2009年01月24日

高崎にもあった「時の鐘」

「時の鐘」というと、ほとんどの方が埼玉県川越市のそれを思い浮かべるのではないだろうか。

川越は、土蔵造りなどの古い街並みが残されており、街全体が「テーマパーク」のようである。
いつも沢山の観光客で溢れ、活況を呈している。

「町興しは、町残し」の、まさにお手本のような街である。

あー、高崎にもこんなのがあったらなぁ。
と思うが、実は、高崎にも「時の鐘」はあったのである。

右の写真がその証拠である。

場所は、中紺屋町(なかこんやまち)の「玉田寺(ぎょくでんじ)」

「玉田寺」については、グンブロ仲間の弥乃助さんにお任せしよう。

この鐘楼は、もともとは高崎城内西の丸(西郭)にあって、時を報じていたという。

しかし、そこは樹木が多く鐘声がよく聞こえないというので、最初は「玉田寺」の隣の「石上寺」(今は無い)境内に移したのだそうだ。

鐘楼の傍には、小屋もあって、そこには常に5人の鐘つきがいたという。

この鐘楼は度々火災で焼けているそうで、場所を「玉田寺」境内に移して新築されたのは明治14年(1881年)とある。
鐘楼の高さが約11mと、当時としては高い建物なので、火の見やぐらとしても役に立ったようだ。

高崎市民に時を告げていたは、戦時中の「物資供出(きょうしゅつ)」で、人殺しの道具に変身されてしまい、を失った鐘楼も、戦後間もなく取り壊されてしまった。

そして今は、こんな殺風景な景色になってしまっている。→


嗚呼!それにつけても、それにつけても・・・。

(参考図書:「高崎漫歩」)



同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事画像
史跡看板散歩-番外編 富岡の小野小町(2)
史跡看板散歩-番外編 富岡の小野小町(1)
史跡看板散歩-111 小野小町の休み石
史跡看板散歩-110 舟石と住吉神社
史跡看板散歩-109 頌徳三碑
史跡看板散歩-108 辛科神社禊殿
同じカテゴリー(◆高崎探訪)の記事
 史跡看板散歩-番外編 富岡の小野小町(2) (2018-10-14 08:23)
 史跡看板散歩-番外編 富岡の小野小町(1) (2018-10-07 07:16)
 史跡看板散歩-111 小野小町の休み石 (2018-09-30 07:21)
 史跡看板散歩-110 舟石と住吉神社 (2018-09-23 07:17)
 史跡看板散歩-109 頌徳三碑 (2018-09-16 06:58)
 史跡看板散歩-108 辛科神社禊殿 (2018-09-09 07:25)

この記事へのコメント
玉田寺についてお任せしていただきありがとうございます。
去年、川越の町を散策しましたが良いですよね。
高崎もあんな町だったらとつくづく思いましたよ。
なんで高崎ってこんなに中途半端なんだろう。
それにしても川越のうな重うまかった・・・。
Posted by 弥乃助弥乃助  at 2009年01月24日 07:24
>弥乃助さん

「玉田寺」の説明が省けて、助かりましたよ。

川越、私も大好きな町です。
もう、4,5回行きましたかねぇ。
でも、うな重は食べなかったなぁ。残念!
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2009年01月24日 10:04
まあ、徳川為政への逆恨みでしょうか(笑)。
ご案内のように、この高崎は例えて言うならアメリカみたいなところがある。
つまり江戸の頃に興隆した商人といえば近江、越後、信濃あたりが中山道、三国街道伝いにこの地に腰をおろした。
僕の同級生にも繊維問屋の息子がいましたけど、つまり“豪商”です。今は没していますが。その本家ののほとんどがその近江・・・・・等々です。
その意味では高崎の先住民は百姓連中、僕の先祖たちです(笑)。
つまり、高崎の町人、商人は「高崎」に愛着がないんじゃあないでしょうか?
「お江戸見るなら高崎田町」じゃあないけど、みんな町人、商人は「お江戸を見てる」。
つまり、高崎に残ることになった跡取りは貧乏くじ。
江戸方面に出て成功した連中は高崎には目もくれません。そういうもんなんでしょうが(笑)。
まあ、5万石というのも中途半端でいけなかったのかも知れません。天領であったがために税金ばかり高かった。
戦後の市長、小島弘一(小島機械社長)、住谷啓三郎は(住谷糸店社長)、沼賀健次(教育者)で、中曽根、福田のせめぎ合いのなか「街どころ」ではなかったのかも知れません(笑)。
僕が知る限り戦後50年あまりですが、未だ街はズタズタです・・・・・
Posted by 昭和24歳昭和24歳  at 2009年01月24日 18:00
>昭和24歳さん

そうかー、徳川への逆恨みでみんな壊しちゃったのかー?

じゃ今度は、戦後政治への逆恨みで、お城作っちゃいまいしょうか?
いくらかかるのかなー?
2兆円あれば、足りますか?
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2009年01月25日 09:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
高崎にもあった「時の鐘」
    コメント(4)