2009年02月19日

めめめ?

石原町「小祝神社(おぼりじんじゃ)」に隣接して、「石昌寺」がある。

「石昌寺」「小祝神社」の別当寺である。
(別当寺:神仏習合が許されていた江戸時代以前に、神社に付属して置かれた寺―Wikipedia)

長い参道を通って門内に入ると、
右手に「薬師堂」がある。 →

その「薬師堂」の引き戸の内側に、面白いものが貼ってあった。

「め」とか「目」とかの字がたくさん書かれている紙である。
おそらく、薬師様に眼病の平癒を願って、信徒さんが貼ったものであろう。
高崎市では、あまりお目にかかることはなかったのだが、日本各地には「目の薬師」という、眼病にご利益のある薬師様が沢山ある。
有名なのは、東京「新井薬師」であろうか。
川越の、「時の鐘」の奥にある薬師様もそうだ。

実は、この「石昌寺」「薬師様」と、「小祝神社」の祭神「少彦名命(すくなひこなのみこと)」とは、面白いつながりがある。

先に出てきた「神仏習合」という考え方は、仏教伝来の際に日本古来の神様を否定する訳にもいかず、「日本の神様は、本来の仏様が姿を変えて現われたのだ。」とこじつけた「本地垂迹説(ほんちすいじゃくせつ)」に基づいている。
それによると、「少彦名命」の本地(仏)は、「薬師如来」ということになっている。

また、「薬師」はふつう「やくし」と読むことが多いが、「くすし」とも読むのである。
「くすし」とは、「薬を用いる師」という意味で「医者」のことであるが、神代に於いては「薬師の神(くすしのかみ)」というのがいて、医療や呪(まじな)いの法を定めたという。

そして、日本にはその「薬師の神」が二人いて、一人が「大己貴命(おおなむちのみこと)」、もう一人がご存じ「少彦名命」である。
しかも、しかも、「大己貴命」とは、「少彦名命」と一緒に国造りをしたという「大国主命(おおくにぬしのみこと)」の若い頃の名前なのである。

 いや~!ほんーっとに、
    高崎って面白い街ですねー!


     ・・・って、もしかしてわたしだけ?

【石昌寺】


同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-109 頌徳三碑
史跡看板散歩-108 辛科神社禊殿
史跡看板散歩-107 弥勒寺の応処斎
史跡看板散歩-106 仁叟寺の応処斎
史跡看板散歩-105 辛科神社
史跡看板散歩-104 横尾応処斎渕臨の墓碑
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-109 頌徳三碑 (2018-09-16 06:58)
 史跡看板散歩-108 辛科神社禊殿 (2018-09-09 07:25)
 史跡看板散歩-107 弥勒寺の応処斎 (2018-09-02 07:14)
 史跡看板散歩-106 仁叟寺の応処斎 (2018-08-26 09:56)
 史跡看板散歩-105 辛科神社 (2018-08-19 07:35)
 史跡看板散歩-104 横尾応処斎渕臨の墓碑 (2018-08-12 07:27)

この記事へのコメント
石昌寺はかれこれ4年程前に2件お墓を建てました。
烏川を越えると別の石屋が強くてなかなか行けないんですよね。
確かに薬師堂はありましたが、「め」までは覚えていませんでした。
それにしても「いや~!ほんーっとに、高崎って面白い街ですねー!」
Posted by 弥乃助弥乃助  at 2009年02月19日 22:28
>弥乃助さん

やっぱり「川向う」って、別世界なのかも知れませんからね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2009年02月19日 23:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
めめめ?
    コメント(2)