2016年07月10日

史跡看板散歩-9 追分の三祀神と飯塚の天王様

「大道西児育地蔵尊」から北へ500mほどの所に、「追分の三祀神」という史跡看板が建っています。




ここにある「三祀神」(さんししん)とは、「八坂神社」素戔嗚尊(スサノオノミコト)、「愛宕神社」火産霊尊(ホノムスビノミコト)、そして「道祖神」の三つの神様のようです。


「八坂大神・愛宕神社」碑には「明治三十五年建之 新田氏子中」「道祖神」碑には「大正十五年十二月立つ 氏子中」の文字が碑背に刻まれています。

まだブログ駆け出しの7年前、ここを記事にしていました。

「八坂大神」「牛頭天王」(ごずてんのう)でもあるので、飯塚町の人は「天王さま」と呼んでいるようです。
実は、飯塚町にはもう一つ「飯塚の天王様」という史跡看板が建っている所があります。

追分の天王さまから北東へ170m、「飯玉神社」のすぐ近くです。





看板の最後に記されている、「ベンガラの赤色の一部が残っている」のは、これのことらしいです。


この辺りも、7年前にウロウロしたことがありまして、ここも見ていたと思うのですが、何の説明看板もなかったのでスルーしていました。(◇神様・仏様 てんこ盛り
やはり、史跡看板は必要なものだなぁと、あらためて思った次第であります。

また、近くには、こんな看板が立っている所もあります。


この辺に、かつて「上飯塚城」というのがあったということです。


古城塁研究家の山崎一氏によれば、「形式が和田下之城とよく似ている。城南の下之城が創築された永禄の頃、城北の支城として和田氏が築いたものではないか。」と推定しています。
また、「上飯塚城」には「下之城」同様、定着した城主が見当たらないのは、和田氏の直轄地だったのだろうと言っています。

なかなか見所の多い飯塚町です。
みなさんも、ぜひお出掛けを。


【追分の三祀神】


【飯塚の天王様】


【内町堰】






同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-120 江木町の薬師如来
史跡看板散歩-119 飯玉町の天王さまと道祖神
史跡看板散歩-118 雀宮神社
史跡看板散歩-117 旧第二国立銀行と茂木銀行跡
号外!連雀町の百年写真展開催中!
史跡看板散歩-116 赤坂町十一面観世音
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-120 江木町の薬師如来 (2018-12-16 07:28)
 史跡看板散歩-119 飯玉町の天王さまと道祖神 (2018-12-09 07:38)
 史跡看板散歩-118 雀宮神社 (2018-12-02 07:45)
 史跡看板散歩-117 旧第二国立銀行と茂木銀行跡 (2018-11-25 08:11)
 号外!連雀町の百年写真展開催中! (2018-11-20 15:26)
 史跡看板散歩-116 赤坂町十一面観世音 (2018-11-18 07:37)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
史跡看板散歩-9 追分の三祀神と飯塚の天王様
    コメント(0)