2018年05月06日

史跡看板散歩-91 新町宿高札場跡

「ハラダのラスク」発祥の中山道店の斜向かいに、同店の駐車場がありますが、そこに「高札場跡」の史跡看板が建っています。
史跡看板散歩-91 新町宿高札場跡
史跡看板散歩-91 新町宿高札場跡

看板に「高札場」の写真が載っていますが、これは新町宿のものではなさそうです。
たぶん、信州・追分宿のものだと思うのですが、注釈を付けておかないとまずいのではないでしょうか。

史跡看板が建てられる前にも、「高札場跡」を示す標柱は建っていたのですが、民家の敷地内でした。
史跡看板散歩-91 新町宿高札場跡

その標柱もあたらしくなっていますが、前あった標柱には高札場の大きさが、
 高さ一丈二尺(約4m)
 長さ三間(約5.5m)
 巾一間(約2m)
と記載されています。
追分宿の高札場は、
 高さ九尺(約2.7m)
 長さ九尺(約2.7m)
 巾一間(約1.8m)
だそうですから、
新町宿のはけっこう大きかったんですね。

「中山道分間延絵図」に、新町宿「高札場」が描かれています。
史跡看板散歩-91 新町宿高札場跡

「高札場」の左側(倉賀野側)が「落合新町」、右側(本庄側)が「笛木新町」です。

もともと、この両町は「落合村」「笛木村」という独立した村でしたが、慶安四年(1651)に両村が伝馬役を命ぜられて宿場として成立し、「新町」とか「新宿」とか呼ばれたようで、正式に「新町宿」となったのは元文年間(1736~41)だそうです。(日本歴史地名体系)

中山道の整備が終わったのは慶長九年(1604)頃と言われますから、「新町宿」はまさに「新しい宿場」ということになります。

その「新町」が、古き宿場の面影を残していて、街道歩きを楽しむ人の姿が絶えない町になっているのは、嬉しいことです。


【高札場跡】







同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-216 下室田大福寺の庚申塔
史跡看板散歩-215 下室田の庚申山
史跡看板散歩-214 丸山公園の庚申堂と弘法大師堂
史跡看板散歩-213 上里見町田中の道祖神
史跡看板散歩-212 中里見の御嶽山
史跡看板散歩-211 中里見町光明寺の勝軍地蔵尊堂
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-216 下室田大福寺の庚申塔 (2021-01-24 06:54)
 史跡看板散歩-215 下室田の庚申山 (2021-01-17 08:09)
 史跡看板散歩-214 丸山公園の庚申堂と弘法大師堂 (2021-01-10 08:09)
 史跡看板散歩-213 上里見町田中の道祖神 (2021-01-03 08:09)
 史跡看板散歩-212 中里見の御嶽山 (2020-10-18 07:17)
 史跡看板散歩-211 中里見町光明寺の勝軍地蔵尊堂 (2020-10-17 19:02)

この記事へのコメント
板鼻宿では、皇女和宮資料館に本物の高札が展示されていますが、人目を引くということでは、できれば屋根付きの高札場を復元設置したいものです。
Posted by 風子風子  at 2018年05月19日 15:18
>風子さん

あ、そうでしたね。
資料館の高札、見たことあります。
高札場の復元ができたらいいですよね。

高崎では、倉賀野に一応復元(?)されてて、新町は今回書いたように看板・標柱で示されてるんですが、残念なことに高崎宿の高札場跡は何の表示もありません。
どうにかしたいものです。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2018年05月19日 20:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
史跡看板散歩-91 新町宿高札場跡
    コメント(2)