2014年10月19日

駅から遠足 観音山(8)

昭和二年(1927)発行の「高崎市史」に記述されている、井伊直政命名以前に高崎という地名が使われているという古書の数々です。

1.信濃宮伝應永十年四月の條ニ高崎、安中、碓氷等ノ賊ヲ破リ云々
2.永録十年ノアル書
(北越家書?)
此ノ名(高崎)アリ
3.箕輪落城記高崎トアリ
4.上州故壘記高崎城、在群馬郡、始封ノ人未ダ詳ナラズ云々
天正十八年、和田改易セラレ、箕輪ト高崎トヲ井伊兵部少輔直政ニ給フ箕輪ヲ居城トス、後ニ箕輪ヲ廢シテ高崎ニ移ル云々
高崎既ニ信玄ニ属シ、石倉ニ砦ヲ下シ、前橋ヲ押ヘシム云々
5.上野風土記寺領記高崎(赤坂本名)大信寺云々

そしてもうひとつ、九蔵町に住んでいた反町徳太郎氏が所蔵する古文書が紹介されています。

市内九蔵町ニ住スル、反町徳太郎氏ハ、和田氏ノ重臣タル反町大膳亮ノ後裔ト云フ、古文書一通ヲ蔵ス、
文書ハ大膳ノ嫡孫清實ガ祖父ノ武功ヲ記シタルモノニシテ、其一節ニ、武州金窪ノ戦(時ニ天正十年瀧川一益ト、北條氏直トノ戦ニシテ和田氏ハ北條ニ属ス)我等(大膳)一番槍ヲ入レ、其上持参、和田兵衛ニ見セ、夫ヨリ高崎城迄持参云々、
此ノ他文中高崎ノ名ニ三ヲ記ス。」

というのですが、掲載されている古文書の写真を見ても、それがどこに書かれているのか分かりません。↓



年月はだいぶ下って、昭和四十九年(1974)高崎市社会教育振興会が発行した、「中山道高崎宿史」という本があります。
編集したのは、高崎の郷土史家・根岸省三氏です。

その中に「高崎村の起源」という項があり、早川圭村の名前こそ出てきませんが、「信濃宮伝」他の古書を挙げて、井伊直政の命名以前に「高崎」と呼ばれていたとしています。

しかも、書物以外の物証もあるというのです。

並榎町の「万国古美術店」というところに、「納奉天正二年(1574) 十九才 高崎村諸岡八十治」と刻まれた鉄製の草鞋があった、というのです。

ただ、実に残念なのは、その鉄製草鞋の写真がなぜ掲載されていないのか、どこに奉納されていたものなのか、全く記述されていないことです。

並榎町の「万国古美術店」もどこにあったのか、さっぱりわかりません。
鉄製草鞋は、どこへ行ってしまったのでしょうか。
もしご存知の方がいらっしゃったら、ぜひ情報をお寄せ頂きたいと思います。

井伊直政が命名する以前に「高崎」という地名があったと言い切るには、やや疑問が残るのは確かです。
ですが、迷道院は敢えて「高崎既存説」を支持したいと思うのです。

おそらく直政は、龍廣寺の白菴和尚と恵徳寺の英潭和尚の両方に相談したんだと思います。
白菴和尚は箕輪城時代から直政が信頼する和尚さんですが、一方の恵徳寺も直政が伯母・慧徳院宗貞尼のために創建したお寺です。
縁の深い両寺に相談したとしても、不思議ではないでしょう。

もしかすると直政は、自分の諮問した「松ヶ崎」という地名を、けっこう気にいってたのかも知れません。
どちらかの和尚さんが「松ヶ崎、いいじゃない。」と言ってたら、それで決まっていたような気がします。

さて、高崎の名前由来でだいぶ長居をしてしまいました。
次回は聖石橋を渡って、観音山を目指しましょう。





同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
号外!連雀町の百年写真展開催中!
史跡看板散歩-116 赤坂町十一面観世音
史跡看板散歩-115 六社稲荷
号外!高崎城押し出しウォーキング!
史跡看板散歩-114 根岸峮太郎翁頌徳碑
号外!お茶の水村園で秤の展示会開催!
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 号外!連雀町の百年写真展開催中! (2018-11-20 15:26)
 史跡看板散歩-116 赤坂町十一面観世音 (2018-11-18 07:37)
 史跡看板散歩-115 六社稲荷 (2018-11-11 06:50)
 号外!高崎城押し出しウォーキング! (2018-11-08 17:57)
 史跡看板散歩-114 根岸峮太郎翁頌徳碑 (2018-11-04 07:25)
 号外!お茶の水村園で秤の展示会開催! (2018-10-30 07:32)

この記事へのコメント
昔から「金の草鞋を履いて探す・・・」などと言われていますが、「きん」ではなくて「かね」と読むのが正しいようです。
「かねのわらじ」とは「鉄製の草鞋」のことだで、いくら歩いても擦り減らない鉄の草鞋のことだそうですが、どこかに実物が残っているかも知れませんね^^。
Posted by 風子風子  at 2014年10月24日 19:45
>風子さん

「かねのわらじ」、マメができそうですね(^.^)
「高崎村の金草鞋」、どこかから出てきたら大騒ぎになりそうですが・・・。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2014年10月24日 21:40
鉄の草鞋は履いたことは、有りませんが
鉄下駄を履いたことが有りますが、
マメができる前に、鼻緒が丈夫に出来ているので足の甲の皮が剥けましたね、
Posted by 鈍刀  at 2014年10月25日 06:24
>鈍刀さん

「鉄下駄」ですか!
弁慶みたいですね(^.^)
面白いコメント、ありがとうございました!
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2014年10月25日 08:52
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
駅から遠足 観音山(8)
    コメント(4)