2014年05月11日

世界を5分間沈黙させた少女の演説

昨日の続きです。

ウルグアイムヒカ大統領が演説するちょうど20年前、同じリオデジャネイロで開かれた「地球サミット」において、ひとりの少女が演台に立ちました。

その少女の名はセヴァン・カリス=スズキ、1979年カナダ生まれの日系4世で当時12歳でした。
この時のスピーチは「リオサミット伝説のスピーチ」と呼ばれ、少女は「世界を5分間沈黙させた少女」と呼ばれたそうです。



彼女はこの15年後、「洞爺湖サミット」が開催された年に来日し、洞爺湖のほとりで15年前のことを振り返っています。
そして、未来に向けて我々がどのようなことをすべきなのかを語っています。



残されたわずかな人生ですが、自分がいなくなるその先の未来に向けて、今できることを考え、実践していきたいと思います。




同じカテゴリー(◆世事雑感)の記事画像
ホロコースト展
下仁田ネギは海の向こうからやって来た?
牡蠣養殖再開おめでとうございます!
「ホピの予言」で素敵な出会い
空から声
ミツバチの羽音と地球の回転
同じカテゴリー(◆世事雑感)の記事
 都々逸で振り返る2017年 (2017-12-28 07:48)
 選挙で問われているものは? (2017-10-19 17:03)
 ホロコースト展 (2017-10-18 07:07)
 隠居の三面斜め読み この一年 (2016-12-29 15:08)
 世界で最も貧乏な大統領の演説 (2014-05-10 07:51)
 下仁田ネギは海の向こうからやって来た? (2013-12-15 08:38)

この記事へのコメント
人間が集まってかたちづくる世界には、
必ず善と悪とのせめぎあいがあり、
善だけに統一することも、
悪だけに占められることもない。

      (さぶ、山本周五郎)より引用

人間齢をとればいろんな事が解かってくる、
解るにしたがって世の中がどんなに嫌らしいか、
人間がどんなに惨めな者かってことが
はっきりするばかりだ。

    (ちいさこべ、山本周五郎)より引用
Posted by wasada49  at 2014年05月12日 21:51
>wasada49さん

世の中は、そうかも知れませんね。
でも、だからこそ意識していないと、楽な方へ楽な方へ行ってしまうのが人間ですから。
意識だけは持っていたいと思います。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2014年05月12日 22:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
世界を5分間沈黙させた少女の演説
    コメント(2)