2017年06月18日

史跡看板散歩-49 安楽寺

倉賀野町「安楽寺」です。



「安楽寺」は、古墳の南半球部を崩して創られたお寺のようです。


「新編高崎市史 資料編1」によると、古墳は7世紀末頃のものだそうです。
古墳の石室内壁には、有名な「七仏薬師」が彫られていて、その様式は鎌倉時代末期のものと推定されています。


史跡看板には、「鼠供養塔」「倉賀野八景奉納額」「板碑」と、3つも書かれています。


この「安楽寺」には貴重なもの面白いものが沢山あるので、「3つしか書かれていない」という言い方のほうが正しいかも知れません。
このブログでも、8年前、4回に分けて書いているくらいです。

面倒かも知れませんが、ぼちぼちとご覧頂けたら嬉しいです。
   ◇穴薬師
   ◇大願成就
   ◇倉賀野八景
   ◇みんなまとめて安楽寺

ということで、今回はこの辺で。


【安楽寺】






同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-番外編 富岡の小野小町(2)
史跡看板散歩-番外編 富岡の小野小町(1)
史跡看板散歩-111 小野小町の休み石
史跡看板散歩-110 舟石と住吉神社
史跡看板散歩-109 頌徳三碑
史跡看板散歩-108 辛科神社禊殿
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-番外編 富岡の小野小町(2) (2018-10-14 08:23)
 史跡看板散歩-番外編 富岡の小野小町(1) (2018-10-07 07:16)
 史跡看板散歩-111 小野小町の休み石 (2018-09-30 07:21)
 史跡看板散歩-110 舟石と住吉神社 (2018-09-23 07:17)
 史跡看板散歩-109 頌徳三碑 (2018-09-16 06:58)
 史跡看板散歩-108 辛科神社禊殿 (2018-09-09 07:25)

この記事へのコメント
「鼠供養塔」ですって、おもしろい!
神社などでよく筆供養や針供養などの供養塔を
見ますが、困りものの鼠を供養したなんて、
江戸時代の人はやさしいのか、祟りが怖かったのか・・・ねぇ。
Posted by 風子  at 2017年06月23日 15:09
>風子さん

崇りが怖かったんでしょうねぇ、きっと。
高野山には、「フグ供養塔」とか「しろあり供養塔」なんてのがありましたけど。
外国にはあるんですかね、こんなの。
いかにも日本人らしい感性だと思います。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2017年06月23日 19:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
史跡看板散歩-49 安楽寺
    コメント(2)