2019年02月03日

史跡看板散歩-127 上並榎の日枝神社

「天竜護国寺」のすぐ西隣に、「日枝神社」があります。
史跡看板散歩-127 上並榎の日枝神社

本殿の裏から入った形ですが、右手の小高くなった所にお稲荷さんが祀られています。
史跡看板散歩-127 上並榎の日枝神社

このお稲荷さんこそ、前回の記事で書いた「稲荷山古墳」墳頂に祀られていたものです。
経緯を刻んだ石板が建っています。
史跡看板散歩-127 上並榎の日枝神社

「日枝神社」社殿の正面に回ると、史跡看板がありました。
史跡看板散歩-127 上並榎の日枝神社
史跡看板散歩-127 上並榎の日枝神社

創建当時に本社(比叡山麓の「日吉大社」)から移植した、槐(えんじゅ)、菩提樹、公孫樹(いちょう)のことが書いてあります。
「並榎三木」と呼ばれていたそうですが、現在は「槐」のみ残っているとあります。
この大樹がそうです。
史跡看板散歩-127 上並榎の日枝神社

「公孫樹」は、昭和三十二年(1957)の台風の時、落雷によって倒れてしまったそうですが、「高崎の散歩道第八集」にこんな話が載っています。
三木の一つ、銀杏は、『山王様の大いちょう』といわれて、高崎随一の古木・大木・名木であった。
創建当時から数えて千百年を経た、目通り十メートル余、高さ数十メートルの大木であった。
根元から三メートルほどの所で幹が分岐し、そこに一メートル四方ほどの広場?ができていた。
ここは子供達の遊び場となったり、時には学校帰りのツッパリ高校生が数人車座になって、一服するという憩いの場でもあった。」

その在りし日の雄姿が、土屋喜英氏著「高崎漫歩」に残っていました。
史跡看板散歩-127 上並榎の日枝神社

無くなってしまって残念だなぁと思っていたら、実は、その切り株から子孫が幹を伸ばし始めているというのです。
「日枝神社」の隣にある、「榎保育園」の庭です。
史跡看板散歩-127 上並榎の日枝神社

そして、「並榎三木」のもうひとつ、「菩提樹」ですが。
残念なことに、そんな名木とは知らぬ土地所有者が邪魔になって伐り倒してしまったのだとか。
しかしその後、あらためて「日吉大社」から苗木を移植したそうで、これが今すくすくと育っています。
史跡看板散歩-127 上並榎の日枝神社

いつの日か、新しい「並榎三木」が大空に向かって聳え立つ日が来ることでしょう。
それまで、「槐」の古木には、まだまだ頑張ってもらわなければなりません。


【日枝神社】

【槐】

【公孫樹】

【菩提樹】





同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-216 下室田大福寺の庚申塔
史跡看板散歩-215 下室田の庚申山
史跡看板散歩-214 丸山公園の庚申堂と弘法大師堂
史跡看板散歩-213 上里見町田中の道祖神
史跡看板散歩-212 中里見の御嶽山
史跡看板散歩-211 中里見町光明寺の勝軍地蔵尊堂
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-216 下室田大福寺の庚申塔 (2021-01-24 06:54)
 史跡看板散歩-215 下室田の庚申山 (2021-01-17 08:09)
 史跡看板散歩-214 丸山公園の庚申堂と弘法大師堂 (2021-01-10 08:09)
 史跡看板散歩-213 上里見町田中の道祖神 (2021-01-03 08:09)
 史跡看板散歩-212 中里見の御嶽山 (2020-10-18 07:17)
 史跡看板散歩-211 中里見町光明寺の勝軍地蔵尊堂 (2020-10-17 19:02)

この記事へのコメント
以前、ここへ訪問して「並榎三木」がないことを残念に思っていたのです、まさか切り株から存命とは知りませんでした。再訪するときの楽しみが増えました。いつもブログの更新、楽しみにしております。
Posted by 南瓜  at 2019年02月03日 12:11
>南瓜さん

いつもご覧頂いてるとのこと、ありがとうございます。
励みになります。

「並榎三木」がかろうじて存続していること、私も嬉しい限りです。
スクスクと育つ二世の姿を、老槐がニコニコと見守っているように思えますね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2019年02月03日 20:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
史跡看板散歩-127 上並榎の日枝神社
    コメント(2)