2011年12月28日

閑話休題 ナタマメ収穫

今年、「緑のカーテン」にしたナタマメの実です。

莢が茶色くなったら収穫時期だとネットに書いてあったのですが、なかなか茶色くならない内に年末が来てしまいました。
越年する訳にもいかず、意を決してカーテンを外すことにしました。

全部で10数本の莢が収穫できましたが、代表選手を並べてみました。
上から、
①種を宿したばかりの若い莢 
②ちょっとユーモラスな体型の莢 
③カラカラになって収穫時期の莢

収穫時期になった莢は、力を入れて硬い莢を押すと、パーン!とはじけるように莢が割れます。
まだ早い莢は、帝王切開のように切り込みを入れなければなりません。
莢の中の豆は、真綿のように柔らかなおくるみで、大事に大事にくるまれています。

そのおくるみを脱がしてみて、びっくりしました。
まだ弾力性のある豆から、芽のようなものが出ています。

一瞬、莢の中で萌芽が始まっていたのかと思ったのですが、それは違いました。
その芽のようなものは、まだ緑色をした若い莢とつながっていたのです。
そう、まるで赤ちゃんが臍の緒でお母さんとつながっているように。

「へーそーなんだー!」(わかってください)

熟すにつれ、臍の緒はとれて茶色いスジになります。
スジは、お豆さんのお臍だったんですね。

まだ、カラカラになりきってない莢からとれた豆は、臍の緒こそ付いてませんが、指で押すとまだ柔らかくて弾力があります。

豆は、莢がカラカラになっているほど小さく硬くなっています。
何だか、丸々と太っていた赤ちゃんが、歩き始めると体つきが締まってくるのに似ているな、と思いました。

ひと夏の暑い日差しを遮ってくれた上に、これだけ感慨に耽らせてくれたお豆さんを、さらに「なた豆コーヒー」にして味わおうと考えています。

◇nata_mameさんのブログ「手作り・なた豆コーヒー、なた豆茶」





同じカテゴリー(◆私事雑感)の記事画像
捨蚕さん、よい旅を!
高階勇輔先生を悼む
生まれて初めて?
生さだ さぶかった~!
閑話休題 ナタマメカーテン
夏カゼは・・・
同じカテゴリー(◆私事雑感)の記事
 捨蚕さん、よい旅を! (2018-10-17 07:51)
 隠居の三面斜め読み この一年 (2016-12-29 15:08)
 高階勇輔先生を悼む (2016-06-21 17:46)
 生まれて初めて? (2014-02-15 20:24)
 生さだ さぶかった~! (2013-02-24 08:40)
 閑話休題 ナタマメカーテン (2011-10-14 19:41)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
閑話休題 ナタマメ収穫
    コメント(0)