2009年03月09日

伝説の樅(もみ)の木


倉賀野町上町交差点近くに、中山道倉賀野宿時代の「高札場」が復元されている。





「高札場」はもと問屋・須賀長太郎家の屋敷前で、その隣はもと脇本陣・須賀喜太郎家である。

「高札場」は通りに面しているので、目にした人も多いと思うが、その裏に「伝説の樅の木」というのがあるのはご存じだろうか。
正確には、「伝説の樅の木の子ども」なのだが。

ちょっと見には、パソコン教室の駐車場にある、クリスマス用の木にしか見えない。
だが、この木にはこんな伝説を書いた高札が立てられている。

~……~……~……~……~……~……~……~……~

安政二年(1855)春三月、ちょうどお彼岸の中日であった。
倉賀野宿に大火があり、一面焼け野原となった。
百姓九右衛門宅が火元だというので、「九右衛門火事」と言い伝えられている。

だが、この大火でただ一軒だけポツンと焼け残った旧家があったという。


町の古老は、荒れ狂う猛火の中、何処からともなく大天狗が姿を現し、旧家に植えられた「楓」の老木から「樅」の老木へ、さらには屋根の上に飛び移りながら、法文を唱えていたと言い伝えている。

天狗を目撃した人々は、この旧家は普段から「古峯(こぶ)様」を信仰しているので、神社の天狗が来て助けてくれたに違いない、と話していたという。

この物語に出てくる「楓」「樅」の老木は、その後も道行く人々に出来事を語っていたというが、ついに枯死して現在の木に植え替えられたそうである。


~……~……~……~……~……~……~……~……~

「古峯(こぶ)様」とは、栃木県鹿沼市「古峯(ふるみね)神社」のことであろう。
倉賀野宿日光例幣使街道の起点であることを思えば、道中にある「古峯神社」の霊験を信じたというのも頷ける。

「古峯神社」の祭神は、日本武尊(やまとたけるのみこと)である。
日本武尊駿河焼津の原で火攻めにあった折、草薙の剣(くさなぎのつるぎ)で火を止めたという故事から、火伏せの神、火防の神として敬われている。

一方、「古峯神社」天狗は、祭神のお使いとして、崇敬者に災難が起こった時、直ちに飛翔して災難を取り除いてくれるのだそうだ。

天狗は、日本神話では「猿田彦の命」として登場し、天下りの元祖・瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の道案内役として、松明の火で道を照らしたという。
そこから、やはり防火の神として祀られている。

さて、葦原中国(あしはらのなかつくに)、現代の日本は、まさに猛火に包まれた状態である。
はたして、大天狗は助けに来てくれるのであろうか。
それとも、信仰心を失い、徳を積むことも忘れた現代人は、見捨てられてしまうのであろうか。

 罪多き大人たちは兎も角、
   罪なき子ども達は助かるように、
     今からでも徳を養い、祈りを捧げよう。



【倉賀野宿 高札場跡】



同じカテゴリー(倉賀野)の記事画像
幸運を呼ぶ道標 「左道通行」(3)
史跡看板散歩-64 一本杉
史跡看板散歩-63 倉賀野下町の諏訪神社
史跡看板散歩-62 新堤
史跡看板散歩-61 北向道祖神
史跡看板散歩-60 倉賀野城跡
同じカテゴリー(倉賀野)の記事
 幸運を呼ぶ道標 「左道通行」(3) (2017-10-15 07:26)
 史跡看板散歩-64 一本杉 (2017-10-01 07:45)
 史跡看板散歩-63 倉賀野下町の諏訪神社 (2017-09-23 06:11)
 史跡看板散歩-62 新堤 (2017-09-17 07:11)
 史跡看板散歩-61 北向道祖神 (2017-09-10 07:26)
 史跡看板散歩-60 倉賀野城跡 (2017-09-03 07:20)

Posted by 迷道院高崎 at 19:12
Comments(2)倉賀野
この記事へのコメント
お、ここにも天狗ですか・・・。
高崎は天狗大国ですね。
Posted by 弥乃助弥乃助  at 2009年03月09日 22:18
>弥乃助さん

「天狗大国」かー!
面白いキャッチコピーかも知れませんね。

スタンプカードを天狗のお面にして、一ヵ所巡る度に天狗の鼻が高くなるようにするってのも、面白いかも。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2009年03月09日 22:45
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
伝説の樅(もみ)の木
    コメント(2)