ないように思います。

ちなみに
私の地元の図書館には
ポンコツもうそつきも、
所蔵されていませんでした(泣)。
Posted by まんじろう  at 2021年08月18日 18:38
>まんじろうさん

隠居の思い過ぎならいいんですが・・・。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2021年08月19日 19:43
もしもご懸念のとおりだとすると、
他にもやっていそうで、
ちょっと怖くなりますね。

どこか上のほうから
公的機関(あるいは担当者)への圧力なのか、
あるいは忖度なのか。
それとも積極的な排除なのか・・・。
Posted by まんじろう  at 2021年08月20日 11:38
>まんじろうさん

知る権利が侵されると、国民は間違った判断をしてしまいます。
民主主義にとって怖いことですね。
為政者ばかりか、国民までそういうことに加担しているとしたら、実に由々しきことだと思います。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2021年08月22日 20:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
隠居の思い過ぎ?
    コメント(4)