2018年02月04日

史跡看板散歩-79 聖石

「聖石町」「石原児童公園」に建っている、「聖石」の史跡看板。


ここからは「聖石」はおろか、「烏川」さえ見ることができません。
なぜここにしたのかなぁ。



「聖石町」にあるのに「石原児童公園」というのも妙な感じですが・・・。

「聖石町」は昭和五十年(1975)、「片岡町」「八千代町」とともにできた比較的新しい町で、もともとは「石原町」という大きな町でした。



町名は、もちろん「烏川」の中州にある「聖石」に由来しますが、昔から字名として「聖石」と呼ばれた地域がありました。


どうしてもこの場所に史跡看板を建てたかったのならば、「聖石町の由来」にした方が良かったように思います。

とはいえ看板にもあるように、「聖石」「烏川三石」のひとつですから、ぜひとも欲しい史跡看板ではあります。
どこに設置すべきかと言えば、それはもちろん「聖石」が見える場所であるべきです。

(下が北です)
さて、みなさんならどこへ建てたいでしょう。

私なら絶対ここ、「聖石橋」東詰めの下流側欄干です。
ここなら「聖石」も見えますし、歩行者が信号待ちの間に読んでくれるであろう、絶好のポイントだと思うのです。


ただ、ちょっと残念なこともありまして・・・。
それについては、6年前の記事でご覧下さい。
   ◇鎌倉街道探訪記(21)

この際ですからどうでしょう、欄干の御影石に、「聖石橋」という文字と「その命名由来」を追刻して頂く訳にはいきませんでしょうかねぇ。


【聖石の史跡看板】

【聖石】





同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-88 高瀬屋跡
史跡看板散歩-番外編 小判供養塔
史跡看板散歩-87 新町宿小林本陣跡
史跡看板散歩-86 弁天島の芭蕉句碑
史跡看板散歩-85 木部駿河守範虎廟所
史跡看板散歩-84 お染の墓
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-88 高瀬屋跡 (2018-04-15 07:45)
 史跡看板散歩-番外編 小判供養塔 (2018-04-08 07:30)
 史跡看板散歩-87 新町宿小林本陣跡 (2018-04-01 07:28)
 史跡看板散歩-86 弁天島の芭蕉句碑 (2018-03-25 07:22)
 史跡看板散歩-85 木部駿河守範虎廟所 (2018-03-18 07:37)
 史跡看板散歩-84 お染の墓 (2018-03-11 09:21)

この記事へのコメント
ご提案に賛成です。
ぜひ移転を含め、可能性を探りたいですね。
Posted by 清水一也  at 2018年02月04日 10:36
>清水一也様

ご賛同、ありがとうございます!
皆さんに知ってほしい名所旧跡なんですから、もう一歩踏み込んで、魂を入れてやりたいですよね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2018年02月04日 16:31
御役所仕事のてんけいですね。
歴史、地域の意見は殆ど考慮せずに
史跡看板を設置すれば、仕事になるだけで
歴史的価値は、関係ない様です。
史跡看板は、堤防の上に設置すれば
市民がゆっくり見られるとが?
Posted by wasada49  at 2018年02月05日 07:18
>wasada49さん

私よりも手厳しいですね(^.^)

普通は堤防の上がいいんでしょうが、ここに限っては具合が悪いんです。
左岸の堤防は国道で車がビュンビュン走ってますし、右岸の堤防からは聖石が見えないので。

看板設置には、いろいろな制約条件があるのでしょうが、もう少し熱意をもって踏み込んだ交渉をしてほしいなと思うんですね。
目的が達成できなければ、何にもなりませんのでね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2018年02月05日 18:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
史跡看板散歩-79 聖石
    コメント(4)