2011年04月13日

ご覧あれ、耳より情報!

耳より情報で見ろというのも、変ですけど。
上州弁では、「見える」「めーる」って言いますよね。
メールで来たんですよ・・・その耳より情報。
ま、一生懸命考えたんですけどね、このおやじギャグ・・・。

ここのところ何かとお世話になっている Kさんから、メールで教えて頂いたのがこの本です。

「週刊江戸 第62号」(デアゴスティーニ)

表紙の絵は、歌川広重「名所江戸百景」隅田川春の夜景色、そこには、水商売らしき一人の女・・・。

どこかで聞いたような・・・と思ったら、柳家紫文師匠の十八番・「鬼平半可通」の決まり文句でした。

特集記事は「“鬼平”の無宿人更生計画」

◇長谷川平蔵が案出した合理的福祉政策
◇社会復帰を目指した「人足寄場」での生活
◇特殊な役職「火付盗賊改方」とは?
◇犯罪と闘い続けた鬼の火盗改め長谷川平蔵

なかなか面白く読める特集で、これを読んでから紫文師匠の「鬼平半可通」を聴くのも、また一興ではないでしょうか。

そんなことを思っていたら、ギターの金澤屋さんから紫文師匠のライブ情報が入ってきました。

金澤屋さんでは昨年の4月にも、お客様や生徒さんによる「10周年記念ライブ」を開催し、紫文師匠も飛び入りでみなさんを楽しませてくださいました。

今回は、2夜連続のライブですが、1日25人限定となっておりますので、ご希望の方は早めにお申し込みください。
詳しくは、ブログ「おたふくギター店」をご覧あれ!

さて、話を「週刊江戸」に戻しましょう。

この本には、「日本全国 藩事情」というシリーズ記事があり、今回ご紹介した第62号は「高崎藩」となっています。

この記事の提供者は高崎市観光課の方ですが、4ページの中にぎっしりと高崎の情報が詰まっていて、なかなか見事な紹介をされています。
高崎扇の紋など、今まであまり全国に紹介されることのなかった事柄も多く、高崎の歴史について興味を持っていただけるような内容になっています。
これを読んで、高崎を訪れる人も多くなるのではないでしょうか。


「週刊江戸 第62号」 580円です!
どうぞ、ご覧あれ!
書店にない場合は、こちらからどうぞ。送料無料です!





同じカテゴリー(◆高崎雑感)の記事画像
号外!連雀町の百年写真展開催中!
号外!お茶の水村園で秤の展示会開催!
号外! 長野堰用水から見た高崎展
号外! 歴民企画展「製麵機」
不幸だった道標 「國道九號線」
号外!歴民企画展「長野堰用水」
同じカテゴリー(◆高崎雑感)の記事
 号外!連雀町の百年写真展開催中! (2018-11-20 15:26)
 号外!お茶の水村園で秤の展示会開催! (2018-10-30 07:32)
 号外! 長野堰用水から見た高崎展 (2018-07-23 15:24)
 号外! 歴民企画展「製麵機」 (2017-11-15 08:50)
 不幸だった道標 「國道九號線」 (2017-10-22 07:31)
 号外!歴民企画展「長野堰用水」 (2017-05-10 17:42)

この記事へのコメント
迷道院さま

早速に フライヤーUP ありがとうございます!!!
ご協力に心より感謝申し上げます<(_"_)>
そして更なる告知を お許しくださいませ。

さてさて~ご覧の皆様!
なんと!まだ!お席に余裕がございます!
どしどし!ご予約~お待ちしております!!!
Posted by おたふくギター店  at 2011年04月14日 00:11
>おたふくギター店さま

予約が殺到して、お断りするのが大変になるんじゃないかと心配してます。
私の知人も、もう数名行きたいと言ってますので。

本文で、昼の部のことを書くのを忘れてしまいました。すみませんm(__)m

みなさん、紫文師匠のライブの前に「金澤屋春ライブ 昼の部」と、「東北地方復興チャリティバザー」がありますよー!
詳しくは↓
http://otafuku.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/04/post_2ae3.html

どうぞ、お出かけください!
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2011年04月14日 21:08
「おたふくギター店」って、愉快なネーミングで好きです^^。
以前からちょっと気になっているのですが、もうひとつの金澤屋さんとは関係があるのでしょうか。
「週刊江戸」の高崎藩の記事、ぜひ読んで高崎の歴史をもっと知りたいです。
さっそく書店に行ってみます。
耳より情報、ありがとうございます!
Posted by 風子  at 2011年04月15日 08:52
>風子さん

店名は布団の金澤屋さんと同じなんですが、ご関係はないみたいです。
オーナーのご苗字から屋号にしたようですよ(^_^)

「週刊江戸」、Kさんに教えて頂かなければ捕り逃がしていたところです。
ありがたいですね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2011年04月15日 21:33
本面白かったです!
長谷川平蔵すごい人なんですね。現代の世でも
活かせそうな話。役人さんにおススメかも。
紫文師匠のライブがますます楽しめそうです♪
Posted by 蓮明  at 2011年04月16日 22:52
>蓮明さん

江戸時代ってのは、荒っぽいところもあるけれど、結構きめ細やかな行政もしてるんですね。

学ぶべきところは少なくないと思います。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2011年04月17日 19:41
嘉多町の飲み屋さんに行ったら、紫文さんがよく来るという話を聞きました。
中庭の御所桜が、ライトアツプされて、きれいでしたよ。
ところで、21日に並榎の西公民館で13時から座談会があります。是非。まあ、選挙ですが・・・。
Posted by 捨蚕捨蚕  at 2011年04月18日 11:40
>捨蚕さん

嘉多町で中庭に御所桜がある飲み屋さんですか?
下戸の私には、見当が付きませんが・・・。

21日の13時ですか。
予定が入らなければ、政策を聴きに行きたいと思います。
ブログは、いつも覗いてるんですけどね(^_^)
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2011年04月18日 20:00
迷道院高崎さま

昼のことまで告知頂き~有難うございます。
<(_"_)>

さて 残すところ10日ほどとなり
一気に予約が殺到する~かもしれませんので(=^ェ^;=)
再度 告知に来させて頂きました。

GuitarShopで寄席と洒落込んでみませんか?
素敵な三味線の音色~聴きに来ませんか?
こんな時だからこそ!笑って~みませんか?

1日限定25人です!
ご予約お待ちしております!
中古ギター専門店 金澤屋
Tel 027-322-4969
kanazawaya@cocoa.ocn.ne.jp

迷道院高崎さま
貴重な場をお借り出来ましたこと
心より感謝致します<(_"_)>
Posted by おたふくギター店  at 2011年04月20日 16:04
>おたふくギター店さま

もうすぐですね!

こんな場でよろしかったら、いつでもお使いください!
紫文さんを間近で味わえる、素敵なライブになりそうですね。
楽しみにしております!
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎  at 2011年04月20日 21:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ご覧あれ、耳より情報!
    コメント(10)