2014年03月30日

例幣使街道 寄道散歩(4)

今日はここ金井工業団地の信号から出発です。
新中山道を突っ切って、例幣使街道を進みます。

それにしても、見るものがありません。

何もないと、こういう看板でも面白く感じます。

美人が勢ぞろいというんですが・・・。






入口の脇には、こんな風に書かれていて・・・。
「どっちなんでや!」

歩き始めてから500mほどで、台新田の信号です。

右へ行けば「岩鼻代官所跡」、左へ行けば「隠れキリシタンのマリア像」がある「地福院」です。

この「地福院」には、明治期にいち早く小栗上野介研究に先鞭をつけた、早川珪村の墓があります。

早川珪村については、過去記事「八重の桜と小栗の椿(9)」でちょこっと触れていますが、今日はもう少し詳しくご紹介しましょう。

早川珪村は、嘉永六年(1853)台新田村名主・小池又兵衛の三男として誕生し、本名は小池愿次郎(げんじろう)といいます。

小池家は、近くに流れる粕川を利用した藍染を業とし、近隣では「紺屋(こうや)大尽」と呼ばれるほどの富豪でした。

今でもこの辺では「紺屋」で通じ、立派な門が往時を偲ばせます。

隆盛時には千五百坪余りの敷地内に大きな長屋門と8棟の土蔵があったそうですが、終戦前日の昭和二十年(1945)八月十四日夜、岩鼻陸軍火薬製造所を狙った空襲で、逸れた焼夷弾数発が屋敷を直撃し、数百年続いた紺屋屋敷のほとんどが焼失してしまったということです。

愿次郎には13歳年上の姉・とうがいて、愿次郎5歳の時に与六分村一番の財産家・早川家に嫁ぎます。
20年後、姉・とうは、分家の娘・早川津留(つる)の婿養子として、弟・愿次郎の縁組を持ちかけます。
こうして、明治十一年(1878)25歳の小池愿次郎は、早川愿次郎となるのです。

婿入り先の津留の家は、母の代から質屋を営んでいました。
玉村宿が繁栄していた頃は繁盛していた早川質店ですが、明治になって日光例幣使が廃止され、玉村に往時の賑わいがなくなるにつれて、質屋稼業にも翳りが出てきていました。
そこで愿次郎は明治十九年(1886)、玉村での質屋稼業に見切りをつけ高崎宮元町に移り住みます。

高崎で、それまでに家族に内緒で資金援助していた漢学者・貫名海雲のツテで、高崎第十五連隊に肉を納める商売を始めます。
また余り肉をうまく活用して、当時としては珍しいカツレツを食べさせる洋食屋「弥生軒」を開き、けっこう繁盛させていたようです。

しかし、明治二十三年(1890)愿次郎を突然の不幸が襲います。
「弥生軒」を切り盛りしていた妻・津留を40歳で亡くし、13歳の娘・つねも他家の養女に出すことになります。
愛妻と死別し、愛娘とは生き別れ、「弥生軒」も肉屋も廃業せざるを得なくなった愿次郎の姿は、想像するだに哀れな思いがします。
再起を期す愿次郎は、仲間と三人で下横町「早川薪炭」を開業させますが、うまくいかなかったようで間もなく廃業しています。

商売をやめた愿次郎が次に就いた職は、「上野日日新聞社」の記者でした。
もともと学問好きで漢学も学んでいた愿次郎は、持ち前の文才を活かし、明治四十三年(1910)に上野日日新聞社発行の「高崎案内」という、歴史・観光・商工業・官公庁総合案内書とでもいうべき、160頁近い本を編著するまでになります。

そのことがきっかけとなったのか、愿次郎は郷土の歴史を深く研究するようになり、郷土雑誌「上毛及上毛人」に大正十年(1921)頃から寄稿を始めます。

当初のペンネームは、「早川硯鼠」であったり「早川流石」であったりしましたが、「小栗上野介忠順」についての寄稿辺りから「早川珪村」となり、小栗上野介シリーズ終了後は「早川圭村」としています。
記者時代に培われた特性なのか、自分の足で実際に見聞したことに基づく記述は、本多夏彦氏をして「最も信頼がおける。」と評価せしめたといいます。

