2009年01月30日

「観音さま」の縁結び

「観音さま」への参道の坂を上って「たいこ橋」をくぐると、右手に石段がある。
その石段の左に、「白衣大観音」の原型をデザインした森村酉三氏の名前を刻んだ石碑がある。

森村氏は伊勢崎市出身の彫刻家であり、井上保三郎氏の依頼に対し、郷土のためならと快く引き受けてくれたという。
当時、東京池袋にアトリエを構えていた森村氏は、観音菩薩に関する故事来歴などを研究し、環境に相応しいものをと、何回も現場を視察して、百分の一の原型を完成させたそうだ。

高崎生まれの身びいきかも知れないが、高崎「観音さま」のお顔は、他の地の巨大観音に比べて断然美しいと思う。

森村氏はそのお顔について、「天平の如意輪観音から素材をとっているが、明治、大正、昭和の美人の顔がそれぞれ織り込んである」と語っていたそうだ。

特に、参詣者と「観音さま」の目が見つめ合うような角度にすることに、大変苦労したとも聞く。

この原型を、池袋のアトリエから日本橋の井上工業東京支店まで、布団に包み自転車の後ろにくくりつけて運んだのが、後の総理大臣田中角栄氏だったというのは、有名な逸話である。

グンブロ仲間の昭和24歳さんの記事「哲学堂が泣いている」の中でも触れられていたが、田中元首相は新潟の高等小学校を卒業後、裸一貫で上京し、井上工業東京支店に住込みで働いていた。

田中元首相は、親の家産が傾いたために、極貧の幼少時代を過ごしたようである。
井上工業創始者の井上保三郎氏もまた、親が「高崎御伝馬事件」で入牢したことにより、苦境の中で幼少期を送っている。
そのような共通する体験が関係していたかどうか定かではないが、二人を結びつける何かのを感じてしまう。

井上工業勤務時代の田中元首相は、働きながら神田の中央工学校土木科に通っていた。
「高崎白衣観音のしおり」の著者・横田忠一郎氏は、当時のことをこう語っている。
「たまたま(井上工業)高崎本社から東京支店に出張していた横田が、事務所で仕事の打合せをしていた時のことであった。
暗くなって工事現場から帰ると早々に、夕飯を噛み噛み、数冊の本を小脇に抱えて『只今から夜学に行ってまいります。』という一青年に出会った。
いまどきの若い者にしては感心なものだと、独りうなづいていたが、この青年が将来の日本を背負う総理大臣になるとは、夢にも思ってみなかった。」


「観音さま」の後背に回ると、石段の上に「光音堂」という、「聖観世音菩薩」を本尊とする小さなお堂がある。

別名「一願観音」ともいい、願いをひとつだけ叶えてくれるそうである。
とくに縁結びにはご利益が高いということだ。

「観音さま」建立という大きな事業を成し遂げたのも、人と人との結び付き、ご縁のおかげであろう。

ありがたや、ありがたや。


(参考図書:横田忠一郎氏著「高崎白衣大観音のしおり」 発行:あさを社)


同じカテゴリー(観音山)の記事画像
駅から遠足 観音山(72)
駅から遠足 観音山(71)
駅から遠足 観音山(70)
駅から遠足 観音山(69)
高野山へ行ってきました(2)
高野山へ行ってきました(1)
同じカテゴリー(観音山)の記事
 駅から遠足 観音山(72) (2016-05-08 06:55)
 駅から遠足 観音山(71) (2016-05-01 07:11)
 駅から遠足 観音山(70) (2016-04-24 07:23)
 駅から遠足 観音山(69) (2016-04-17 07:17)
 高野山へ行ってきました(2) (2016-04-10 07:05)
 高野山へ行ってきました(1) (2016-04-03 07:10)

Posted by 迷道院高崎 at 07:31
Comments(10)観音山
この記事へのコメント
田中角栄・・・・・

>夕飯を噛み噛み、数冊の本を小脇に抱えて『只今から夜学に行ってまいります。』という一青年に出会った。

この行には久々に背筋が「ゾクッ」ととする得体のしれない感動のようなものを感じました。
今の政治家では時代は作れませんねん・・・・・
国民は不幸です。しかし蒔いた種かな。刈り取り作業に躊躇はならない。
Posted by 昭和24歳昭和24歳  at 2009年01月30日 13:32
>昭和24歳さん

今、「議員力検定」ってのがあるらしいですね。
立候補者全員に受けさせたいものです。

ついでに「国民の声聴力検定」なんてのも、必要かな?
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2009年01月30日 16:14
白衣観音の像はお墓でもたまに見かけます。
やっぱり美しいですよね。
小さい頃から見てきたせいか、他の巨大な観音様を見てもなんか物足らないです。
Posted by 弥乃助弥乃助  at 2009年01月30日 20:09
>弥乃助さん

大船の観音さまが、一番びっくりしました。
下半身が無いんですもんね。

ところで、高崎で「ミス観音コンテスト」なんてのやったらどうなんでしょうね~?

TVも来たりして、結構PRになると思いませんか?
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2009年01月30日 20:23
>ところで、高崎で「ミス観音コンテスト」なんてのやったらどうなんでしょうね~?

グッドアイディアですね!!

ただの美人じゃあない「観音様のような」美人(笑)。
Posted by 昭和24歳昭和24歳  at 2009年01月31日 17:20
>昭和24歳さん

乗って頂いて嬉しいです!

全国から募集しましょう!
観音美人だったら、ミセスでもいいですよね!

もっとついでに、「観音縁結び大会」なんてのも併催すれば、さらに人がやって来ますよ!
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2009年01月31日 17:53
中央工学校で検索たどり着きました。
Posted by 中央倶楽部  at 2010年01月01日 06:18
>中央倶楽部 様

コメントありがとうございました!

そうでしたかー、思いがけない出逢いがあるものですね!
やはり、観音様と田中角栄さんの縁結びだったんですね。
ありがたいことです!
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2010年01月01日 08:24
時間差すみません、こちらこそ、メッセージありがとうございます。
Posted by 中央倶楽部  at 2011年04月24日 16:36
>中央倶楽部 様

時間差でのご訪問、却って嬉しかったです。
ありがとうございました!

よろしかったら、またご訪問ください(^_^)
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2011年04月26日 20:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「観音さま」の縁結び
    コメント(10)