高崎生まれの高崎育ち 迷道院高崎が高崎の歴史を知って 高崎を思ふ

2019年10月27日

史跡看板散歩-160 金古中宿の道祖神

金古小学校の南側の角に、石造物がいくつか建っています。
史跡看板散歩-160 金古中宿の道祖神

一番右に建っているのが、「道祖神」です。
史跡看板散歩-160 金古中宿の道祖神
史跡看板散歩-160 金古中宿の道祖神

天孫降臨型双体道祖神は、鎌倉街道を辿っている時、和田多中町で出会ったことがあります。
史跡看板散歩-160 金古中宿の道祖神
 ◇鎌倉街道探訪記(12)

天孫降臨の神話に登場する「天鈿女命」(あめの・うずめのみこと)は、なかなかにセクシーです。
史跡看板散歩-160 金古中宿の道祖神

天孫「邇邇芸命」(ににぎのみこと)が天降る時、天の八衢(あめの・やちまた:道がいくつもに分かれている所)に立って一行を待ち受けていたのが、「猿田彦命」(さるたひこのみこと)。
身長七尺(2.1m)、鼻長七咫(ななあた:1m?)、目はホウズキのように赤く照り輝いていたと言うのですから、これは怖い。

そこでセクシーな天鈿女命を使わして、何者かを訊き出すことにした訳です。
きっと一行を追い返そうと待ち受けてたに違いない猿田彦はその色気にすっかり毒気を抜かれ、「天津神の御子が天降りすると聞き先導のため迎えに来た。」などと、調子いいことを言う始末。

おそらく道案内の道中、猿田彦が口説いたのでしょう、二人は夫婦になったらしいです。
ところがその後、猿田彦比良夫貝(ひらふがい)に手を出して、挟まれて溺れ死んでしまったんだとか。
いやはや男というものは・・・。
(注:多分に迷道院の憶測が含まれております。)

ひとしきり写真を撮っていると、交通安全の腕章をした方がずっとこちらを見ているのに気が付きました。
道端に車を止めておいたので、てっきり叱られるのかなと思ったら・・・。
「これも珍しいと思うんだけど。」と、曲がり角の石を指さします。
史跡看板散歩-160 金古中宿の道祖神

「道しるべだよ。」
まったく気が付きませんでしたが、持っていた石筆でこすってみると、なるほど、文字が刻んであります。
史跡看板散歩-160 金古中宿の道祖神

珍しいことに、向かって前後左右の道案内が刻まれています。
  左 足門-上郊-長野
  右 箕輪縣道-前橋
  前 箕輪縣道-相馬
  後 三国縣道-東國分


時々こうやって、土地の人に教えられることがあります。
ありがとうございます。


【金古中宿の道祖神】





同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-163 引間の妙見様
史跡看板散歩-162 冷水の小祝様
史跡看板散歩-161 甲州稲荷大明神と稚産霊神
史跡看板散歩番外編 春の夜嵐お地蔵様
史跡看板散歩-159 土俵の八坂神社石宮
史跡看板散歩-158 土俵の庚申塔
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-163 引間の妙見様 (2019-11-17 07:13)
 史跡看板散歩-162 冷水の小祝様 (2019-11-10 07:25)
 史跡看板散歩-161 甲州稲荷大明神と稚産霊神 (2019-11-03 07:21)
 史跡看板散歩番外編 春の夜嵐お地蔵様 (2019-10-20 07:45)
 史跡看板散歩-159 土俵の八坂神社石宮 (2019-10-13 07:20)
 史跡看板散歩-158 土俵の庚申塔 (2019-10-06 07:48)

この記事へのコメント
前後左右の道案内の
道しるは、初めて知りました。
江戸時代は、心にゆとりがありましたら
こんな、道しるべが出来たのでしょうね。
多分?
Posted by wasada at 2019年11月01日 21:23
>wasadaさん

道しるべが置かれているということは、ここで道を間違う人も多かったということなんでしょうね。
今のように民家も多くなかったでしょうし、スマホでナビしてもらうこともできなかった訳で、道しるべは大切な情報だったのでしょう。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2019年11月02日 07:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
史跡看板散歩-160 金古中宿の道祖神
    コメント(2)