2012年07月01日

上州弁手ぬぐい物語(6)

「上州弁手ぬぐい」をご購入頂いた方の中に、共愛学園前橋国際大学教授の佐藤髙司先生がいます。
実は、問合せメールを頂いた時に、以前見た上毛新聞の記事がピン!と頭に浮かびました。
これです。 ↓

佐藤先生は、長い間、方言を研究されていて、平成二十一年(2009)には「地図とグラフで見るぐんまの方言」という本を出版されています。

新聞に掲載された「群馬弁かるた」の作成は、小学校高学年国語科の授業を想定した「ぐんま方言授業のヒント」のひとつです。
他にも、「方言紙芝居を作ろう」とか、「方言辞典を作ろう」とか、「方言昔話を作ろう」などがあるのですが、私が一番興味を持ったのは「ぐんま方言グッズを考えよう」でした。

その学習指導要領の中に、全国の「方言を活用した郷土みやげ」662個を、都道府県別に表したグラフが掲載されています。
トップは京都・大阪の64個、次いで青森48個、沖縄47個、北海道・岩手42個、それに続く新潟・山形・鹿児島が30個台というところです。
(数値はグラフの読み取り誤差があるかもしれません。)

調査された50都道府県の中で、0個となっているのは7つの県だけです。
そしてわが群馬県は、堂々その中に入っています。
東京でさえ2個あるようなんですけどねぇ。
あ、「上州弁手ぬぐい」ができたので、群馬県は1個になりました!

「上州弁手ぬぐいの次は、何ですか?」と、よく聞かれます。
勘弁してください、もう生命保険には入っていません。
皆さんで、考えて作って頂けませんか。

べたなところで「上州弁Tシャツ」「まぁ、なんだいね」とか・・・。
「上州弁湯呑み」なんてのもべた過ぎですけど、ありそうでないでしょ?
あると面白いかなと思うのは、車のリアウィンドウに付ける「上州弁ステッカー」
「かかぁが乗ってるんさねー」とか、「わりーね、先行ってくんない」なんての・・・。

そんなしゃじけた方言グッズが並んでる観光地って、楽しいと思うんですけどねー。





同じカテゴリー(◆上州弁手ぬぐい)の記事画像
上州弁手ぬぐい 新規取扱店のご案内
なっからおもしろい上州弁
じわじわと 上州弁手ぬぐい
高崎てぬぐい繁盛記!
見てみてみっ!「ぐんまがいちばん!」
待ってました!群馬弁かるた!
同じカテゴリー(◆上州弁手ぬぐい)の記事
 上州弁手ぬぐい 新規取扱店のご案内 (2018-07-25 07:22)
 なっからおもしろい上州弁 (2017-02-09 12:32)
 じわじわと 上州弁手ぬぐい (2015-08-30 07:05)
 高崎てぬぐい繁盛記! (2014-02-22 09:14)
 見てみてみっ!「ぐんまがいちばん!」 (2013-03-20 08:50)
 待ってました!群馬弁かるた! (2012-12-26 19:01)

この記事へのコメント
たしか、「だんべえまんじゅう」というのがあったと思い検索したところ、ちゃんと高崎市物産振興協会のHPに載っていました。

群馬(高崎)は、お上も民間も、PRするのが下手なのでしょうか?
Posted by キレイズキ  at 2012年07月07日 14:48
>キレイズキさん

ありますよね「だんべえまんじゅう」。
高崎駅西口には「だんべ」という居酒屋もあります。
いつか、手ぬぐいの売り込みに行こうかと狙っております(^_^)

PRは、たしかに下手だと思いますね。
今日の新聞には、「群馬女将の会が、ぐんまちゃんとともに霞が関の観光庁を訪問した。」という記事が載っていましたが、何で「上州弁手ぬぐい」をお土産に持っていかなかったのか<`~´>と。

あ、こりゃ、PRが過ぎました(^^ゞ
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2012年07月07日 20:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
上州弁手ぬぐい物語(6)
    コメント(2)