2014年05月25日

快調です!上州どどいつ部

毎月1回の「どどいつナイト」も、はや第4回となりました。

今回は小梅姐さんも駆け付けてくれました。
この後も続々とメンバーが集まって、総勢10人の参加です。

今日の紫文師匠と小梅姐さんの衣装は、高崎丑丸染物店
からの贈り物という、素敵な半纏でした。

背中には、ご存知「高崎扇」
いいねー!


参加者の作った都々逸を、紫文師匠が唄ってくれます。
節が付くと途端に格が上がって、自分が作ったとは思えない都々逸になるから不思議です。
因みに、迷道院の作ったやつが、こんな風になります。
お題「鯉のぼり」

    「長寿会 温泉旅行の 風呂場にズラリ
                     風の止まった 鯉のぼり」

さあ、みなさんも「上州どどいつ部」で都々逸作ってみませんか!
楽しいですよ!

詳しくは、FaceBookをご覧ください。
  ◇上州どどいつ部 (過去の作品も載ってます。)





同じカテゴリー(◆高崎雑感)の記事画像
号外! 長野堰用水から見た高崎展
号外! 歴民企画展「製麵機」
不幸だった道標 「國道九號線」
号外!歴民企画展「長野堰用水」
祝!「上州どどいつ部」結成三周年
なっからおもしろい上州弁
同じカテゴリー(◆高崎雑感)の記事
 号外! 長野堰用水から見た高崎展 (2018-07-23 15:24)
 号外! 歴民企画展「製麵機」 (2017-11-15 08:50)
 不幸だった道標 「國道九號線」 (2017-10-22 07:31)
 号外!歴民企画展「長野堰用水」 (2017-05-10 17:42)
 祝!「上州どどいつ部」結成三周年 (2017-04-07 15:16)
 なっからおもしろい上州弁 (2017-02-09 12:32)

この記事へのコメント
師匠となると都々逸も
一節も二節違いますね、
唄った後の、一言も違いますね。

生を聞いてみたいですね。
Posted by wasada49  at 2014年05月27日 06:20
紫文師匠と小梅姐さんがお召の半纏、
色味も高崎扇のデザインも素敵です!
着てみたくなりますね。
師匠に唄っていただけるなんて、
随分ぜいたくな“どどいつ部”ですね^^。
Posted by 風子風子  at 2014年05月27日 09:42
>wasada49さん

ナマ紫文、聞いてみたいでしょう!
その内、ライブがありますから、ぜひ高崎までお出掛け下さい。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2014年05月27日 20:00
>風子さん

でしょう!
なかなか、こういう経験できませんよ。
あの半纏、いいですよねー。
私も欲しいけど、誂えるには大枚叩かないと・・・。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2014年05月27日 20:04
お早うございます。林ちゃんです。昨晩はご教示有難う御座いました。貴方のブログ開かせて戴きますと本当に素晴らしい勉強に成り敬服して居ります。
今朝ブログ更新後、早速ご教示のブログ検索して読ませて戴きました。
午前中はグランドゴルフの練習日なので、午後に早速行って宮川酒造店、見せて戴きたいと考えて居ります。
其れにしても、貴方の素晴らしいブログ、開き読ませて戴くのが大きな楽しみに成って来ました。
迷道院高崎様 後閑林司郎
Posted by 林ちゃん林ちゃん  at 2014年05月29日 05:54
今晩は林ちゃんです。
午後行って来ました。
奥様は留守で、ご主人さんだけでしたが、
訪問の経緯、身分を申し上げますと、どうぞと座敷に招き入れて戴き、延々3時間以上、種々説明案内を戴きました。明日ブログにアップしたいと思いますが、私の様な凡人には聞いてもとても説明は出来ません。
只余りにも素晴らしい展示品で、数多く撮らさせて戴いた写真だけでもアップして見たいとだけ考えて居ります。
ご主人さんは帰り際に北斎の絵画だけでも3、4十枚有るから今度来た時見せるよ後閑さんと云われ感激して帰宅しました。本当に素晴らしいご教示有難う御座いました。
迷道院高崎様 後閑林司郎
Posted by 林ちゃん林ちゃん  at 2014年05月29日 18:06
>林ちゃん

3時間も説明されましたか。
それは少し大変でしたね。
あのご夫婦は、来て頂いたお客様とお話しするのがとても楽しみのようでして、いつも歓待してくれます。

とにかく歴史の生き証人のような方で、展示品も素晴らしいお宝ばかりです。
季節によって展示品も入れ替えていますので、これに懲りずまた機会でもありましたら、出かけてやって下さい。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2014年05月29日 18:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
快調です!上州どどいつ部
    コメント(7)