2015年06月07日

駅から遠足 観音山(35)

前回のおさらいになりますが、一椿斎芳輝は、新(あら)町の延養寺門前にあった旅籠「壽美餘志」(すみよし)田中家の婿養子に入ります。
そして、芳輝もまた養子・喜平司を迎え、家督を譲りました。

喜平司は、田町の呉服太物問屋の倅だったというだけあって、機を見るに敏な人物だったようです。
明治十七年(1884)の鉄道開通を機に、高崎停車場前の一等地に掛茶屋「壽美餘志」を開き、後に旅館「高崎館」とします。

余談ですが、↑の「群馬県営業便覧」を見ると、いま新(あら)町で風情ある佇まいを見せる「豊田屋」は、当時「高崎館」の並び側にあったことが分かります。

この頃の、駅前の風景です。↓


敷かれているレールは、チンチン電車より前に高崎・渋川間を走っていた、「馬車鉄道」のものです。

「高崎館」の三階建て洋館は当時高崎唯一ということで、写真で見てもひときわ異彩を放っています。
しかし残念ながら、明治三十九年(1906)の火災で、この洋館は焼け落ちてしまったそうです。
ただ、異彩を放つ建物は他にもあって、大正六年(1917)発行の「高崎商工案内」では、こんな宣伝文句で売り込んでいます。


「高崎館」の経営は、一椿斎芳輝の養子・喜平司から、その三男・富貴壽の時代になっています。
「サチホコ(しゃちほこ)の乗っている三層楼」の写真が、明治四十二年(1909)発行の「高崎商工案内」に載っていました。


もしかすると、高崎城の天守閣「三層櫓」を模したのでしょうか。
いずれにしても、人目を引く旅館であったことは間違いありません。

昭和に入ると、旅館「高崎館」「高崎館食堂」と名を変え、建物は菓子店「みやげ屋」など他店に貸していたようです。


写真をクリックして拡大してみてください。
一番上の看板に、「鑛泉旅館割烹 髙崎館別荘」とあるのが分かるでしょうか。

これが、今も観音山羽衣坂の途中にある、高崎の奥座敷「錦山荘」です。

昭和六年(1931)の地図を見ると、「清水鉱泉」「錦山荘」は別棟だったようです。

また富貴壽の長兄・輝司は、高崎の一流割烹料理店「宇喜代本店」を経営しておりました。

明治四十三年(1910)に発行された「高崎案内」で、編者の早川愿次郎(圭村)が書いた宇喜代評が、なかなか面白いです。
主人は非常の魂膽家にて、屢(しばしば)座敷の模樣等をも變更して客の便利を圖る故に總ての注意周到なり。
其上廉價に特別の愉快まで行届く、勉強料理店なり。」

実は不肖・迷道院、「宇喜代」の近くに住んでいたことがありまして、若気の至りから、ここの大広間をお借りして婚礼の儀を取り行うという、身の程わきまえぬ暴挙に及んだことがあります。

新郎になったのは生まれて初めての経験だったので、終始緊張の連続で終わってしまいましたが、いま思えば、内部の様子をもっと写真に残しておけばよかったなぁ、と・・・。

私事はともかく、高崎の華やかなりし頃を彩った「高崎館」、「錦山荘」、「宇喜代」の主人たちが、清水寺の回廊を彩った絵馬額の作者・一椿斎芳輝の子孫であった訳です。
清水寺絵馬額をこのまま湮滅させるに偲びないと思うのは、このような高崎の庶民史と深い繋がりがあるからであります。

できうれば、絵馬額修復に向けて動き出したいものです。
清水寺恋愛成就パワースポットとして売り出すにも、この絵馬額修復というニュースは、大いに貢献することでしょう。
一年に一枚づつでもいいでしょう。
行政の力と市民の力を合わせて、何とかならないものでしょうか。





同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-109 頌徳三碑
史跡看板散歩-108 辛科神社禊殿
史跡看板散歩-107 弥勒寺の応処斎
史跡看板散歩-106 仁叟寺の応処斎
史跡看板散歩-105 辛科神社
史跡看板散歩-104 横尾応処斎渕臨の墓碑
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-109 頌徳三碑 (2018-09-16 06:58)
 史跡看板散歩-108 辛科神社禊殿 (2018-09-09 07:25)
 史跡看板散歩-107 弥勒寺の応処斎 (2018-09-02 07:14)
 史跡看板散歩-106 仁叟寺の応処斎 (2018-08-26 09:56)
 史跡看板散歩-105 辛科神社 (2018-08-19 07:35)
 史跡看板散歩-104 横尾応処斎渕臨の墓碑 (2018-08-12 07:27)

この記事へのコメント
いやはや、みんな繋がっているんですね。

「高崎わたしばなし」でも感じることですが、今の高崎重鎮のみなさんも、連雀町・下横町・田町・あら町あたりの幼なじみで、驚かされます。

清水寺絵馬額の保存、考えたいですね。
Posted by 蔵六  at 2015年06月07日 10:13
>蔵六さん

つながってるんですよね。
蔵六さんも由緒あるお家ですから、そのつながり方はすごいものがあるでしょうね。

一椿斎の絵馬額、本当に何とかしたいです。
先へ行けば行くほど、難しくなりますよね。
でも、どうすればいいんでしょうかね。
お知恵をお貸しください。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2015年06月07日 20:45
駅前の風景写真で高崎館の奥に見える4層(?)の建物もおもしろいですね。
馬車鉄道の記事や血すじが繋がっているお話も、興味深く読ませていただきました。

清水寺回廊の絵馬は、皆さんにその価値を認識していただくことが第一だと思いますが、迷道院さんのこの記事が役立つことを心から祈っております。
Posted by 風子風子  at 2015年06月08日 09:24
>風子さん

あー、そうですね、4層ですね。
三階の屋上に、展望室でもあったんでしょうか。
この頃は高い建物もなく、周囲の山々が一望できたらしいです。
素晴らしい景色だったんでしょうね。
駅前からすぐ観音山が望めるというのも、いいです。

絵馬額修復に力を貸してくださる方が出てきてほしいです。
誰かいないかなぁ。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2015年06月08日 14:43
若気の至りではなく、婚礼の儀を取り行ったのは、幸福の始まりですよ。

私の生まれ育った町では、旅館は無く
明治時代は、旅人宿又は、木賃宿でした。
高崎は昔から上野で一番進んでいた街でしたね

田舎者には、羨ましい限りですよ、
Posted by wasada49  at 2015年06月11日 07:58
>wasada49さん

うーん、確かに「お江戸見たけりゃ」なんて言ってましたけどね。
その頃の高崎の方が元気があったような気もします。
アイデアがすごいですよね。
また、やることが速い。
行政なんかあてにしてないで、じゃんじゃん民間主体でやっちゃって。
大したもんですよね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2015年06月11日 22:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
駅から遠足 観音山(35)
    コメント(6)