2015年09月19日

隠居の控帳 カントの永遠平和

1795年(寛政七年)、哲学者・カント(Immanuel Kant)が、
71歳で小冊子「永遠平和のために」を出版。

日本でも、戦後いくつかの翻訳本が発行された。
  ・昭和二十二年 船山信一・訳
  ・昭和二十四年 高坂正顕・訳
  ・昭和六十年  宇都宮芳明・訳
  ・平成十九年  池内紀・訳

今年復刻された、池内紀(いけうち・おさむ)氏訳本から抜粋。








同じカテゴリー(◆隠居の控帳)の記事画像
隠居の控帳 Bhutan & Earth For Life
隠居の控帳 思うは叶う
隠居の控帳 温故知仁
隠居の控帳 三宅洋平を泣かせた言葉
隠居の控帳 日本国憲法の誕生経緯
隠居の控帳 信じてみるか・・・。
同じカテゴリー(◆隠居の控帳)の記事
 隠居の控帳 Bhutan & Earth For Life (2016-08-11 08:36)
 隠居の控帳 思うは叶う (2016-08-04 06:52)
 隠居の控帳 あなたは幸せですか (2016-07-27 16:01)
 隠居の控帳 温故知仁 (2016-07-21 20:43)
 隠居の控帳 三宅洋平を泣かせた言葉 (2016-07-06 09:42)
 隠居の控帳 「戦争のつくりかた」 (2016-06-30 20:15)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
隠居の控帳 カントの永遠平和
    コメント(0)