2019年09月15日

史跡看板散歩-155 中新田の秋葉様と石神群

生原の信号から西へ300mほど、箕郷東小学校入口の信号を南へ入ります。
史跡看板散歩-155 中新田の秋葉様と石神群

50mほど行くと、右側の一段高い所に石碑がいくつも建っているのが見えます。
史跡看板散歩-155 中新田の秋葉様と石神群

史跡看板は、その先。
史跡看板散歩-155 中新田の秋葉様と石神群
史跡看板散歩-155 中新田の秋葉様と石神群

ま、いろんなのが建ってまして。
史跡看板散歩-155 中新田の秋葉様と石神群

これが珍しいな、と思ったんですが。
史跡看板散歩-155 中新田の秋葉様と石神群
何だかよく分かりません。
偏平足さんのブログによると、「水雨天」「吹風天」秋葉山十二天の中の神様で、仏教の「水天」「風天」と同じだそうです。

「水天」(すいてん)は、
仏教における天部の一人で、須弥山の西に住んでいるとされる。十二天の一である。
水の神であり、竜を支配するとされる。もともとはインド=イランの古いアスラ族のヴァルナである。 諸ヴェーダにおいて、ヴァルナは重要な位置に置かれ、天空神・司法神(=契約と正義の神)・水神などの属性をもたされた。
東方ではブラフマン(梵天)に始源神としての地位を奪われており、さらに後には死者を裁くヤマ神に司法神としての地位を奪われ、水神としての属性のみが残った。
仏教に取り入れられた頃は、仏教における十二天の一つ、西方を守護する「水天」となった。」(Wikipedia)

「風天」(ふうてん)は、
十二天の一。もとインドの福徳・子孫・長生をもたらす神。のち仏教の守護神となり、西北を守る。
胎蔵界曼荼羅では赤色の身体に白鬚で、冠と甲冑をつけた老人の姿をとる。」(大辞林)

ということなんですが、それと「蚕神」との関係、「船入」(入船?)とは何か・・・、どうもよく分かりません。
隠居の思いつきですが、「農家にとって、雨も水も吹く風も、無ければ困るし過ぎても困る。お蚕さんもお天気次第。宝船に乗った神様が入って来ますように。」ってことなのかなぁ。

現場からは以上なんですが、前回同様なんか物足りません。
周辺を少しほっつき歩いてみました。

石神群から南へ350mほど行った四つ辻の手前に、何だか面白い形をした石碑が建っています。
史跡看板散歩-155 中新田の秋葉様と石神群

向こう側へ回ってみると、「痘瘡輕安 守護神」と彫られています。
史跡看板散歩-155 中新田の秋葉様と石神群

「痘瘡」(とうそう)というのは「天然痘」のこと、「輕(軽)安」(きょうあん)は「軽やかに安らぐ」ことですから、疫病が村に入って来るのを防ぐ道祖神賽の神のようなものなのでしょう。

その碑背を見て、ちょっとびっくりしました。
史跡看板散歩-155 中新田の秋葉様と石神群
「瑾亭道人書」とあります。
おそらく、あの「瑾亭先生」こと安中文瑛の書なんでしょう。
 ◇史跡看板散歩-137 瑾亭先生墓碣銘
 ◇史跡看板散歩-番外編 関叟庵
いやー、ここでお目に掛かれるとは。
安政五年(1858)の建立、名医・瑾亭先生らしい書ですね。

その四つ辻の足元に、道しるべがありました。
史跡看板散歩-155 中新田の秋葉様と石神群
風化して読めない文字もあるのですが、「左生原経しぶ川榛名山道」かな?
その反対側は、「左保渡田経長野六郷高崎」になってます。

さて、箕郷町の史跡看板はこれで巡り終わったようです。
次回からは、旧群馬町の方へ行ってみたいと思います。


【中新田の秋葉様と石神群】

【痘瘡軽安守護神碑】





同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-159 土俵の八坂神社石宮
史跡看板散歩-158 土俵の庚申塔
史跡看板散歩-157 神保雪居の碑
史跡看板散歩-156 金古町の行人塚と大ケヤキ
史跡看板散歩-154 生原の厳島神社
史跡看板散歩-153 今宮八幡宮
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-159 土俵の八坂神社石宮 (2019-10-13 07:20)
 史跡看板散歩-158 土俵の庚申塔 (2019-10-06 07:48)
 史跡看板散歩-157 神保雪居の碑 (2019-09-29 07:32)
 史跡看板散歩-156 金古町の行人塚と大ケヤキ (2019-09-22 07:24)
 史跡看板散歩-154 生原の厳島神社 (2019-09-08 07:04)
 史跡看板散歩-153 今宮八幡宮 (2019-09-01 07:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
史跡看板散歩-155 中新田の秋葉様と石神群
    コメント(0)