2018年02月11日

史跡看板散歩-80 小祝神社

知らない人には、ちょっと読めない「小祝神社」(おぼりじんじゃ)。
高崎の人は、親しみを込めて「おぼりさま」と呼びます。
史跡看板散歩-80 小祝神社

史跡看板は、鳥居を潜った先に建っています。
史跡看板散歩-80 小祝神社
史跡看板散歩-80 小祝神社

なぜ「小祝」と書いて「おぼり」と読むのか。
「小祝神社」の公式HPによると、
「延長五年(九二七年)成立の「延喜式」神名帳では上野国片岡郡に「小祝神社」と記載され、式内社に列している。尚、同帳では当時の読みとして「オハフリ」と振られている。「ハフリ」は、神に人間の言葉を告げることをいい、転じて神祇官の役職名になった。」
と記載されています。

明治四十五年(大正元年1912)発行「明治神社誌料 府県郷社 上」にも、「小祝」「オハフリノ」と仮名が振ってあります。
史跡看板散歩-80 小祝神社

昭和十六年(1941)発行「神道大辞典」では、「ハフリ」についてこう書かれています。
往古、神社に奉仕して、祭祀に從事した神職の一。(略)
其の語義に關しては、或は「ハラフ」の義なりとも、或は「ハ」は「羽」で、衣の袖を振り神前に舞を奏したるより起こるとも、また匍匐在(はふり)とて神前にはひ侍ふ意であるとも稱する。(略)
また『日本書紀』神功皇后の巻に、紀伊國小竹社の祝、天野社の祝などと記してゐるより見れば、當時已(すで)に神を祀るものを指して、祝と稱してゐたのであらう。」

じゃ、その前についている「小」「オ」は何なんでしょう。
同辞典によると、信濃の諏訪神社の神職には「大祝」「權祝」「擬祝」「副祝」という位があったということなので、「小祝」というのも位の一つなのかも知れません。

「ハフリ」は音では「ホウリ」なので、「オホウリ」「オホリ」「オボリ」となったのでしょう。

祭神は、「少彦名命」(すくなひこなのみこと)。
(看板には「少彦名命(すくなひこのみこと)」とありますが、誤りでしょう。)

この神様、実に特異な神様でして。
「古事記」によると、「大国主命」が出雲の御大(みほ)の岬にいると、波に乗って近づいて来たといいます。
史跡看板散歩-80 小祝神社

とにかく体の小さい神様で、お父さんの「神産巣日神」(かみむすびのかみ)の指の間から漏れ落ちてしまったというんですから。
その体の小ささから、一寸法師のモデルではないかとか、アイヌの神様・コロボックルではないかとか言われています。
もしかして、その小さな神様を祀っているので「小祝神社」

ブログ駆け出しの頃、とんでもない妄想記事を書いています。
  ◇コロボックルは高崎にいた

正徳年間(1711~1715)に高崎城主・間部詮房(まなべ・あきふさ)によって造営されたという社殿、なかなか見事なものです。
史跡看板散歩-80 小祝神社史跡看板散歩-80 小祝神社
史跡看板散歩-80 小祝神社史跡看板散歩-80 小祝神社
史跡看板散歩-80 小祝神社

新しい史跡看板には書いてないのですが、古い史跡看板には境内に「芭蕉句碑」があると書いてあります。
史跡看板散歩-80 小祝神社

どこにあるのか探し廻りましたが、燈台下暗し、看板の真下に隠れてました。
史跡看板散歩-80 小祝神社

面白いところでは、「小祝神社甚句」という看板もあります。
史跡看板散歩-80 小祝神社

相撲甚句で「小祝神社」のことを唄いあげています。
因みに「相撲甚句」「都々逸」と同じ、七七七五でできています。
合いの手まで書き込まれているので分かりにくいですが、七七七五で味わってみて下さい。

面白い神社です。


【小祝神社】






同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-176 金剛寺の顔切り薬師
史跡看板散歩-175 中泉の旧三国街道
史跡看板散歩-174 中泉の医光寺
史跡看板散歩-173 中泉八幡宮
番外編 金古町の大ケヤキ
史跡看板散歩-172 棟高の胸形神社
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-176 金剛寺の顔切り薬師 (2020-02-16 07:22)
 史跡看板散歩-175 中泉の旧三国街道 (2020-02-09 07:31)
 史跡看板散歩-174 中泉の医光寺 (2020-02-02 07:26)
 史跡看板散歩-173 中泉八幡宮 (2020-01-26 07:30)
 番外編 金古町の大ケヤキ (2020-01-23 07:25)
 史跡看板散歩-172 棟高の胸形神社 (2020-01-19 07:33)

この記事へのコメント
倭系の立派な神社ですね。
辛科神社とは、趣の異なる神社で
由緒が正しいですね。
Posted by wasada49  at 2018年02月12日 07:16
>wasada49さん

はい、小さいながら由緒ある立派な神社です。
一時、荒廃した時期もあるのですが、別当寺の石昌寺が高崎藩に再建を願い出て、今に続いています。
石昌寺については、次回記事にする予定です。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2018年02月12日 09:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
史跡看板散歩-80 小祝神社
    コメント(2)