2020年07月26日

史跡看板散歩-198 若田ヶ原古戦場と若田八幡宮

「八幡霊園」の南、「若田町住民センター」の駐車場に、「若田ヶ原古戦場」の史跡看板が建っています。
史跡看板散歩-198 若田ヶ原古戦場と若田八幡宮
史跡看板散歩-198 若田ヶ原古戦場と若田八幡宮

「若田原台地」「若田支台」とも呼ばれ、「剣崎支台」「八幡支台」とともに烏川碓氷川に挟まれた台地です。
史跡看板散歩-198 若田ヶ原古戦場と若田八幡宮

「若田ヶ原合戦」の際、武田信玄が本陣を置いたというのが、前回の「福泉寺」でした。
寺の周辺を土地の人々は「乱闘場」と呼んでいるということでしたが、ここ「若田ヶ原」もまさに「乱闘場」だったのでしょう。
現在その一角に「八幡霊園」が造成されているというのも、何か因縁を感じさせます。

ブランコの向こうに、もうひとつ史跡看板が見えます。
史跡看板散歩-198 若田ヶ原古戦場と若田八幡宮
史跡看板散歩-198 若田ヶ原古戦場と若田八幡宮
史跡看板散歩-198 若田ヶ原古戦場と若田八幡宮

看板の最後に、「弁慶が書いたと言われる額が、八幡宮参道の大鳥居に掲げられていると言います。」と、妙な言い回しで書かれていますが、実はその額は掲げられていません。
史跡看板散歩-198 若田ヶ原古戦場と若田八幡宮

8年前は、たしかに掲げられていたんです。→◇伝者繁栄
史跡看板散歩-198 若田ヶ原古戦場と若田八幡宮

どうしちゃったんでしょう。
「八幡八幡宮」にお聞きしたら、平成二十八年(2016)の鳥居改修の時に外し、八幡宮で保管しているとのことです。

レプリカでも掲げておけばいいのになぁ。


【若田ヶ原古戦場跡史跡看板】





同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-212 中里見の御嶽山
史跡看板散歩-211 中里見町光明寺の勝軍地蔵尊堂
史跡看板散歩-210 高浜の駒形神社
史跡看板散歩-209 下里見町の頼朝の腰掛け石
史跡看板散歩-208 下里見町仲通りの道祖神
史跡看板散歩-207 下里見中原の道標
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-212 中里見の御嶽山 (2020-10-18 07:17)
 史跡看板散歩-211 中里見町光明寺の勝軍地蔵尊堂 (2020-10-17 19:02)
 史跡看板散歩-210 高浜の駒形神社 (2020-10-16 17:02)
 史跡看板散歩-209 下里見町の頼朝の腰掛け石 (2020-10-11 07:27)
 史跡看板散歩-208 下里見町仲通りの道祖神 (2020-10-04 07:29)
 史跡看板散歩-207 下里見中原の道標 (2020-09-27 07:26)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
史跡看板散歩-198 若田ヶ原古戦場と若田八幡宮
    コメント(0)