2014年11月30日

駅から遠足 観音山(11)

「聖石橋」からの「観音道路」が出来る前、昭和六年(1931)の石原地区の地図です。
当時、「聖石橋」から「観音山」へ行くには、赤色のルートを通っていましたが、現在のどの道なのか、見当がつかないかも知れませんね。

「観音道路」(橙色)を描き込んでみると、こうなります。


「観音道路」は昭和七年(1932)に開通していますので、昭和九年(1934)の地図には記載されています。


現在は「観音道路」北側の区画整理が進み、昔の道とは少し変わってしまっています。



では、なるべく昔の道を辿りながら歩いてみましょう。

前回お話ししたように、「七士殉職供養塔」の所を右斜め、片岡小学校に沿って進みます。






「七士殉職供養塔」の背面には、「髙﨑市民一同」と刻まれています。
市民の寄付で建てたのでしょうか、それとも市民が納めた税金で建てたという意味なのでしょうか。

前面には、七士が殉職した経緯が刻まれ、その前にはいくつもの穴が開いた石の香台が備えられています。

建立後78年経た今なお、お賽銭やお供物を手向ける方があり、この日は、お賽銭を使って買ったという菊の花が供えられていました。

明治七年(1874)からの、歴史ある「片岡小学校」です。





校庭に沿って進み、変則四叉路を左前方へ入ります。

150mほど行って、「長谷川医院」の角を左に曲がると→







「観音道路」に出ます。

右前方には、大きな椋(むく)の古木が聳え、その根元には「片岡歴史之碑」が建っています。

ちょうどこの場所が、「観音道路」によって旧道が分断された地点です。

「観音道路」ができる前、ここには「峯下の用水堀」と呼ばれる、「金ヶ崎用水」の水路が通っていて、旧道にはその水路を跨ぐ「旭橋」という石橋が架けられていました。

「観音道路」開通により水路は暗渠となり、「旭橋」も撤去されましたが、その用材は椋の木を取り囲むように置かれ、今もその名を留めています。

この地区の人々の、郷土を愛する心が伝わってきます。

さて、旧道は椋の木から左へ入る細道です。

この続きは、次回といたしましょう。





同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-100 奥平城跡
史跡看板散歩-99 天久沢観音堂
史跡看板散歩-98 黒熊の浅間神社と入野碑
史跡看板散歩-97 首塚八幡宮(2)
史跡看板散歩-97 首塚八幡宮(1)
史跡看板散歩-96 神流川合戦古戦場
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-100 奥平城跡 (2018-07-15 07:01)
 史跡看板散歩-99 天久沢観音堂 (2018-07-08 07:13)
 史跡看板散歩-98 黒熊の浅間神社と入野碑 (2018-07-01 07:16)
 史跡看板散歩-97 首塚八幡宮(2) (2018-06-24 07:27)
 史跡看板散歩-97 首塚八幡宮(1) (2018-06-17 07:26)
 史跡看板散歩-96 神流川合戦古戦場 (2018-06-10 09:08)

この記事へのコメント
「おさいせん、花代にさせていただきました。」って、
いかにも日本的でいいなぁ・・・
まち歩きをしていると、いろんなことに
出会えて面白いですね^^。
Posted by 風子風子  at 2014年12月05日 19:46
>風子さん

ね、私もこの紙に書かれた言葉を見て、感動しました。
ほとんど忘れられている供養塔ですが、まだ忘れずにお賽銭をあげる方がいて、その方の心を大切にしてお花としてお供えする方がいて、風子さんの仰る通り日本人っていいですよね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2014年12月05日 21:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
駅から遠足 観音山(11)
    コメント(2)