早川圭村・愿次郎は、昭和四年(1929)高崎市砂賀町の自宅で七十七年の生涯を閉じます。
その墓は、高崎市内でもなく与六分村でもなく、生家・小池家の墓地がある台新田村「地福院」でした。
墓石は、圭村七回忌の昭和十年(1935)に、養子であったとされる伊藤稲太郎という人が建立しています。
いろいろと、複雑な事情があったのであろうと推察されます。

圭村逝去の翌年に発行された「上毛及上毛人」第153号には、同誌主宰の豊国覺堂が、圭村の未発表文を掲載しています。
その中に、小栗上野介が味噌樽に隠した二分金の話が出てきます。
その発覚の舞台が、なんと高崎本町であったというのです。

次回は、そのお話しを。

(参考図書:河野正男著「早川圭村の生い立ち」)


【地福院】






同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-89 見通し灯籠
史跡看板散歩-88 高瀬屋跡
史跡看板散歩-番外編 小判供養塔
史跡看板散歩-87 新町宿小林本陣跡
史跡看板散歩-86 弁天島の芭蕉句碑
史跡看板散歩-85 木部駿河守範虎廟所
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-89 見通し灯籠 (2018-04-22 07:16)
 史跡看板散歩-88 高瀬屋跡 (2018-04-15 07:45)
 史跡看板散歩-番外編 小判供養塔 (2018-04-08 07:30)
 史跡看板散歩-87 新町宿小林本陣跡 (2018-04-01 07:28)
 史跡看板散歩-86 弁天島の芭蕉句碑 (2018-03-25 07:22)
 史跡看板散歩-85 木部駿河守範虎廟所 (2018-03-18 07:37)

この記事へのコメント
始めましてお邪魔します林ちゃんです。
初めてブログ見せて戴きましたが、素晴らしいですね。驚きです。
私81歳、ブログを始めて日が浅く、良い勉強に成ります。

今後も見させて戴き、勉強させて戴きますが宜しくお願いします。
迷道院高崎 様 後閑林司郎81歳
Posted by 林ちゃん林ちゃん  at 2014年03月30日 13:53
>林ちゃん様

ご訪問頂き、ありがとうございました。
また、大先輩にお褒めの言葉を頂き、感激です。

失礼ながら、御歳81歳で素晴らしいブログをお書きになっているのに、驚きました。
私もまだまだ頑張らなければと、発奮いたしました。

これからも、よろしくお付き合いのほど、お願い申し上げます。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2014年03月30日 21:57
小栗上野介の研究者は大勢いるようですが、早川圭村については初めて知ることが多く、興味深く読ませていただきました。

安中市の旧家に伝わる古文書には“岩鼻代官誰々”という記述が多く見られるので、「岩鼻代官所跡」というキーワードを見ただけで、何やら嬉しくなってしまいます^^。
Posted by 風子風子  at 2014年03月31日 16:45
>風子さん

ほー、岩鼻代官が出てくる古文書が多いんですか。
肝心の岩鼻代官所所有の資料は、新政府にみんな持って行かれたとかいう話を聞いてます。

小栗上野介の研究者の多くは、早川圭村の文書を参考にしているように思いますが、意外と、圭村自身のことを書いている本は少ないんですよね。

ちょっとネット上に残しておきたいな、と思いまして。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2014年03月31日 20:52
こちらで林ちゃんさんのブログを知りましたが、林ちゃんさんからコメントをいただきました。
迷道院さんもご隠居さん仲間ができて、よかったですね^^。
林ちゃんさんはご自分の隠居部屋をお持ちで、写真が載っていますが、羨ましいようなお部屋です。
Posted by 風子風子  at 2014年04月01日 09:34
>風子さん

林ちゃんさん、すごいですよね。
隠居部屋ねー、すごく広い部屋で羨ましいです。
我が家は、雑居部屋です(^_^)
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2014年04月01日 20:21
本多夏彦氏、懐かしいですね。
昭和40年代初め、
母の生家に保存してあった資料を
調査してもらうために
我家に来てもらったことが
ありました。
ご高齢でしたが
資料に向かう姿勢は
凄いものがありました。
Posted by いちじん  at 2014年06月23日 05:06
>いちじんさん

ほー、本多夏彦さんをナマでご覧になってるんですね。
さすが、いちじん家!
直感も鋭かった方のようですね。
それを資料で裏付けするという姿勢が凄いと思います。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2014年06月23日 07:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
例幣使街道 寄道散歩(4)
    コメント(8)