2015年09月06日

駅から遠足 観音山(46)

白衣大観音への参道入口です。

今年の3月この先に公衆トイレが新設され、それはよかったのですが、きれいだった参道が無残な姿になってしまいました。


このままなんでしょうか。

観音様に先駆け、昭和十年(1935)に建立された仁王様も、口あんぐりです。

昭和五十六年(1981)建立の双体道祖神も、「困ったもんだねぇ。」と笑ってるように見えます。

せっかくの音入れ、魂も入れて仕上げてほしいところです。

左側の仁王様のすぐ後ろの小山に、こんな穴ぼこが開いています。

ずっと防空壕の跡だと思っていたのですが、むかし近くの売店の人たちが、かき氷に使う氷などを入れるために掘った穴だそうです。

小山の裾から、けもの道のような小道がついています。











生い茂った草を搔き分けながら登っていくと、小さな石の祠があります。


これは、「山の神」だそうです。

以前は、仁王様の手前から登り、鳥居を潜って行ったのだそうですが、山崩れなどで地形が変わってしまったということです。

さらに参道を行くと、左に下りる急な石段があります。

今は通行止めになっていますが、「カッパピア」があった時は、ここからも行くことができました。



「カッパピア」跡地に、いま造成中の公園が完成すれば、この道も再び開通されるでしょう。
そういえば、こんな新聞記事が載っていましたので、昨日行ってまいりました。

さて、観音様の足跡が付いた素敵な参道を進むと、右手に石段が現われます。

みなさん、そのまま参道を歩いて行かれる方が多いのですが、ぜひ、石段を上ってみてください。





田村今朝吉という人の銅像が建っています。

銅像の銘板を見ただけではよく分からないと思いますが、こんな人物です。↓
      ◇「幻の田村隧道」

いま、あまり知る人も少なくなった田村今朝吉翁ですが、ぜひ知っておいてほしい人物です。

田村今朝吉翁の銅像をご覧になった方でも、たいていは、ここから石段を下りて参道に戻ってしまいます。

でも、ここまで来たら、ぜひそのまま真っ直ぐ登っていって欲しいのです。

この先に何があるか、それは次回にお話ししたいと思います。






同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-119 飯玉町の天王さまと道祖神
史跡看板散歩-118 雀宮神社
史跡看板散歩-117 旧第二国立銀行と茂木銀行跡
号外!連雀町の百年写真展開催中!
史跡看板散歩-116 赤坂町十一面観世音
史跡看板散歩-115 六社稲荷
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-119 飯玉町の天王さまと道祖神 (2018-12-09 07:38)
 史跡看板散歩-118 雀宮神社 (2018-12-02 07:45)
 史跡看板散歩-117 旧第二国立銀行と茂木銀行跡 (2018-11-25 08:11)
 号外!連雀町の百年写真展開催中! (2018-11-20 15:26)
 史跡看板散歩-116 赤坂町十一面観世音 (2018-11-18 07:37)
 史跡看板散歩-115 六社稲荷 (2018-11-11 06:50)

この記事へのコメント
あらま、この工事はひどいですね…。
高崎はせっかくインターロッキングなど施し、きれいにしても、その後でこのようになることが多い気がします。

橋爪良真和尚も「観音山は四季折々の景色も素敵なので、もっと歩いて欲しい」と話しておりました。
Posted by 蔵六  at 2015年09月06日 08:05
>蔵六さん

そうですよね、もっと歩いてほしいです。
そのためには、観音様への感謝を込めて、参道や参道商店街の魅力度を、もっともっと増していく努力が必要ですね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2015年09月06日 09:31
参道脇の穴ぼこは、以前私も覗いたことがありますが、そういうことだったのですか・・・納得しました。
このあたりは時々散歩に行くので、田村今朝吉翁の銅像も見たことがあります。
素敵な散歩道なので、もっと多くの人に歩いてもらいたいですね^^。
Posted by 風子風子  at 2015年09月07日 08:45
>風子さん

昔の人は逞しいですよね。
今よりたくさん人が来てたでしょうから、かき氷も飛ぶように売れたんでしょう。
今朝吉さんの銅像もご覧になりましたか。
さすが、お散歩の達人!
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2015年09月07日 14:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
駅から遠足 観音山(46)
    コメント(4)