2018年07月23日

号外! 長野堰用水から見た高崎展

とにかく素晴らしいので、ぜひ行ってみてください!


企画展を開くたびに、新しい視点と深い洞察、それを分かりやすい展示で示してくれる「長野堰を語りつぐ会」のみなさんですが、今回もまたやってくれました。

目玉のひとつは、「昔の測量方法」の解説模型です。


なんでも、毎回展示会をするたびに、「昔、長野堰を造れるほどの測量技術があったのか。」という質問を受けるので、文献を調べ、模型を作って、自分自身が確信できるまでに至ったということです。

もうひとつの目玉は、「頼政神社例大祭絵巻」のジオラマです。


新編高崎市史の小さな口絵写真をもとに、立体的なジオラマを作ったこともすごいことですが、その作業の中で高崎の殿様と庶民の関係、高崎の大火との関係、現在の「高崎まつり」の意義にまで及ぶ、深い洞察力にも驚かされます。

その他、高崎の歴史を多様な視点でまとめた写真年表など、見どころ満載の企画展です。
ぜひ、高崎シティギャラリーへ行ってみてください。
行かないと、損しますよ。

明日、7月24日(火)午後5時までです。


同じカテゴリー(◆高崎雑感)の記事画像
号外!歴民企画展「高崎人まつりの記録」
号外!連雀町の百年写真展開催中!
号外!お茶の水村園で秤の展示会開催!
号外! 歴民企画展「製麵機」
不幸だった道標 「國道九號線」
号外!歴民企画展「長野堰用水」
同じカテゴリー(◆高崎雑感)の記事
 号外!歴民企画展「高崎人まつりの記録」 (2018-11-22 11:55)
 号外!連雀町の百年写真展開催中! (2018-11-20 15:26)
 号外!お茶の水村園で秤の展示会開催! (2018-10-30 07:32)
 号外! 歴民企画展「製麵機」 (2017-11-15 08:50)
 不幸だった道標 「國道九號線」 (2017-10-22 07:31)
 号外!歴民企画展「長野堰用水」 (2017-05-10 17:42)

この記事へのコメント
お出でいただいたのですね。
この企画のリーダーN君以下I君、N君そしてK君と同学年の私です。説明役の一端を担うべく、会場に何時間か詰めています。もっとも4人がほとんど説明の主体となるので、我々は同窓会のノリでじじばば達とのお喋りに興じているのが正直なところですが。
でも催し物は賑やかでないと盛り上がりに欠けます。それなりの役割は果たしているのでしょうか・・・
Posted by toboketaG  at 2018年07月23日 17:26
>toboketaGさん

もっと早く行って、ブログで紹介すればよかったと後悔してます。
土日はきっとごった返していると思って、避けたのが失敗でした。

「長野堰を語りつぐ会」の皆さんの、前向きな姿とチームワークの良さには、もう脱帽です。
これからも益々のご活躍をお祈りいたしております。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2018年07月23日 17:45
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
号外! 長野堰用水から見た高崎展
    コメント(2)