2012年10月10日

伝者繁栄

鎌倉街道板鼻境まで辿った帰り道、八幡八幡宮遠鳥居で道草を食べました。

源頼朝鎌倉に幕府を開くにあたって、八幡宮の社殿を改修し、並木参道を開き、同時に建てたのが、この遠鳥居だと言われています。

遠鳥居の額に書かれている「八幡宮」の文字は、武蔵坊弁慶の書だと伝わっていますが、さて。

八幡様といえば戦の神様ですが、先の戦争において、東京始め日本の大都市が相次いで空襲を受けるようになった昭和二十年(1945)三月のある日、この遠鳥居が突然倒れてしまったのだそうです。(八幡村史)
不思議といえば、不思議な出来事です。

戦後の混乱で暫くそのままになっていましたが、八幡町出身の湯浅梅太郎氏の奉納により、昭和二十七年(1952)鉄筋コンクリート製の遠鳥居が再建されました。
場所は現在地より50mほど南の国道沿いでしたが、その後、国道拡幅のために撤去され、平成二年(1990)現在地に今の鳥居が新設されました。

遠鳥居の手前に、石玉垣で囲まれた一角があり、御神燈や石碑が建っています。

玉垣の柱には寄進者の名前が刻まれていますが、その中に、高崎の呉服商で貴族院議員だった櫻井伊兵衛氏の名も見えます。
この玉垣は、安政五年(1858)に造られたものだそうですから、三代目の櫻井伊兵衛氏でしょう。


石碑の中に、「石柵上棟 伝者繁栄」というのがあります。

この碑は、石玉垣を奉納した記念に建てられたものだそうですが、「伝者繁栄」とはどういう意味なのでしょう。

石玉垣を寄進した人の繁栄を祈願したもののようにも思えますが、私は、「伝うれ者(ば)繁り栄える」と読みたいのです。

歴史を伝える史跡を大切にして後世に伝え、そこから学ぶことで繁栄することができる。
そういう思いを込めた「伝者繁栄」碑ではないかと思うのです。

その意を受けてでしょうか、昭和五十四年(1979)に建てられた「杉並木を偲ぶ碑」という、石碑もあります。
此処八幡宮参道には鎌倉時代から杉並木が存在したが、昭和四十三年にすっかり枯れ、伐採された。
八幡村に生まれ育った者にとって、あの杉並木が消えたことは幼き日の想出が断ち切られた思いである。
そこで此の碑を建てて、心の縁としたい。」

しかし、それらの記念碑の前には、「伝者繁栄」の思いとは全く異なる光景が広がっていました。






「伝者繁栄」を願った石玉垣は、ゴミ置き場の烏除けネットや看板を取り付ける、構造物でしかなくなっています。

何とも悲しい気持ちになって国道へ戻ると、信号の角の工場入り口に文化十三年(1816)の小さな道祖神が、建っていました。

嬉しかったのは、車やフォークリフトで壊さないようにという配慮なのでしょう、しっかりとした土台と、トラマークの柱で守られていたことです。

少しほっとした気分で前方を見ると、少林山への歩道橋が夕日に映えていました。

歩道橋の左右にある「3」の字型の照明灯は、だるまをイメージしているそうです。
これも、伝えていきたい高崎の名物ですね。

「伝者繁栄」、そういう高崎であって欲しいと思います。


【「伝者繁栄」碑】





同じカテゴリー(中山道)の記事画像
史跡看板散歩-30 一里塚跡(倉賀野)
史跡看板散歩-29 一里塚跡(九蔵町)
2つの金ヶ崎不動尊
藤塚の一里塚
隆起した国道18号
藤塚の洪水碑
同じカテゴリー(中山道)の記事
 史跡看板散歩-30 一里塚跡(倉賀野) (2017-02-05 07:03)
 史跡看板散歩-29 一里塚跡(九蔵町) (2017-01-29 07:19)
 2つの金ヶ崎不動尊 (2012-12-23 11:36)
 藤塚の一里塚 (2012-11-11 09:55)
 隆起した国道18号 (2012-11-04 09:13)
 藤塚の洪水碑 (2012-10-28 10:05)

Posted by 迷道院高崎 at 21:54
Comments(4)中山道
この記事へのコメント
八幡八幡宮の大きな鳥居は遠鳥居というの
ですか、知りませんでした。
あの大きな鳥居が突然倒れるなんて…何か
のお知らせだったのでしょうか。
あの道路は左右に気になるものが色々あり、
散歩する度に調べたいと思っていましたが、
迷道院さんのお陰でスッキリしました。

信号角の入り口に道祖神?歩道橋の左右の3
のような照明灯?…
もう一度出かけて、確かめないと^^。
Posted by 風子  at 2012年10月11日 22:27
>風子さん

倒れた鳥居が現在と同じ大きさだったかどうかは、すみません、調査不足です(^^ゞ
写真が残ってるといいんですがね。
まだ憶えてる人も、ご近所にいるかな?

また、調べてみますね(^_^)
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2012年10月12日 07:39
ゴミ置き場の烏除けネットや看板を取り付ける
現代日本人の合理主義の象徴ですね

京都の犬矢来まで行かなくとも
少し工夫が乏しいですね
Posted by wasada49  at 2012年10月12日 15:38
>wasada49さん

そうですね、ま、合理的といえば合理的です。

私も、合理的なことが嫌いな方ではないんですが、たぶん、ここをゴミ置き場にすることはないと思います。

参道沿いのどなたかが気付いて下さるのを、待ちましょう。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2012年10月12日 19:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
伝者繁栄
    コメント(4)