2016年04月24日

駅から遠足 観音山(70)

先週、突然ブログのアクセス数が跳ね上がって驚いたのですが、ようやく落ち着いてきたみたいです。
アクセス解析を見ると、「忘れられた高崎の大震災」の記事に来られた方が多かったためのようです。
昭和六年(1931)埼玉を震源地にしたM6.9の地震で、高崎の真下を通る活断層が動き、震度6の大地震になりました。
天災は忘れた頃にやってくるそうですが、この記事が忘れないためのお役に立てたなら幸いです。

さて、観音山の話に戻します。

「洞窟観音」を見たら、必ず隣接の「徳明園」もご覧ください。


「徳明園」は北関東随一と言われる回遊式日本庭園ですが、山田徳蔵翁自身が楽しむために造ったということで、当初は一般公開されていなかったそうです。

そんなこともあってか、庭園内には実にユニークなものがあちこちにあります。


杖の先に髑髏を刺した僧形の老人が、嬉しそうに笑っています。

おそらくこれは、一休禅師の逸話を石像にしたものでしょう。







その隣には、数珠を手首に掛け、片足を組んで石に座る徳蔵翁がいます。

脇に建つ石碑に刻まれた言葉がまた面白い。
 「人間萬事 屁の如し ぶーっと云う字は 佛なりけり」
徳明道人

誰なのか分からないものもあります。

数珠と笠を持っているから、雲水の僧なんだろうな。

良寛かなぁ・・・。






「笑い閻魔」「笑い鬼」なんてのもいます。

大きな錦鯉が泳ぐ池の中には、亀に乗った浦島太郎や、談笑中(?)の三匹の蟇蛙もいます。


不思議な棒が何本も池から突き出ています。

舞踊家・藤間信乃輔さんが、この池の中で踊った舞台の跡です。
平成二十二年(2010)から5年間続いた「悠久の魂」です。

雨の中で行われた第一回の、素晴らしい演舞をご覧ください。

この池を見下ろすような位置に、趣きある建物があります。
徳蔵翁とナヲ夫人が晩年を過ごした住居で、雨や雪の日も縁側の窓を開け放し、庭園の四季の移ろいを楽しんでいたということです。


移り住むまでは、大切なお客様を招く迎賓館の役割を担っていたそうです。

現在は、合気道の道場として用いられるほか、茶会や座禅会などにも利用されています。


「合気道山徳道場」は、徳蔵翁の娘婿である荒井俊幸氏が、昭和四十九年(1974)に開いたものです。

実は、俊幸氏が開設したものが、もうひとつあります。
次回は、そのお話を。





同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-100 奥平城跡
史跡看板散歩-99 天久沢観音堂
史跡看板散歩-98 黒熊の浅間神社と入野碑
史跡看板散歩-97 首塚八幡宮(2)
史跡看板散歩-97 首塚八幡宮(1)
史跡看板散歩-96 神流川合戦古戦場
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-100 奥平城跡 (2018-07-15 07:01)
 史跡看板散歩-99 天久沢観音堂 (2018-07-08 07:13)
 史跡看板散歩-98 黒熊の浅間神社と入野碑 (2018-07-01 07:16)
 史跡看板散歩-97 首塚八幡宮(2) (2018-06-24 07:27)
 史跡看板散歩-97 首塚八幡宮(1) (2018-06-17 07:26)
 史跡看板散歩-96 神流川合戦古戦場 (2018-06-10 09:08)

この記事へのコメント
実にユニークな庭園ですね、
凡人には、よく理解で来ませんが
かなりこった造りで費用もに時間も
私には、想像できませんが、一度訪れて観たいです
Posted by wasada49  at 2016年04月25日 05:52
>wasada49さん

まだ行ったことがありませんでしたか。
いいところなので、ぜひ行ってみてください。
春は新緑、夏は涼しい洞窟、秋は紅葉、冬は雪景色と、四季折々楽しめます。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2016年04月25日 14:52
徳明園は二度行きましたが、建物も庭園もいいですね。癒されます。
染料植物園のあたりは、お弁当を持って散歩に行くのですが、徳名園の四季折々の風情もぜひ見たいものです^^。
Posted by 風子風子  at 2016年05月03日 14:04
>風子さん

秋の徳明園は、絶対お勧めですね。
夜お出掛けできたら、ライトアップされた庭園は逸品です。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2016年05月03日 18:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
駅から遠足 観音山(70)
    コメント(4)