2015年04月26日

駅から遠足 観音山(30)

高崎藩の相談役として重用されてきた田村仙岳ですが、明治四年(1871)の廃藩置県によって「高崎藩」がなくなったあと、どうなったのかが気になります。

そもそも清水寺は、檀家が数軒しかなかったそうです。
高崎城の裏鬼門にあたるということで、代々高崎藩の祈願寺として加護を受けることで経営が成り立っていたのでしょう。
その高崎藩が無くなったとなれば、寺の経営はさぞかし大変になったことと思われます。
加えて、明治新政府の発した「神仏分離令」や、それによる「廃仏毀釈」運動も、仙岳さんを悩ませたに違いありません。
石段下にあったという本堂が、明治になってから石段上の観音堂と兼ねるようになったというのも、理由はこの辺にありそうな気がします。

明治二十四年(1891)、意外なところに仙岳さんの名前が登場します。
「磯部鑑」という、磯部鉱泉の案内本のようなものですが、その中の「磯部名産」の項に仙岳さんの名前が出てきます。


いま一般に「磯部煎餅」と呼ばれているものは、大手氏により明治十九年(1886)に発明されたとありますが、仙岳さんはその翌年に「木の葉形煎餅」を発明したというんですね。
高崎でも売っていたというんですが、聞いたことがありません。
どなたかご存知の方は、情報をお寄せいただけると嬉しいです。

と、そんなことを思っていたら、いつもながらで吃驚するのですが、ひょんな所で「木の葉形煎餅」に遭遇することになりました。

「妙義山さくらの里」へ行った帰りに寄った道の駅、「みょうぎ物産センター」にそれはありました。

見慣れた「磯部煎餅」の隣に、木の葉形をした磯部煎餅風の「胡麻せん」が並べてあります。

食べてみると、柔らかくてパリパリする食感はまぎれもない「磯部煎餅」で、それに胡麻の風味が加わってとても美味しいお煎餅です。

製造しているのは妙義町「高木製菓」とか。
磯部に近いとはいえ、どうなのかなと思いましたが、帰り道でもあったのでお店に寄ってみることにしました。

「高木製菓」さんでは、「磯部煎餅」に似た四角い「妙義煎餅」と、木の葉形の「胡麻せん」とを売っていました。
愛相のよい奥様にお聞きすると、「妙義煎餅」は昔からここで手作りをしているものだが、「胡麻せん」は金型がないので磯部の菓子店「ゆもと」さんに製造依頼しているということでした。

それでは、ということで磯部「ゆもと」さんへ行ってみました。

あいにくご主人はお留守でしたが、後ほどお電話でお話を伺うことができました。

お話によると、「ゆもと」さんの創業は昭和四十年(1965)ということで、「磯部鑑」「木の葉形煎餅」のことも初めて耳にしたと仰っていました。

残念ながら、仙岳さんとのつながりは確認できませんでしたが、ご主人からは「そういう由来があることを知って、有難かった。」と言って頂き、これも仙岳さんが残してくれたご縁のおかげと、嬉しい気持ちになりました。

廃藩置県から16年後の明治二十年、仙岳さんがどういう経緯で「木の葉形煎餅」を発明し売り出したのか、確かなことは分かりませんが、寺の経営のためであろうことは何となく察することができます。

仙岳さんは、その後も清水寺の経営のために策を打ち出します。
そのお話は、また次回に。





同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-120 江木町の薬師如来
史跡看板散歩-119 飯玉町の天王さまと道祖神
史跡看板散歩-118 雀宮神社
史跡看板散歩-117 旧第二国立銀行と茂木銀行跡
号外!連雀町の百年写真展開催中!
史跡看板散歩-116 赤坂町十一面観世音
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-120 江木町の薬師如来 (2018-12-16 07:28)
 史跡看板散歩-119 飯玉町の天王さまと道祖神 (2018-12-09 07:38)
 史跡看板散歩-118 雀宮神社 (2018-12-02 07:45)
 史跡看板散歩-117 旧第二国立銀行と茂木銀行跡 (2018-11-25 08:11)
 号外!連雀町の百年写真展開催中! (2018-11-20 15:26)
 史跡看板散歩-116 赤坂町十一面観世音 (2018-11-18 07:37)

この記事へのコメント
明治維新という激動の時代には、人々は苦労も有りましたが新しい日本の国を造る為に、  あらゆる努力をしたんですね。

「清水寺」はきよみずでら、せいすうじ   -地元の方は寺の名前をどう呼んでいるのですか?
Posted by 和佐田克己  at 2015年04月26日 07:51
>和佐田克己様

ある年配以上の人はほとんど「きよみずでら」と言ってます。
石段下の字名も「きよみず」です。

一時期、白衣大観音参道坂下の道案内看板に「せいすいじ」と振り仮名がふってあったことがあり、それから「せいすいじ」と呼ぶ人が出てきたような気がします。

音読みと訓読みの違いだけなので、どちらが正しいということはないと思うのですが、「華蔵山清水寺」と山号をつけて呼ぶときは、「せいすいじ」の方が納まりがいいですね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2015年04月26日 08:50
木の葉形の磯部せんべい、食べたことがあります。
仙岳さんと磯部せんべいの関係、おもしろいです!何方からか情報が寄せられるといいですね。
「お菓子のゆもと」さんにも行かれたのですね。
やわらかい磯部せんべいでクリームをサンドしたお菓子も美味しいです^^。
Posted by 風子風子  at 2015年04月27日 09:41
>風子さん

木の葉形煎餅、もう食べてましたか!
さすが!

仙岳さんと直接つながってなくても、「ゆもと」さんが木の葉形にしようと思ったのは、何らかの縁があるような気がしてます。
その内に、その縁が明らかになる日が来るといいですね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2015年04月27日 19:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
駅から遠足 観音山(30)
    コメント(4)