2017年05月14日

史跡看板散歩-44 太天神天満宮

上佐野町の「太天神天満宮」(だいてんじん・てんまんぐう)です。




「太天神天満宮」とありますが、「上野国神社明細帳」では「菅原神社」となっています。
たしかに、社殿の中を覗くと「菅原神社」と書かれた額や長持があります。



「佐野村郷土誌」には、こう書かれています。
菅原神社ノ地ハ・・・面積五百十坪ニシテ 本村ノ乾ニアリ
菅原道真公 先時神号ヲ天満天神宮ト称セシガ 明治元年九月菅原神社ト改メ 無格社ニ列セラル」

ということで、もとは「天満天神宮」と呼んでいたが、明治元年(1868)に「菅原神社」と改めたという訳ですね。
でも、ここの字名は「天神前」ですから、地域の人はずっと「天神様」と呼んでいたのでしょう。


鳥居には立派な石造りの額が掛けられています。


裏面の年が一部欠損していますが、かろうじて「宝暦・・・丑歳」と読めます。
とすれば、宝暦七年(1757)丁丑(ひのと・うし)歳で、江戸中期に奉納された鳥居ということになります。
新町(あら町)の人たちが奉納したんですね。

看板の後半に書かれている「馬頭観世音の石塔」は、これです。


以前は隣りに「秩父巡礼の道しるべ」という木柱が建っていたのですが、根元が腐ってしまったのか、史跡看板が出来て役目を終えたのか、境内の裏に放り出されていました。


昔、この天満宮前の道は「天神沢」と呼ばれ、佐野窪へ下り、烏川を渡って根小屋・山名へ通ずる重要な道だったそうで、鎌倉へ行くにも秩父へ行くにも、この道を下りて行ったのでしょう。

「太天神天満宮」まで来たら、ぜひその道を少し先まで行ってみて下さい。
道の左側に、面白いお地蔵様が祀られていますので。


文字通り、「面白い」でしょう?
「おしろい地蔵」と呼ばれているそうです。

実は、7年前に高崎鎌倉街道を探訪したことがあって、この辺も来ています。
その時の記事に、「おしろい地蔵」のことも書いてありますので、よかったらご覧ください。
では、今日はここまでに。


【太天神天満宮】


【おしろい地蔵】






同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-120 江木町の薬師如来
史跡看板散歩-119 飯玉町の天王さまと道祖神
史跡看板散歩-118 雀宮神社
史跡看板散歩-117 旧第二国立銀行と茂木銀行跡
号外!連雀町の百年写真展開催中!
史跡看板散歩-116 赤坂町十一面観世音
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-120 江木町の薬師如来 (2018-12-16 07:28)
 史跡看板散歩-119 飯玉町の天王さまと道祖神 (2018-12-09 07:38)
 史跡看板散歩-118 雀宮神社 (2018-12-02 07:45)
 史跡看板散歩-117 旧第二国立銀行と茂木銀行跡 (2018-11-25 08:11)
 号外!連雀町の百年写真展開催中! (2018-11-20 15:26)
 史跡看板散歩-116 赤坂町十一面観世音 (2018-11-18 07:37)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
史跡看板散歩-44 太天神天満宮
    コメント(0)