2009年03月14日

どきっ!

ここは、人を化かす「ムジナ」がいたり、その名も怖い「幽霊石」があるという、倉賀野町の「永泉寺」

「永泉寺のムジナ」という話は、高崎の伝説の中では割合有名である。

いくつかのバリエーションがあるが、おおよそこんな話だ。

~……~……~……~……~……~……~……~……~

明治の初め、永泉寺の裏に高崎-上野間の鉄道が開通した。
永泉寺の庭に住んでいたムジナの一家は、昼となく夜となく轟音をあげて通過する列車の音に悩まされるようになった。

ところが、この頃から機関士の間で不思議な噂が流れるようになる。
夜行列車が永泉寺の近くまでさしかかると、前方から同じレール上をこちらに向かって爆進してくる機関車がある。
驚いた機関士が急ブレーキをかけて停止すると、前方の機関車は影も形も消えてしまうというのだ。

そんなことが続いたある晩、宿場の病院に永泉寺の提灯をぶら下げた小僧さんがやってきた。
「永泉寺の者ですが、今、和尚さんが手を怪我したので、傷薬をください。」と言う。
看護婦さんは傷薬を渡し、代金を受け取った。
ところが、朝起きて銭箱の中を見ると、木の葉が3枚入っていたという。

お医者さんが永泉寺へ行ってみると、和尚さんは怪我ひとつしておらず、元気に庭掃除をしていた。
「さては」と、藪の中を覗いてみると、怪我をしたムジナが一匹横たわり、傍には子どものムジナが心配そうに寄り添っていたそうな。

どうやら、汽車の音に腹を立てたムジナが、機関車に化けて抗議行動をしたらしい。
ところが、寝不足のせいか、疲労のせいか、はたまた慣れによる油断のせいか、本物の機関車をよけ損ねて怪我をしてしまったんだとさ。


~……~……~……~……~……~……~……~……~

お寺の裏庭に、いかにもムジナが住んでいそうな竹藪がある。

シャッターを押して、驚いた!

藪の中で、キラッ!と何かが光った!
「スワッ!ムジナだっ!」


と思ったら、ネコちゃんだった。
おどかすんじゃない!!





永泉寺の山門を潜って左手に、「幽霊石」という物騒なものがある。

一見「お地蔵さま」に見えるが、自然石なのだそうである。

この石は、倉賀野城主であった金井淡路守秀景の奥方を埋葬する時に出てきたと言われている。
不思議なことに、その石を他の場所に移しても、いつの間にか元の所へ戻ってしまったという。
誰言うともなく、この不思議な石を「幽霊石」と呼ぶようになったとか。

永泉寺は、もともと倉賀野城の北の出城「永泉寺砦」の跡である。
城主・倉賀野氏は関東管領・山の内上杉家に従っていた。
時あたかも、上杉謙信武田信玄が川中島で合戦をしていた頃である。

倉賀野城は、永禄四年(1561)から八年(1565)の間、三度にわたって武田勢に攻め寄せられ、ついに軍門に下ることとなる。
その後、武田の命により倉賀野城主となったのが、金井淡路守秀景である。

「永泉寺砦」での戦いで、露と散った将兵の怨念が、「幽霊石」に込められたとしても不思議はない。
永泉寺を訪れた際は、手を合わせてやって頂きたい。





同じカテゴリー(倉賀野)の記事画像
幸運を呼ぶ道標 「左道通行」(3)
史跡看板散歩-64 一本杉
史跡看板散歩-63 倉賀野下町の諏訪神社
史跡看板散歩-62 新堤
史跡看板散歩-61 北向道祖神
史跡看板散歩-60 倉賀野城跡
同じカテゴリー(倉賀野)の記事
 幸運を呼ぶ道標 「左道通行」(3) (2017-10-15 07:26)
 史跡看板散歩-64 一本杉 (2017-10-01 07:45)
 史跡看板散歩-63 倉賀野下町の諏訪神社 (2017-09-23 06:11)
 史跡看板散歩-62 新堤 (2017-09-17 07:11)
 史跡看板散歩-61 北向道祖神 (2017-09-10 07:26)
 史跡看板散歩-60 倉賀野城跡 (2017-09-03 07:20)

Posted by 迷道院高崎 at 22:07
Comments(6)倉賀野
この記事へのコメント
永泉寺ですね。
こちらのお寺には猫がびっくりされたほど、猫が沢山いますよね。
庫裏のうらにはコリーも。
動物好きのお寺さんのようです。
墓地の中には確か金井淡路守のお墓があったと思います。
セメントで塗り固められているようなお墓だったと・・・。
Posted by 弥乃助弥乃助  at 2009年03月14日 22:17
そんな昔々から、人間ってヤツは・・動物の住みかを追いやって・・・( ノД`)
ごめんなさい、ムジナさん・・って感じですね。

自然石のお地蔵さまも珍しいですね~!
訪れる機会がありましたら、ネコに驚かず手を合わせてきたいと思います(笑)
Posted by ゆきん子  at 2009年03月14日 22:42
>弥乃助さん

庫裏(クリ)の裏にコリーって、もしかしてシャレですか?

その犬のかなぁ?リードだけありました。
犬の柵も空っぽでしたけど・・・。
これ、もしかして猫に食べられちゃったとか・・・。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2009年03月14日 23:49
>ゆきん子さん

伊香保温泉、楽しかったようですね。
倉賀野は温泉はありませんが、名物「オランダコロッケ」があります。
一度、お出かけを!
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2009年03月14日 23:55
懐かしいです。
子供のころ、永泉時の直ぐそばにすんでいたので、永泉時の境内で遊んだことがあります。
わたしたちはお化け石と呼んでいました。
ムジナとお化け石にまつわるお話はおばあちゃんから聞いたことがあります。
ムジナってどんな動物なんでしょうね?
イタチ?
Posted by ねね  at 2010年11月01日 11:33
>ねねさん

あ、そうなんですか、永泉寺のそばに。
じゃ、昔ばなしの中で遊んでいた訳ですね。

私、ムジナってタヌキの別名だと思ってました。
確認のためにググってみたら、
「ムジナ(貉、狢)とは、主にアナグマのことを指す。」(Wikipedia)って出てました。

続けて「地方によってはタヌキやハクビシンを指したり、これらの種をはっきり区別することなくまとめて指している場合もある。」
ってなことも書いてあって、なんか、テキトーみたいです。

おかげさまで、勉強になりました。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2010年11月01日 19:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
どきっ!
    コメント(6)