2014年05月10日

世界で最も貧乏な大統領の演説

久しぶりに、政治家の演説に感動しました。
といっても、日本の政治家ではないのですが・・・。

2012年にリオデジャネイロで行われた「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」での、ムヒカ大統領(ウルグアイ)の演説です。
人に教えてもらって初めてこの演説のことを知った訳ですが、私同様まだご存知ない方がいるかもしれないと思い、今日は寄道散歩をお休みして、この演説をご紹介することにしました。



この翻訳をされた方のブログもご紹介しておきます。
 ◇リオ会議でもっとも衝撃的なスピーチ:
      ムヒカ大統領のスピーチ (日本語版)
 ◇ムヒカ大統領のインタビュー:
      消費主義社会について

因みに、その時、日本から出席した玄葉外務大臣は、このような演説をしたようです。
 ◇玄葉外務大臣演説

ムヒカ大統領のことについては。
 ◇ホセ・ムヒカ - Wikipedia
 ◇コネタ by auニュース




同じカテゴリー(◆世事雑感)の記事画像
ホロコースト展
下仁田ネギは海の向こうからやって来た?
牡蠣養殖再開おめでとうございます!
「ホピの予言」で素敵な出会い
空から声
ミツバチの羽音と地球の回転
同じカテゴリー(◆世事雑感)の記事
 都々逸で振り返る2017年 (2017-12-28 07:48)
 選挙で問われているものは? (2017-10-19 17:03)
 ホロコースト展 (2017-10-18 07:07)
 隠居の三面斜め読み この一年 (2016-12-29 15:08)
 世界を5分間沈黙させた少女の演説 (2014-05-11 06:46)
 下仁田ネギは海の向こうからやって来た? (2013-12-15 08:38)

この記事へのコメント
素晴らしい動画をご紹介いただき、ありがとうございます!

ムカヒ大統領については何も知りませんでした。
大統領の経歴にも驚かされますが、贅沢には興味がなく、資産の9割近くを寄附して質素な生活をしていること、大統領専用機を持たず、国際会議にはエコノミークラスで行くか、他の大統領に便乗させてもらうなど、日頃ニュースで見慣れた、“トップセールス”の方との違いを思わずにはいられませんでした。

スピーチライターが書いた原稿をボー読みにするのではなく、血の通ったことばで語る内容にも共感しました。
子供の頃からテレビ画面で、消費、消費と物を買い続けることが幸せだと刷り込まれている我々は、物質的な欲求を満たすために働き、自分にとって最も大切な“自由な時間”を失ってきたことをあらためて考えさせられました。

もっと多くの方に、ぜひこの動画を観ていただきたいものです。
Posted by 風子風子  at 2014年05月14日 09:53
>風子さん

ご覧頂き、ありがとうございます!
すごい演説ですよね。
本当はそうなんだよなって、考えさせてくれます。

最近、「言葉の力」ということをよく聞きますが、それは何となくテクニックのことを言っているように感じます。
本当の「言葉の力」は、その人が心底そう思っている、それが聞く人の心に響く、そういうことなんだと思います。
そう思うと、自分の言葉にはなんと力がないのかと、落ち込んじゃうんですけどね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2014年05月14日 20:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
世界で最も貧乏な大統領の演説
    コメント(2)