2021年03月28日

史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3)

「大和田の化粧水」の取水口を探しに、上室田町大和田へやって来ました。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3)

「滑川」は、ここでは「大和田沢」と呼ばれているようです。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3)

川べりへ下りてみると、「滑川」の本流から分かれている細い流れを見つけました。
あ、ここが「化粧水」の取水口かと、余りにもあっけない発見に、嬉しいような、物足らないような、ビミョーな気分です。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3)

ところが、その流れを辿って行くと、また本流に戻ってしまいました。
ありゃ。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3)

がっかりして川べりから上がってくると、なんと!段々畑の中腹から滾々(こんこん)と水が流れ出てるじゃありませんか。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3)

そして、細い水路を勢いよく流れていくじゃありませんか。
水路は、ずーっと先まで続いています。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3)

一度、地面の下へ潜りますが。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3)
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3)

また出てきて、先の方まで流れていってます。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3)

やがて水路は、「滑川」の河岸段丘のへりを進んで行きます。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3)
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3)

水路の巾や水量、流れていく方向からして、これが「大和田の化粧水」と思って間違いないでしょう。
前回、下流側から辿ってきて見失ってしまった水路は、「滑川」に沿って来ていたんですね。

さて、そうなると、どうしても見つけたいのは「滑川」からの取水口です。
段々畑から出ていた水の位置からすると、取水口はもっと上流のようです。

「滑川」に架かる、名前のない橋の上流を探してみることにしました。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3)

右岸を160mほど行くと、本流から分かれる細い水路がありました。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3)
ただ、あまりにも頼りない程の細さで、違うかなぁという気持ちの方が強くなります。

擁壁に沿ったコンクリート製の細い水路を流れている水は、少し先でやはり本流に戻ってしまっています。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3)

しかし、よーく見ると、右奥に暗渠の水路があって、水はそちらへも流れ込んでいます。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3)

暗渠は、右岸の道の下を通っているようです。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3)

おそらくこの後、水はずーっと暗渠の中を隠れ下って、段々畑の中腹でその姿を現すのでしょう。
そして、2km離れた「上の原」まで流れ下って行くわけです。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3)
細い水路とはいえ土木機械もない時代、さぞや難工事だったことでしょう。

娘を思う父の愛情の深さと強さを実感できた、「大和田の化粧水」でした。


【大和田の化粧水 取水口】

【段々畑の化粧水出口】





同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-224 弘法の石芋
史跡看板散歩-223 下室田の諏訪神社
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2)
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(1)
史跡看板散歩-221 中室田の大沼大明神
史跡看板散歩-番外編 下室田のおねがい地蔵尊
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-224 弘法の石芋 (2021-04-11 07:53)
 史跡看板散歩-223 下室田の諏訪神社 (2021-04-04 07:45)
 史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2) (2021-03-21 06:41)
 史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(1) (2021-03-14 08:01)
 史跡看板散歩-221 中室田の大沼大明神 (2021-03-07 07:51)
 史跡看板散歩-番外編 下室田のおねがい地蔵尊 (2021-02-28 07:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3)
    コメント(0)