2012年07月08日

ぐんまちゃん家の上州弁手ぬぐい

スカイツリーに上ってきました。

くじ運の強い迷道院Jr.の嫁が抽選に当たったということで、誘ってくれました。

そりゃ千載一遇のチャンス!
人混みの苦手な私がこれを逃したら、生きてる内には行けないだろうと、甘えることに致しました。

当日は雨でしたが、滅多に見られない流れる雲の間から覗く東京は、感動的でした。

4階の入り口フロアには、江戸の伝統工芸の技を使って、スカイツリーの要素を表現したクラフトが展示されています。









展望デッキの柱にも、浮世絵や金屏風の桜絵が描かれていて、新しい中に古き良き江戸の風情が感じられます。

展望デッキには、文化六年(1809)に鍬形蕙斎(くわがた・けいさい)が描いた、「江戸一目図屏風」がパネル展示されていて、スカイツリーからの風景と比較することができます。

高崎市庁舎21階にも、高崎城下町絵図を展示すればいいのにな、と思いました。

「ソラマチ」には、目が回りそうなほど沢山のお店と人がひしめいていましたが、私はどうしてもこんなものばかりが目に留まります。

「う~ん、上州弁Tシャツの参考になるなぁ。」なんて思いながら写真でメモしてきました。

帰りがけに、一度行きたいと思っていた「ぐんまちゃん家」へ寄ってきました。

場所が悪いという話を聞いていましたが、東京メトロ「東銀座駅」出入口の角ですし、道路を挟んだ真ん前には、来年建て替えオープンとなる「歌舞伎座」があって、いい場所だと思うんですが。

お客様だって、けっこう入ってるんです。

ただ観察していると、どうやら「野菜の直売所」としてご利用になるお客様が多いようで、店内の一番奥まったところにある「観光コーナー」の手前で、Uターンして出て行ってしまいます。

その、一番奥まったところに、わが「上州弁手ぬぐい」は飾って頂いておりました。

素人が口を出すのもなんなんですが、「上州弁手ぬぐい」「ぐんまちゃん家」の入り口に、文字通り、暖簾として飾って頂いたらどうなんでしょう。

そして、「観光コーナー」は入り口付近に持ってきて、野菜やお菓子は奥に配置すれば、店内をぐるっと回って頂けるのではないでしょうか。

口出しついでに言わせて頂くと、道路に面したオープンコーナーで、ソフトクリームとジュースを販売しているんですが、ここでは群馬が誇る「焼きまんじゅう」が欲しいですよね。
「うなぎ屋」と同じで、あの香ばしい匂いで客を引き寄せるんです。
そしてBGMは、絶対「八木節」でしょう。

あ、「素人が、じゅーく言うんじゃねえよ。」と叱られちゃいますかね。
こりゃまた失礼いたしましたっ。





同じカテゴリー(◆上州弁手ぬぐい)の記事画像
なっからおもしろい上州弁
じわじわと 上州弁手ぬぐい
高崎てぬぐい繁盛記!
見てみてみっ!「ぐんまがいちばん!」
待ってました!群馬弁かるた!
不思議なみやげ屋「山愛 Nefelや」
同じカテゴリー(◆上州弁手ぬぐい)の記事
 なっからおもしろい上州弁 (2017-02-09 12:32)
 じわじわと 上州弁手ぬぐい (2015-08-30 07:05)
 高崎てぬぐい繁盛記! (2014-02-22 09:14)
 見てみてみっ!「ぐんまがいちばん!」 (2013-03-20 08:50)
 待ってました!群馬弁かるた! (2012-12-26 19:01)
 不思議なみやげ屋「山愛 Nefelや」 (2012-08-04 19:49)

この記事へのコメント
スカイツリーに行かれたのですか!!ぐんまちゃん家も!!
近くまで行きたいと思っても、なかなか行けないものです。よかったですね!
ぐんまちゃん家の店内レイアウトが、なっから気になるのはわかります。
迷道院さんのご意見がお店の方に伝わるといいですね。
Posted by 風子風子  at 2012年07月08日 13:45
>風子さん

えへーっ、行ってきちゃいました(^_^)

群馬出身の有名人が、日替わりでも週替わりでもいいから、ぐんまちゃん家に来てくれたら、人がたくさん集まると思うんですけどね。
そこで、自分の故郷の自慢話をちょこっとしてもらえば、いい観光PRになると思うんですが。

使えるものは何でも使って、「PRべたの群馬」から脱却して欲しいです。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2012年07月08日 19:25
迷道院高崎さま

こんばんは、
ご活躍を遠くから 拝見しております。

>高崎市庁舎21階にも、高崎城下町絵図を展 示すればいいのにな、と思いました。

ブログ文中の細かいところに
共感し、久々にコメントさせて頂きました。

高崎シティは大きな 都市で住みやすく
利便性も良いと思われますが、
歴史なんかを勉強しようと思っても
母体が大きすぎて、そういう機会を
わざわざ、自分で作らないと
学ぶことが出来ません。

ですが、フッと…とか、あッそう言えば…とか
何気ないところに、そうのような仕掛けが
あると、地域の歴史に興味を持ってくれる
市民や観光客も、増えるのではないかと勝って
思っています。

そうすれば、地域の文化遺産、歴史建造物、
そして、地域の人生の先輩達に昔のお話しを
聴かせて下さいだとか…諸々…
私の想像は、遥か彼方を見ているのであります。

ありがとうございます、
久々に書込みが、出来て嬉しかったです!
Posted by はるなのフルーツはるなのフルーツ  at 2012年07月11日 23:05
>はるなのフルーツさん

こちらこそ、「フルーツ忍者ハルナ」の活躍を指を咥えながら見ております(^_^)

仰るように、「何気ないところに、仕掛けが」というのがいいですね。
今でも、その仕掛けは先人が残しておいてくれてるのですが、それを探す手がかりが見つけにくくなっているように思います。

その気になれば、仕掛けのサンプルはいたるところにありそうです。

いつもながら含みのあるコメント、ありがとうございました!
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2012年07月12日 06:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ぐんまちゃん家の上州弁手ぬぐい
    コメント(4)