2019年03月31日

史跡看板散歩-135 井出野ヶ原の玉清水

浜川町の信号から箕郷方面へ約1km、北陸新幹線を潜る手前のセブン・イレブンの角を左に曲がります。
そして最初の四つ角を右に折れるとすぐ、「井出野ヶ原の玉清水」(行力町)があります。
史跡看板散歩-135 井出野ヶ原の玉清水

史跡看板は、フェンスに隠れるように建っています。
史跡看板散歩-135 井出野ヶ原の玉清水

在原業平(ありわらの・なりひら)が、「青木庄 井出野ヶ原の 玉清水」と言ったのが、「玉清水」という名の由来だというんですが、歌人の業平なら三十一文字で表しそうなものを、なぜか五・七・五です。

「青木」という地名は、平城(へいぜい)天皇の第一皇子・阿保(あぼ)親王に由来するそうです。
阿保親王は、承和元年(834)から四年(837)まで上野太守に任じられていましたが、任国巡遊の折にこの地で休憩したので、「阿保木」と称し、それが「青木」になったと言います。
(長野村誌)

その阿保親王の五男が在原業平ですから、親子で「玉清水」の由来にかかわっている訳ですね。

これが、現在の「玉清水」の池です。
史跡看板散歩-135 井出野ヶ原の玉清水

だいぶ水草が繁茂していますが、鯉たちにとっては住み心地がよさそうです。

看板の最後に石塔のことが書かれていますが、横から見ると池の鯉を狙ってる鳥のようにも見えます。
史跡看板散歩-135 井出野ヶ原の玉清水

ところで、平城天皇を祖とするのが、箕輪城主の長野業政(なりまさ)であると伝わっています。
史跡看板散歩-135 井出野ヶ原の玉清水

そしてその長野業政のご子孫が、「玉清水」の近くに住んでらっしゃいます。
園芸店「ナリヒラガーデン」のオーナー・長野正弘さんです。
史跡看板散歩-135 井出野ヶ原の玉清水

お店の中には、在原業平が祀られています。
史跡看板散歩-135 井出野ヶ原の玉清水
史跡看板散歩-135 井出野ヶ原の玉清水

質問してみました。
「お店の名前、ご先祖の中から業平(ナリヒラ)を選んだのは何故ですか?」
長野さんの答え。
「うちは園芸店として花を扱っていたんで、花の歌をたくさん詠んでいる業平にしたんだよ。」

あー、なるほど、合点がいきました。


【玉清水】





同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-214 丸山公園の庚申堂と弘法大師堂
史跡看板散歩-213 上里見町田中の道祖神
史跡看板散歩-212 中里見の御嶽山
史跡看板散歩-211 中里見町光明寺の勝軍地蔵尊堂
史跡看板散歩-210 高浜の駒形神社
史跡看板散歩-209 下里見町の頼朝の腰掛け石
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-214 丸山公園の庚申堂と弘法大師堂 (2021-01-10 08:09)
 史跡看板散歩-213 上里見町田中の道祖神 (2021-01-03 08:09)
 史跡看板散歩-212 中里見の御嶽山 (2020-10-18 07:17)
 史跡看板散歩-211 中里見町光明寺の勝軍地蔵尊堂 (2020-10-17 19:02)
 史跡看板散歩-210 高浜の駒形神社 (2020-10-16 17:02)
 史跡看板散歩-209 下里見町の頼朝の腰掛け石 (2020-10-11 07:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
史跡看板散歩-135 井出野ヶ原の玉清水
    コメント(0)