2012年09月23日

上州中山道全七宿めぐり 参加報告(2)

2日目は、高崎駅西口で受付です。

今日も先にスタンプを押してくれて、コースマップを渡されました。
こんなんでいいのかな?という気持ちがイタズラ心に変わり、紫文師匠に教わったギャグを使ってみました。


   迷道院 「山羊の出発でいいんですね?」
   受 付 「は?山羊の出発・・・?」
   迷道院 「めーめーに出発で。」
   受 付 「あ、はい。そうです!」
真面目な方でした。すみませんm(__)m


コースのルートは確かに中山道なんですが、私としては一本東の旧々中山道を歩いて欲しいところです。
何となく風情が残っているし、一里塚もあった道だし・・・、でもなぁ、その看板も立ってないしなぁ。

今日のコースは19km、昨日以上の耐久レースに恐れをなして、愛車・赤チャリ号に跨って参加した迷道院です。
コースのポイントに、赤坂の木戸藤塚一里塚が入ってないのを残念に思いつつ、高崎宿はサッと抜けて、板鼻宿へと入ります。


早速、板鼻堰双体道祖神がお出迎え。
詳しくは、グンブロガー風子さんのブログで。
 ◇「板鼻の“道の神さま” ♪」
「やはたみち」と書いてあるんだそうですが、読めません。
雰囲気のある建物。
街路灯の看板には「板鼻宿」と書いてあります。
海なしの上州「名物ところてん」
北斎富岳「神奈川沖浪裏」の看板も不思議ですが、そんなのはどうでもよいと思わせるほど、いい雰囲気のお店です。
店のあちこちに貼られていた歴史資料は、今日のためにご主人が1週間かけて作ったそうです。
限定50食「旅人価格150円」のところてんは、たちまち完売。
運よく最後の一杯にありつけました。
給水ポイントの本陣跡・板鼻公民館
あいにく、和宮資料館は見られませんでしたが、スタッフの女性が私の首に巻いた「上州弁手ぬぐい」を見て、「あ、これ知ってます!」と嬉しい反応。
八坂神社境内の双体道祖神を見ながら、おにぎり(手前のピンボケ)を食べました。
その北側には、「板鼻堰」が滔々と流れています。
それに沿った道が「鎌倉街道」だと言われています。
すごく精緻なタッチの素晴らしい絵が、すごく無造作に貼られていたので、すごく気になりました。
「鷹巣神社」と読めるのですが、風子さんの記事にある「鷹巣神社」とは違うようです。
「鷹巣橋」の下に、「水害復舊記念碑」というコンクリート管を発見。
珍しいですよね。
「鷹巣橋」を渡りきる頃、左前方に見えた神社の屋根が気になって、コースアウト。
その鳥居の左側にこんなのが。
明治天皇がこの石に座って休まれたと刻まれてますが、そんなことをさせた人は無事で済んだんでしょうか?
安中宿に入り、ひょいと路地の奥を覗くと、道祖神が。
昔の道はこの路地だったんでしょうか、それとも道の整備で道祖神を移したんでしょうか。
そばまで行くと、民家の裏庭にもっと気になるものが建っていました。
何だか、いわくがありそうです。
近くで聞き込みをしたい衝動に襲われますが、今日は先を急ぐので断念。
あぁ、ここに木戸があったんですね。
高崎にも欲しいなぁ、こういう表示。
ほーら、ここにも。
古いものを大切にするという思いが、伝わってきます。
ぷふっ!
目と心が休まります。
「ぶっちゃいく」という名の居酒屋さん。
私の知らない上州弁かと思いましたが、どうやら「ぶさいく(不細工)」のことらしいです。
とか何とか言ってる間に、磯部に着きました。
もう、ここがゴールかのように、皆さんまったりと浸かってました。
高崎も、銭湯とタイアップしたらよかったんじゃないでしょうか。
「栄泉堂」さんで、磯部煎餅を焼くのをじっと見ていたら、ご主人が焼きたてを1枚恵んでくれました。
一日に、1700枚のお煎餅を焼くんだそうです。暑い時期は大変でしょうね。
ゴールの磯部駅前で、私のために待っていてくれたかのような「恐妻碑」
  「恐妻とは 愛妻のいわれなり」
でも、この気持ちを分かってもらうのは難しい・・・。
ちょうど陸蒸気が出発するところでした。

