2018年07月29日

史跡看板散歩-102 八王子神社

吉井小学校北側の道を吉井西中学校に向かって400mほど行くと、右に「魚健」左に「花広場」のある小さな交差点があります。
史跡看板散歩-102 八王子神社

その交差点を左(南)へ入って50mほど行った所に、「八王子神社」が祀られています。
史跡看板散歩-102 八王子神社
史跡看板散歩-102 八王子神社

「八王子」とは、「天照大神(アマテラスオオミカミ)と素戔嗚尊(スサノオノミコト)が誓約(うけい)した時に生まれた五男神と宗像三女神」のことと看板に書かれていますが、もう少し説明を加えましょう。

黄泉の国から逃げ帰ってきた「伊弉諾神」(イザナギノミコト)は、穢れた身体を清めるために禊(みそぎ)をします。
その時、左目から生まれたのが「天照大神」、右目から生まれたのが「月夜見尊」(ツクヨミノミコト)、鼻から生まれたのが「素戔嗚尊」です。

イザナギは、アマテラスに天を、ツクヨミに海を、スサノオに地を治めるように命じます。
ところがスサノオはそれを嫌がり、母・イザナミの居る「根の国」へ行きたいと大声で泣きわめきます。

「どこへでも行ってしまえ!」と追い払われたスサノオは、高天原のアマテラスに別れの挨拶に行きますが、アマテラスは自分の国を奪いに来たに違いないと考え、戦闘準備をして迎えます。

そこでスサノオアマテラスに、そんな異心はないという誓約(うけい)を交わす訳です。
その証として「もし私が女神を生んだら異心があり、男神を生んだら異心はない」と。

スサノオが、アマテラスの身に着けていた玉を噛み砕いて吹き出すと、五柱の男神が生まれました。
アマテラスも、スサノオが腰に帯びていた剣を噛み砕いて吹き出すと、三柱の女神が生まれたので、スサノオへの疑いを解いた。
・・・という話です。(異なる説話もあり)

八王子つまり八柱の神は八方の方位を司るとして、疫病や災厄が村に入って来るのを防ぐ「塞の神」(さいのかみ)として信仰されたようですが、この地域では失せ物を探し出す力も高かったんですね。

さて、吉井町にはいたる所に城館跡があるのですが、ここにも「塩川の砦」というのがあったようです。
史跡看板散歩-102 八王子神社

「中世吉井の城館跡」によれば、「軍事的に見て平地にあり、わずかな崖端を利用して構築した城であり、居館の趣が強い。」とありますが、「塩川城は全壊しており、城跡にかかわる遺構を発見することは困難である。」ということです。
永禄六年(1563)の武田信玄侵攻に対し、塩川城主・菅沼大善之孝は激しく抵抗したが落城した、と「箕輪軍記」に記されているようです。

図の中央、「平館」とある所には、いま黒澤家の立派な屋敷が建っています。
史跡看板散歩-102 八王子神社

もっと気になったのが、左上にある「玉子湯」です。
黒澤家の相向いの方にお聞きしてみると、子どもの頃はよく行ってたよ、と仰います。
もうだいぶ前から営業してないけど、建物はまだ残っているといいます。

行ってみると、何となくこれかなぁという建物がありました。
史跡看板散歩-102 八王子神社

今は空き家になっているらしく、しばらく建物の周りをウロウロしていると、怪しい奴と思われたのでしょう、隣の家の方が出てきました。
いや、実は・・・と訳を話すと、たしかにこの建物が「玉子湯」だと教えて下さいました。

それどころか、この方、「玉子湯」オーナーのお孫さんだったんです。
いや、これは大変失礼しましたとお詫びをしましたが、そのあと、いろいろとお話を伺うことができました。

お話によると、この建物の一階に見える所は実は二階で、その下に川に面した一階部分があるんだそうです。
川の対岸から撮ってみましたが、木に覆われていてよく分かりません。
史跡看板散歩-102 八王子神社

この建物は湯客のための休憩棟で、浴場は現在住居になっている所にあり、渡り廊下で浴場と休憩所を行き来してたそうです。
川から汲み上げた鉱泉は休憩棟内のボイラーで加熱し、パイプで浴場へ送っていたとか。
史跡看板散歩-102 八王子神社

不思議なことに、ここの鉱泉は塩分を含んでいたそうで、きっとツルツルの玉子肌になるので「玉子湯」だったのでしょう。
40年ほど前に営業を終え、いまは鉱泉も枯れてしまっているそうです。

そういえば、ここの地名は「塩川」でした。
それに、「玉子」は、「王子」によく似ています。

「八王子神社」「玉子湯」「塩川」と、なんだか三題噺の趣きが・・・。
はい、お後がよろしいようで。


【八王子神社】


【玉子湯跡】






同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-177 白川神社と白川砦跡
史跡看板散歩-176 金剛寺の顔切り薬師
史跡看板散歩-175 中泉の旧三国街道
史跡看板散歩-174 中泉の医光寺
史跡看板散歩-173 中泉八幡宮
番外編 金古町の大ケヤキ
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-177 白川神社と白川砦跡 (2020-02-23 07:26)
 史跡看板散歩-176 金剛寺の顔切り薬師 (2020-02-16 07:22)
 史跡看板散歩-175 中泉の旧三国街道 (2020-02-09 07:31)
 史跡看板散歩-174 中泉の医光寺 (2020-02-02 07:26)
 史跡看板散歩-173 中泉八幡宮 (2020-01-26 07:30)
 番外編 金古町の大ケヤキ (2020-01-23 07:25)

この記事へのコメント
お久しぶりです。玉子湯懐かしいです。あそこは鉱泉だったのですね。どおりで川の崖の一部が茶色に変色していましたね。50年前の面影もうろ覚えですが貴重な写真ありがとうございます。
Posted by よよよい  at 2020年01月27日 22:52
>よよよいさん

そうですね、随分とお久しぶりでした(^.^)

玉子湯、ご存じだったんですね。
私はこの記事を書くにあたって、初めて知りました。
入ってみたかったです。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2020年01月28日 11:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
史跡看板散歩-102 八王子神社
    コメント(2)