2016年10月02日

史跡看板散歩-19 興禅寺

「向雲寺」のすぐ東に「興禅寺」があり、ここにも史跡看板が建っています。




高崎市街地にあるお寺の多くは井伊直政箕輪から移したものですが、「興禅寺」は平安時代末期の治承元年(1177)開基という、高崎で一番古いお寺です。
天文から天正年間(1532~1591)のものといわれる「興禅寺絵図」によると、看板に書かれているように「現在の高崎公園から赤坂町に至る」広大な境内を持っていたようです。


「白龍山」という山号については、こんな伝説があります。
乾元二年(1302)正月二十四日、開山の一山国師が入院開堂の日、堂塔震動、あたりは雲霧にとざされた。
その雲の中に声があり、「興禅刹」(禅寺を興せ)という。
やがて雲が晴れると、かたわらの泉から白龍があらわれ、あれよと見るまに虚空に飛び去った。
これは護法の善神であるとして、国師は白龍山興禅寺と名付けた。」
(田島武夫氏著「高崎の名所と伝説」)
開山の時期については二説ある。

この白龍があらわれたという泉が、「興禅寺絵図」で境内左上に描かれている「白龍池」なんでしょう。

現在の境内にも「白龍の井戸」と呼ばれる井戸があり、その底には今も白龍が棲んでいるらしいです。

「興禅寺」は、高崎城が出来ると城内に取り込まれることになりますが、天保十一年(1840)に現在の場所に移されます。
天保十年説もある。


その辺の経緯や、山門の天井に描かれた雲竜の話は、過去記事「駅から遠足 観音山(5)」でご覧ください。

昭和五十三年(1978)の区画整理により、「興禅寺」の墓地は八幡霊園に移され、その跡地は児童公園になりました。


その時、山門の西側に「地蔵堂」が建てられましたが、ここに祀られているお地蔵さまは「興禅寺絵図」右下にある「桃園院」の秘仏・子育地蔵尊です。



この子育地蔵尊が祀られていたからということもあるのでしょうか、第三十世住職・田辺鉄定(てつじょう)師は明治三十九年(1906)興禅寺に「高崎育児院」を設立し、孤児の養育に献身します。
「高崎新聞」の、高崎高僧列伝「田辺鉄定と高崎育児院」に詳しいので、ぜひご一読ください。

孤児の中には、不幸にして育児院で亡くなってしまう子どももいました。
その子たちの霊を慰めるための「高崎育児院墓」は、興禅寺墓地と共に八幡霊園に移されています。


最後に、「開化高崎扣帖」に載っている、育児院と子どもたちの心温まるエピソードをご紹介しましょう。
子供たちは学令期になると、寺から南小学校に通学していた。(略)
或る年の運動会、子供たちははりきって寺を出て行った。
奥さんも、その日はじめて子供たちの運動会の様子を見ようと出かけて行った。
見物席について他の子供たちの服装を見て驚いた。
孤児たちだけが和服の平常服、他の子供たちはみんな白いシャツと白いズボン。
早速寺にとって帰って、運動着を買いととのへて学校にかけつけ、子供たちに新しいシャツ、ズボンにかえてやったという。
奥さんはこの時のことを後々までよく話していたという。
子供たちも、この時ほど嬉しかったことはなかったという。」

いい話だなぁ。

ところで、10月はいろいろと予定が立て込んでまいりまして、暫し、「隠居の思ひつ記」はお休みを頂戴いたします。


【興禅寺史跡看板】


【高崎育児院墓】






同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-104 横尾応処斎渕臨の墓碑
史跡看板散歩-103 小棚薬師堂
史跡看板散歩-102 八王子神社
史跡看板散歩-101 長根神社
史跡看板散歩-100 奥平城跡
史跡看板散歩-99 天久沢観音堂
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-104 横尾応処斎渕臨の墓碑 (2018-08-12 07:27)
 史跡看板散歩-103 小棚薬師堂 (2018-08-05 07:14)
 史跡看板散歩-102 八王子神社 (2018-07-29 07:19)
 史跡看板散歩-101 長根神社 (2018-07-22 07:17)
 史跡看板散歩-100 奥平城跡 (2018-07-15 07:01)
 史跡看板散歩-99 天久沢観音堂 (2018-07-08 07:13)

この記事へのコメント
興禅寺は、随分歴史のあるお寺だったのですね。
一度訪れたことがありますが、山門を潜ると三角形の児童公園があり、その奥に本堂があるので、おもしろいお寺だとと思いました。墓地の跡地が公園になっていたのですか。育児院の子供たちのエピソードも素敵ですね^^。
Posted by 風子風子  at 2016年10月16日 16:08
>風子さん

そうなんですよ。
あまり知られてないことだと思うので、ちょっとご紹介したくなりまして。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2016年10月16日 18:20
こんにちは。
以前、グンブロ様でお世話になっておりました。
『ミ キ ワ ガ ー デ ン』といいますが、覚えていらっしゃいますでしょうか?(;A´▽`A

今日は、中村染め工場様にて、迷道院高崎様の「上州弁手拭い」を3セット購入いたしました。
1セットは、自宅にて暖簾として、飾りました!
もう2セットは、それぞれ、友人のクリスマスプレゼントにしようと思っています!

とても、面白い手ぬぐいなので、プレゼントするのが楽しみです。


素敵な上州弁手ぬぐいを考案してくださり、ありがとうございますm(__)m
Posted by こねこ  at 2016年11月04日 15:00
>こねこさん

ええ、ええ、覚えてますとも!
素敵な絵を描いておられましたよね。

この度は上州弁手ぬぐいを3セットもお買い上げ頂いたとのこと、ありがとうございます!
また、お友達へのプレゼントにもなさるとのこと、なんとも嬉しい限りです。

こねこさんのように、面白いと思って下さる方がいらっしゃることが、何よりの励みになります。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2016年11月04日 18:26
私の絵などを覚えていてくださって、本当に嬉しいです。
今は『こねこ』のニックネームで、コメントを書かせていただいております。

上州弁暖簾は、私の家族も、大爆笑!で、とても楽しく見ております!

県外のお友達にもプレゼントしたいなぁ~などと、考えており、もっともっと、上州弁手ぬぐいを買いたくなってしまいました!

本当に面白い手ぬぐいですね!
こちらをクリスマスプレゼントにしたら、本当に面白いプレゼントだと思いました!!
プレゼントする私の方がドキドキワクワク楽しみにしていますよーo(^o^)o
Posted by こねこ  at 2016年11月04日 23:50
>こねこさん

あー、嬉しいお言葉、ありがとうござます!

上州弁手ぬぐいを売り出した頃、介護施設や医療施設からの注文があって驚いたことがあります。
上州弁を介して、お年寄りと職員の方とのコミニュケーションが盛んになるんだそうです。
意外な使われ方でしたけど、すごく嬉しかったです。

県内のお祭りで、皆さんが首にかけて踊っている姿を思い描いています。
ありがとうございました!
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2016年11月05日 07:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
史跡看板散歩-19 興禅寺
    コメント(6)