2018年11月11日

史跡看板散歩-115 六社稲荷

常盤町の信号を西へ15mほど行くと、左へ斜めに入る細い道があります。
60mほど行くと児童公園があり、その一角にあるのが「六社稲荷」です。




史跡看板は2つ建っていて、その1つからは町を愛する思いと願いが伝わってきます。



「六社稲荷」奉賛会の会長は、中村染工場の先代の社長なんですね。

ところで、この近くには「五社稲荷」というのもあるんです。


場所は「高崎神社」境内の北の端、美保大国神社の前。

「五社稲荷」については、田島武夫氏著「高崎の名所と伝説」にこんな話が載っています。
田町に清水関八という人がいた。
それは明治十四年(1881)十月なかばのことだった。
町を歩いていて現金七百円とその他金券などをなくした。
清水関八は五社稲荷さまの信仰者だったので、その金品が出るかどうか、神狐におうかがいを立てた。
『その紛失品は七日間に得させよう。そのかわり、われをこの地に勧請せられよ。』というのが、神のお告げだった。
関八はこれを拝承した。
はたせるかな、その金品は柳川町のある人の庭内で見つかった。
霊験まことにあらたかのことだった。
そこで関八は一社一窟を設け、社守を置こうとしたが、あらたに一社を創建することは許されなかった。
しかしそれでは神様との約束にそむくことになるので、どうしたらよいか、熊野神社(いまの高崎神社)の神主高井東一にはかり熊野神社に移転した上和田稲荷神社を中心に五社稲荷を合祀した。」

民間信仰トップの座を占めるお稲荷さんは、どこの町にもあっていつも庶民とともにあります。
世情混沌とする今こそ、大切にしたい神様のように思えます。

【六社稲荷】

【五社稲荷】





同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-120 江木町の薬師如来
史跡看板散歩-119 飯玉町の天王さまと道祖神
史跡看板散歩-118 雀宮神社
史跡看板散歩-117 旧第二国立銀行と茂木銀行跡
号外!連雀町の百年写真展開催中!
史跡看板散歩-116 赤坂町十一面観世音
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-120 江木町の薬師如来 (2018-12-16 07:28)
 史跡看板散歩-119 飯玉町の天王さまと道祖神 (2018-12-09 07:38)
 史跡看板散歩-118 雀宮神社 (2018-12-02 07:45)
 史跡看板散歩-117 旧第二国立銀行と茂木銀行跡 (2018-11-25 08:11)
 号外!連雀町の百年写真展開催中! (2018-11-20 15:26)
 史跡看板散歩-116 赤坂町十一面観世音 (2018-11-18 07:37)

この記事へのコメント
お稲荷さんについての案内看板が2つもあるなんて、町内の方々の協力など分かりやすくて随分親切ですね。
高崎神社の五社稲荷、行けば必ずお詣りしますが、謂れがわかってよかったです。
Posted by 風子風子  at 2018年11月12日 08:51
>風子さん

あ、五社稲荷ご存知でしたか。

私は、子どもの頃すぐ近くに住んでいたので、高崎神社は日々の遊び場でした。
当時、「石鬼」という鬼ごっこ遊びがあって、石の上しか逃げられないというので、五社稲荷の岩によく上ってました。
誰にも叱られない、いい時代でした。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2018年11月12日 19:00
小学生の頃は、12月1日に屋敷祭りをしていました。家の北西の隅に父が藁で新しくお稲荷さんの社を作り、赤飯や魚や油揚げをお供えして、家内安全を祈りました。そして、子供たちは供えた魚を下げに(頂きに)近所中のお稲荷さんの社を回ったものでした。
今でも、やっているお宅もあるようですが・・・
Posted by いちじん  at 2018年11月13日 00:07
>いちじんさん

やはり伝統のある家は、そうやってきちんと屋敷稲荷のお祭りをしてるんですね。
五社稲荷を踏んづけて鬼ごっこしてる餓鬼とは、えらい違いです(^.^)
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2018年11月13日 07:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
史跡看板散歩-115 六社稲荷
    コメント(4)