駅で、「折りたたみ自転車は、乗せられますか?」と聞くと、
「カバーに入れれば、乗せられます。」ということでした。
全国各地で、「サイクルトレイン」というのが走ってるんだけどなぁ。

カバーを持ってない私は、再び愛車・赤チャリ号に跨って高崎を目指します。
サドルの固さと、碓氷川サイクリングロードを吹き抜ける、夕風の心地よさを体感しながら、2時間掛けて戻ってきました。





同じカテゴリー(中山道)の記事画像
史跡看板散歩-30 一里塚跡(倉賀野)
史跡看板散歩-29 一里塚跡(九蔵町)
2つの金ヶ崎不動尊
藤塚の一里塚
隆起した国道18号
藤塚の洪水碑
同じカテゴリー(中山道)の記事
 史跡看板散歩-30 一里塚跡(倉賀野) (2017-02-05 07:03)
 史跡看板散歩-29 一里塚跡(九蔵町) (2017-01-29 07:19)
 2つの金ヶ崎不動尊 (2012-12-23 11:36)
 藤塚の一里塚 (2012-11-11 09:55)
 隆起した国道18号 (2012-11-04 09:13)
 藤塚の洪水碑 (2012-10-28 10:05)

Posted by 迷道院高崎 at 10:09
Comments(8)中山道
この記事へのコメント
迷道院高崎様

よくぞ御無事で御帰宅を果たされご立派

カバーに入れれば、「手ぬぐい一枚掛ければ」乗せられます。
Posted by wasada49  at 2012年09月23日 20:28
>wasada49さん

え?手ぬぐい一枚掛ければですか?
「ハンカチ一枚敷けば合意の上」というのは聞いたことがありますが・・・。
そうですかー、手ぬぐい一枚掛ければねー。
じゃ、ごみ袋に入れれば間違いないですね(^_^)
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2012年09月23日 21:03
迷道院さん、拙ブログにリンクしていただき、
ありがとうございます。

読ませていただくうちに、自分が取材してない場所や
掲載しわすれていることに気付き、やはりヨソモノさんの
目で見ていただくと違うものだなぁと感じました。
近くに住んでいても見落としていることがありますね。
鷹巣神社は迷道院さんがご覧になった場所が参道入口でしたが、
道路ができて分断されてしまったようです。
Posted by 風子風子  at 2012年09月24日 03:00
>風子さん

いつも勝手に無断リンクで、ごめんなさいm(__)m

私の見た「鷹巣神社」は、参道入り口だったんですね。
それをちゃんと残しておくというのが、板鼻ですね。

街道筋をサッと通過しただけでしたが、それでも興味の
あるものが沢山あって、面白かったです。
今度は、もっとゆっくり中山道を歩いてみたくなりました。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2012年09月24日 08:29
こけしのオブジェは八幡の先の市境に立っている「交通安全」と同じように見えますね。


信州方面から望む鷹ノ巣橋の景色が好きでよく見てました。碓氷川とお城の山との構図が何とも美しく見とれていました。
Posted by ふれあい街歩き  at 2012年09月24日 20:21
>ふれあい街歩きさん

ほー、同じようなこけしのオブジェがありましたか(^_^)
何か面白いことをしてやろうという気持ちが町全体に
溢れていれば、きっと魅力ある町になるんでしょうね。

景色、風景というのは、その人の人格形成の一因に
なるような気がします。
美しいと思う風景は人それぞれでしょうが、私は山や
川や田園に囲まれている群馬の風景が、大好きです。

今朝の上毛新聞に、「本県の魅力度、全国最下位」と
あったのが、信じられません。
知らないだけなんですよね、群馬を。
ま、知らしめる努力も足らないんでしょうが<`ヘ´>
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2012年09月24日 22:40
こうして報告を読ませていただくと
隣の市でも知らないことが
あまりにも多いので驚いています。
歩いて辿ることの大切さを
感じました。
山道ばかり歩いていないで
街道歩きもしなくては・・・
Posted by いちじん  at 2012年09月25日 13:41
>いちじんさん

私も、高崎ばかり歩いているので、他の町のことは知らないことばかりです。

山のことも知らないので、いちじんさんのブログを読んでは、いつも感心してますよ。
山へご一緒することは無理なので、今度、一緒に中山道でも歩きましょう。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2012年09月25日 23:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
上州中山道全七宿めぐり 参加報告(2)
    コメント(8)