2018年11月25日

史跡看板散歩-117 旧第二国立銀行と茂木銀行跡

普通に歩いていたら、まず気付かないと思います。


こんな奥まった所に建ってるんで。



明治三十年(1897)の地図で見ると2つの銀行はこんな位置関係で、史跡看板は「第二国立銀行」の跡に建っていることになります。


この二つの銀行開業に大きな力を果たしたのが、高崎出身の茂木惣兵衛(もぎ・そうべえ)です。
茂木氏は横浜在住ながら、高崎最初の図書館設立や八幡八幡宮の「唐銅燈籠」寄進など、高崎発展のための援助を惜しみなく施した人物です。

しかし不思議なことに、というか残念なことに、そのことを知る高崎市民はあまり多くなさそうです。

高崎にはありませんが、遠く熱海の梅園には茂木氏の功績を称える大きな顕彰碑が建っています。
過去記事「惣兵衛の梅」で、茂木惣兵衛という人物の人となりを知って頂けたら嬉しいです。

看板には「横浜興信銀行」の写真が載っていますが、その前身「茂木銀行」の姿が明治三十三年(1900)発行の「高崎市街商家案内寿語録(すごろく)」に描かれています。


絵の右端に描かれている茶色のレンガ塀(着色は迷道院)は、現在常盤町「山田文庫」に移築され現存しています。


移築された経緯ははっきりしませんが、「第二国立銀行」「茂木銀行」の歴史を見ると、何となく分かってきます。
過去記事「和風図書館と茂木銀行」をご覧ください。

そしてこれは余談ですが、高崎には茂木惣兵衛が経営していた製糸所もあったんです。
  ◇高崎の絹遺跡(第三話)

高崎の偉人として、もっと知られてよい人物ではないでしょうか。


【旧第二国立銀行と茂木銀行跡の史跡看板】





同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-120 江木町の薬師如来
史跡看板散歩-119 飯玉町の天王さまと道祖神
史跡看板散歩-118 雀宮神社
号外!連雀町の百年写真展開催中!
史跡看板散歩-116 赤坂町十一面観世音
史跡看板散歩-115 六社稲荷
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-120 江木町の薬師如来 (2018-12-16 07:28)
 史跡看板散歩-119 飯玉町の天王さまと道祖神 (2018-12-09 07:38)
 史跡看板散歩-118 雀宮神社 (2018-12-02 07:45)
 号外!連雀町の百年写真展開催中! (2018-11-20 15:26)
 史跡看板散歩-116 赤坂町十一面観世音 (2018-11-18 07:37)
 史跡看板散歩-115 六社稲荷 (2018-11-11 06:50)

この記事へのコメント
過去記事「和風図書館と茂木銀行」に行ったら、捨子さんのブログに行くことができました。息子さんが引き継がれていて、捨子さん、幸せですね。
Posted by いちじん  at 2018年11月25日 23:30
>いちじんさん

そうなんですよ。
捨蚕さんも旅先で喜んでると思います。

ところで、先日の高崎城押し出しで慈光通りの横浜銀行の前を通りましたが、ここが五万石騒動で炊き出しをしてくれた関根作右衛門の屋敷跡ですよね。
茂木銀行の歴史も五万石騒動とつながりがあるんですね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2018年11月26日 07:35
随分分かりにくい場所ですが、写真入りでわかりやすい史跡看板ですね。

惣兵衛さんは営業利益を各方面にさかんに寄附したそうですが、最近話題のあの人はどうだったのか気になります。
Posted by 風子風子  at 2018年11月26日 16:27
>風子さん

そうですね。
写真があると、昔の姿を見られていいですよね。

あー、最近話題の人ねぇ。

〽好きなのは 明けの鐘(あげる金)より 暮の鐘(くれる金)

ゴーン ゴーン・・・。

ってとこですかね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2018年11月26日 20:23
安国寺から西に60メートルの横浜銀行の所に関根作衛門の屋敷があったのですか!知りませんでした。
ゴーン is gone.
Posted by いちじん  at 2018年11月27日 00:16
>いちじんさん

そうなんですよ。
高崎市長だった関根作三郎が住んでました。
なので、横浜銀行前の押し出し再現写真も撮っておきました。

ゴーン is gone.
なるほど。
Gone With the WindならぬGone With the Moneyですね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2018年11月27日 12:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
史跡看板散歩-117 旧第二国立銀行と茂木銀行跡
    コメント(6)