2021年03月21日

史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2)

「大和田の化粧水」が、どこから、どういう経路で流れてきているのか、上流へ遡ってみました。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2)

史跡看板が建っている所から、畑の中を抜けて。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2)

道路を横切って、民家の横を通リ抜け。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2)

梅林の中へ。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2)

暗渠の中から流れてきています。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2)

暗渠は、向こうの竹藪の方からつながっているようです。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2)

竹藪の中を水路が走っているのは確認できますが、人が入っていくことはできません。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2)

迂回して県道211号(安中-榛名湖線)に出ると、深い水路「追分沢」が道と並行しています。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2)

ということは、「化粧水」は県道側には流れてないということか。
だったら、もう辿ることはできないじゃないか。
でも、ま、「化粧水」の水路だけでも見てみようと思って、杉林の中へ入って行きました。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2)

すると、「追分沢」を跨ぐ橋のようなものが見えます。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2)

おお!水が流れてる!
「懸樋」(かけひ)ってやつですね。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2)
水は、竹藪の方に向かって流れています。
「大和田の化粧水」に違いありません。

その水は、金毘羅神社の脇から流れてきています。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2)

さらに上流に遡ると再び藪の中へ消えますが、藪の先はここで、水は県道211号の下を潜って来ているようです。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2)
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2)

県道の反対側の水路は、梅林の端を伸び伸びと走っています。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2)

しかし、ここで水路はまたもや道路の下へ潜り込み、その姿を隠してしまいます。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2)

道路の反対側に続く林の先には、「化粧水」を引いたという「滑川」が流れているんですが、標高的に相当下を流れているので、この先に「化粧水」の水路があるとは思えません。
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2)

ま、ここまで辿れたからいいか、と自分を慰めかけましたが、でもな、ともう一人の自分がブツブツ言っています。
そうだ、逆に「大和田」の取水口から下流に向けて辿ってみようか。

ということで、また次回に続きます。(引っ張るなぁ)


【「大和田の化粧水」史跡看板】

【金毘羅神社】

【県道211号横断地点】





同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-224 弘法の石芋
史跡看板散歩-223 下室田の諏訪神社
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3)
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(1)
史跡看板散歩-221 中室田の大沼大明神
史跡看板散歩-番外編 下室田のおねがい地蔵尊
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-224 弘法の石芋 (2021-04-11 07:53)
 史跡看板散歩-223 下室田の諏訪神社 (2021-04-04 07:45)
 史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(3) (2021-03-28 07:48)
 史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(1) (2021-03-14 08:01)
 史跡看板散歩-221 中室田の大沼大明神 (2021-03-07 07:51)
 史跡看板散歩-番外編 下室田のおねがい地蔵尊 (2021-02-28 07:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
史跡看板散歩-222 大和田の化粧水(2)
    コメント(0)