2012年03月14日

ウィッチママさんの「音祭り」


緑町にある喫茶店「カフェ・ラ・ウィッチ」さんが主催する「音祭り」
毎年開催して、すでに第4回だそうです。

「カフェ・ラ・ウィッチ」という店名、「フランス語と英語をくっつけちゃって・・・」と笑いながら仰るママさんですが、直訳すれば「魔女の喫茶店」でしょうか。

ドイツに「魔女街道」というのがあるそうで、その写真集を見たママさんが、アンティークな町並みやレンガ造りの建物に惹かれて、そんな雰囲気の喫茶店にしたいと思ったそうです。

「カフェ・ラ・ウィッチ」では、たびたびライブが開かれます。

プロ、アマ問わず、いろんなジャンルのミュージシャンがここに集まって来るのは、ママさん自身ピアノの先生をしていて、その知人の方がここで開いたJAZZライブが、きっかけだったそうです。
その時のメンバーに、群馬県出身のボサノバカサノバ(Sho1さんと、吉澤秀人さん)がいて、その後、「カフェ・ラ・ウィッチ」でのマンスリーライブを行うようになったとか。
そして、HPを見たミュージシャンや音楽好きの人たちが集まるようになってきたといいます。

「人と人とのご縁が、どんどん繋がっていって・・・。」と仰っていますが、おおらかでいて積極的なウィッチママさんのお人柄によるものだと思います。

素敵なママさんなので、写真を撮らせてもらおうと思ったら、一瞬で魔女人形と、ワンちゃんに姿を変えてしまいました。

でも、しなやかで美しい指先だけが写ってしまったことに、ママさんは気がつきませんでしたとさ・・・。

素敵なウィッチママさんを一目見たいという方は、「音祭り」においで下さい。

   ◇日  時:4月8日(日) 開場13:00 開演13:30
   ◇場  所:少林山達磨寺 大講堂
          高崎市鼻高町296
   ◇チケット:前売2,500円 当日3,000円
          予約・問合せは「カフェ・ラ・ウィッチ」まで
                    090-1503-6333



【カフェ・ラ・ウィッチ】

【少林山達磨寺 大講堂】





同じカテゴリー(柳家紫文)の記事画像
祝!「上州どどいつ部」結成三周年
号外! 新春どどいつライブ
号外!古墳で紫文&東京ガールズ!
号外!人生に役立つ「都々逸読本」発売!
号外!赤い糸都々逸ライブ!
号外!新春どどいつライブのご案内!
同じカテゴリー(柳家紫文)の記事
 祝!「上州どどいつ部」結成三周年 (2017-04-07 15:16)
 号外! 新春どどいつライブ (2016-01-05 17:25)
 号外!古墳で紫文&東京ガールズ! (2015-10-07 08:57)
 号外!人生に役立つ「都々逸読本」発売! (2015-06-23 06:54)
 号外!赤い糸都々逸ライブ! (2015-03-04 09:33)
 号外!新春どどいつライブのご案内! (2014-12-25 07:10)

Posted by 迷道院高崎 at 08:41
Comments(0)柳家紫文
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ウィッチママさんの「音祭り」
    コメント(0)